King Vinegarroon

西アルテパ、砂塵か砂嵐のときに21h以上の間隔でPOPする
「サソリ王」ことKing Vinegarroon(キングビネガールーン)に遭遇しました。

ビネガーという響きからお酢!?と思ってしまいそうですが、
「サソリモドキ」という節足動物の総称だそうです。
へー。勉強になるなぁ。
Wikipediaによると、どうも「ビネガロン」という呼称の方が一般的なようですね。

ちなみにお酢とも全く関係がない訳ではなく、
尾の付け根から、酢酸・カプリル酸の混合物を噴射するところから
由来があるようです。

さて、このNMが何を落とすのかというと、
あの有名な「エースヘルム」です。
エースヘルム
防28 STR+4 命中+7 回避-7 ヘイスト+4% Lv74~ 暗侍竜 ExRare
何かとネタ扱いされた装備でもありますね。

ようやくお目覚め

過去のクエスト「枯れずの太陽」をクリアしてきました。

実はずいぶん前にあと少しでクリアという状態にまではなっていたのですが、
クリアしきれていなかったというが本当のところ。

このクエストはヴァナ0時またぎが二回あるんですよね。
当時着手したタイミングがあまり良くなくて、
もろにヴァナでまるまる二日間をきちんと過ごす必要があって
それで時間がなくてあとまわしにして……って感じで
そのままになっちゃっていたんですね。

そのせいで、少し話しかければすぐに目覚めさせてあげられたのに、
そのまま寝かせたままになってしまっていてごめんなさい。

ユグナス調査指令6

ユグナス調査指令5の続き。
ユグナス調査指令6をクリアしてきました。

お久しぶりのナシュが登場。
エクソシストとして活動を始めているようですが、
まだまだ完全な独り立ちからはほど遠い模様。

彼については「森の帳に潜む罠」から始まる
エクソシスト関連のクエストを見直してみると
ブラックソーン団の魔女たちとの関わりも合わせて理解しやすいと思います。
(ユグナス調査指令を受けている段階でこの一連のクエはクリアしているはず)

で、行き先はまたまたヨルシア。
だーかーらーヨルシアは苦手なんだって……と思いながらイベントの場所へ。
ナシュと魔女たちの使い魔が話していたところにやってきたのは、
彼女たちに怨みを持つヴェルクのムリグニ。
リフキン型ユグナスの加勢もあって、一度は退けたかに見えたのですが、
ムリグニの最後の力で強制的に転移させられてヴェルクの一団に囲まれてしまいました。

さてと、やりますか

久々にアドゥリン方面へ。

やることといったらたったひとつ。
アドゥリンMの後日談クエストです。

前回は……2016年8月終わりにこのクエをクリアしてるんですね。
結構経ってるなぁ。
ところで、デレゲート装備をそろそろ預けられるようになりませんかねぇ。
なんとかカフスだけでも。←そろそろ諦めて!

クエストはエミネンス・レコードに登録されるタイプなのですが、
ユグナス調査指令4までをクリアした状態(+ヴァナ0時越え)で
お城に向かいます。
門番に話しかけてイベントを見たところで「ユグナス調査指令5」が発生。
エミネンス・レコードの「その他」-「エミネンス・レコードクエスト2」
に追加されているので設定を忘れずに。

ここまでずっとユグナスのやっていることを探ってきていた訳ですが、
ユグナスのあまりの放蕩っぷりに、
アシェラはもちろんのことメイドたちも困っているようで、
何をしているのか「詳しく」探って欲しいという依頼を受けます。

相変わらずの盛況っぷりです

相変わらず盛況なドメインベージョンキャンペーン。
私は他人のフェイスなどはすべて消していますので、
結構な人が参加しているのが分かります。

前に白で参加したときに、次はシーフでも行ってみたいなぁと思って、
思い切って参加をしてきました。

シーフで行った最初の感想は……。

「え、こんなに楽にポイント稼げるの!?」でした。

いや、確かに私が白で参加しているときの稼ぎ方がへたっぴだというのは
あるのかもしれないんですが、
それにしても、予想していたとはいえかなり楽でびっくりしてしまいました。
一回はファーストタッチまで取れてしまいました。800ポイント大きいですね。
ちゃんとポイントの稼ぎを意識して出来る人はもっとすごいんだろうなぁ。

おかげで以前は魂石を預けるのをためらうレベルで不足していたシルトも
かなり補充することができました。もちろんビーズの方もかなり増えました。