「アサイラム」覚えましたが、なんだこのポーズw

50以上の新スキル(っていうにはもう実装からずいぶん経ってますが)を
ようやく覚えることが出来ました。
「アサイラム」という白魔道士では初の設置型スキルとなります。

黒衣森が「不浄なるもの」の脅威にさらされているという事態に、
自ら動かない今の角尊(ラ・ヤオ・センナ、ア・ルン・センナ)に対して
良い感情を抱いていないエシヴァが、
自ら動く白魔道士である冒険者とともに「浄化の旅」に出ることになったのが前回までのお話。
冒険者に対しては一定の敬意は払ってくれていますが、
角尊に対しては冷たい見方をしています。

そんな彼女が尊敬してやまないのが、
黒衣森の浄化の旅に自ら出向いた亡き角尊ア・トワ様。
その従者をしていたエシヴァの祖父が遺した旅の記録を読みながら
待っていますといわれていたのですが……。

えっと、前回が2015年7月末にクエストをクリアしていたので、
どれだけ放置していたんだという感じですね。
こんなに待たせてしまってあわせる顔がないです。
きっとおじいさんの旅の記録も全部読んじゃいましたよね。

お話の流れとしては、
「さぁ!これから浄化の旅へ向かいましょう」という
まさに導入クエストです。

以下、クエスト攻略に関するネタバレが含まれます。
少し改行をいれておきます。






.

長老の木のもとへ

レベルキャップの開放に伴い、追加されているジョブクエスト。
とりあえず、メインジョブの白のクエストくらいは進めておかないと、と思い立ち、
南部森林のラヤ・オ・センナに久しぶりに会いに行って来ました。

このクエストで何かアクションを覚えるということはなく、
あくまでも今後のための導入クエスト。
他のジョブも早めにクリアにいったほうがいいかなぁ。
でも、まだ白もレベル50のままだし……と思いながら進めました。

前回「鎮撫の儀」で「長老の木」を癒し、大精霊たちを鎮めて大団円となったはずなのですが、
なにやらまた「長老の木」の様子がおかしい様子。
ラヤ・オ・センナとア・ルン・センナと共に長老の木の様子を見に行くと、
「不浄なるものが森を蝕んでいる」らしいです。

長老の木を鎮めた際に幻として登場し、手を貸してくれたかつての角尊「ア・トワ・カント」。
生前、角尊としては珍しく、自ら外へと赴き、癒しの旅を続けていました。
そんな彼の時代にも同様に現れた「不浄なるもの」の存在。
癒しの旅は「不浄なるもの」から森を守る旅でもあったようで、従者を伴い旅をしていたのだそう。
今回の事件の解決の糸口になるかもしれないと、そのときの従者を探してくるように言われます。

パッチ2.5になって、FATEに参加した際のアレキサンドライトのドロップが
緩和されたというニュースがありました。
(※ アニムス/ノウス/ネクサス装備時)

まぁ、そうは言っても、そもそも「本当に出るの?」とさえ言われていたアレキが
そう簡単にドロップする訳なんかないと私は思っていました。
ですが、少し前にも書いたララさんのアートマ取りにアニムスを持って
お付き合いしていると、ぽろぽろ落ちるアレキサンドライト。

確かにアレキはよく落ちるようになったみたいです。

よく見るとFATEの募集でも「アレキ集めなどにもどうぞ!」とコメントしている方もいて、
たまたま運が良かったというだけでなく、明らかにドロップしやすくなっているみたいです。

その勢いで……

長かったー、やっと終わりました。

ふっふっふーん♪ ふっふふーん♪
風天二巻終了……。それはつまり黄道十二文書クエスト終了のお知らせ!!!

長かったぁー!

アニムス完成ー!
↑ シャキーン!

今更感たっぷりなのですが初のアニムスがようやく完成しました。
四月の終わりにアートマを集め終わり、
黄道十二文書のクエストに着手したのが五月はじめくらいだったと思います。
そこから神話が集まったら本を交換する……というくらいのペースで、
ぼちぼちと進めていきました。本当に長かったなぁ。

でも課題が明示されていたので、気分的にはアートマ集めよりは楽でした。
特に積極的にというか自発的に(ルーレットも含めて)ダンジョン通いをする方ではないので、
その私が多少なりともダンジョンに行く機会が増えたというのも、
本来の目的とは異なりますがいい動機付けになりました。

十二文書の後半は、遅れてアニムスに向けて始動したフレンドさんと
進める事が出来たので、相当スピードアップしました。
この早さで終われたのはフレンドさんのおかげでもあります。

で、早速次のノウスへのクエストを受けて、指示に従いレヴナンツトールへ。

ここまできましたが……

黄道十二文書:炎天一巻をこなしていて、残すは一つの課題だけとなりました。
FATE「騎兵の天敵『セプス』」待ちなんですが、これがなかなか発生しません。
ようやく発生しているのを見て猛ダッシュで向かっても、到着前には終わってしまうという状態。

なので、現地待ち大推奨なFATEなんですが……
発生する場所がクルザスということもあって、寒風吹きすさぶ中で立ち尽くすプレイヤーたちは
見ているだけで寒そうでした。

パーティに誘って頂いたので雑談をしながら待っていたのですが、
「昨日も待ってたんですが、四時間潰しちゃいました><」とか、
「三時間待ってFATEに参加したら銀判定で……」といった、
なんとも残念なお話を聞くことができました。

で、実際に待ってみたところ、本当になかなか来ないです。