高台の教会

どこか不思議な感じのするレンダーシアを旅する
Kさん(ウェディ)とSさん(プクリポ)、そして私(エルフ)の三人。
到着したメルサンディ村でミシュアという娘と知り合うが、
村で起こった事件を解決したとき、彼女はいなくなってしまっていた。
彼女がどこに行ったのか、謎を残しつつも次なる町へと向かう。


新たな蝶を求めて、次にやってきたのはセレドという町。
この町はとても地形が活かされていて、個人的に好きな造り。
ちょっとごちゃっとしたわかりにくい路地の雰囲気も好き。
私の発言にKさん、Sさんも同意してくれました。

ただ、どことなく感じる少し重たい空気。

実はセレドの町は子どもしか住んでいない町でした。
町をまとめているのもリゼロッタという気の強そうな少女です。
リゼロッタは半人半羊の使い魔「ムッチーノ」を召喚して、
町で起こるあれこれを解決しているようです。

リゼロッタ

リゼロッタからこの町に来た目的を問われたので、
蝶を探していることを伝えると、何か心当たりがあるような
素振りを見せるのですが……。

変異しない日が続く

FFシリーズにはドラクエでいう「スライム」のような、
ある程度シリーズを通じて登場するような定番モンスターがいます。

ゴブリンなんかはFF独自というよりはファンタジーの定番モンスターですが、
FF1から登場しています。
FF11でも欠かせないモンスターでデザインもとってもいいですよね。
もっとも有名と思われるチョコボはFF2から登場。
サボテンダーはFF6が初出のようですが、
FFの代表的なモンスターと言っても過言ではないでしょう。

で、私がFF11をプレイして初めてサボテンダーに会ったときに思いました。
なぜあの定番のデザインを踏襲しなかったのかと……。
あのハニワを思わせるようなデザインがグッドなのに、と。

リアルになってしまったサボテンダーは
私の思っていたサボテンダーじゃなくなっていました。

ピラミッド

少し前に初めて魔塔に行ってきたことを書いたのですが、
その際に、
ぷくぷくさんのコメント抜粋
実装順からいくと、魔塔の前にピラミッドの秘宝ができるようになっています。
ここでもアクセサリが手に入りますので、もし開放されていないのなら開放するのをオススメします。
というコメントをいただいてから、
とても気になっていたピラミッドに行ってきました。
ピラミッドでは胸アクセが手に入るみたい。

ただ、全く情報を仕入れずに来てしまったので、
どういう敵が出るのかもよく分かっていないいつもの三人組。
とりあえずそこにいたヤヨイというNPCに話を聞いて第一霊廟へいってみることに。
ここがどうやらピラミッドの中では一番弱い敵が出るみたいです。

なかなか派手な演出の仕掛けを進んでいった先に、
大きなファラオの棺がありました。