ゾミトマウント イカちゃん

ログインポイントキャンペーンで、
早速イカ……ゾミトのマウントをゲットしてまいりました。

やっぱりイカちゃんなので水辺がいいですよね。
海の上とかちょっとだけ入り込んで動けたらよかったのにー
なんて思いながらSSを撮る私。

「あれ?これってもしかしたらあんなときに有効なんじゃないかなー」
と思ったのはこうして乗り回していた時のことでした。

どんなときかというと……早速、再現が出来そうなところに行ってみましょう。

いかちゃん登場

第34回もぎたてヴァナ・ディール

個人的にログインポイントの目玉である「イカちゃん」が気になりました。
紹介された瞬間思わず笑っちゃいました。

ニコ生で見ているとコメントでも流れていましたが、
ドラクエ10の方でもイカマウントが実装されるんですよね。
しかも調理済みw

FF11白魔とDQ10僧侶

先日、当ブログに……
6/26 プクリポファンさんからのコメント(記事はこちら)
ところで質問があるのですが、FF11ではれあさんと同じ白魔をメインにして回復系のジョブが好きなのでもしドラクエをするなら同じようなジョブをやってみたいのですがどうでしょうか。
といったご質問をいただきました。

ドラクエ10でのヒーラーの代表格といえば僧侶ですが、
それとFF11の白魔との操作感などの違いについてのご質問と解釈し、
この記事でお答えさせていただきたいと思います。
(回答が当初の予定よりかなり遅くなってしまいました。ごめんなさい!)

質問者の方がFF11プレイヤーさんなので
DQ10の僧侶に関しては説明を多めにいれています。

まず、FF11の白魔はそれなりに長く触っているつもりですが、
最新のコンテンツやエンドコンテンツなどでの経験はほとんどありません。
また、DQ10の僧侶はまだ一年も触っていませんので、
ベテランの方との考え方が少し違うかもしれません。
従って、少し偏りのある意見かもしれませんが、
あくまでも私個人が考える違いや印象なので、その点をあらかじめご了承くださいね。

以下、
FF11は2017年6月末現在の状況、DQ10はパッチ3.5前期までの状況です。
白魔→FF11のこと
僧侶→DQ10のこと という前提で書いています。

■ 基本スタイルは変わらない

FF11の白魔もDQ10の僧侶も基本的な動きに大きな違いはありません。
パーティを後ろから回復するという行動を中心に、
状態異常の回復、蘇生などを一手に引き受けながら
戦線を維持するという点においては変わりません。
特に意識せず、ヒーラーとして普通に育てていると、
だいたい火力が乏しいはずですし、
バトルにおいてヒーラーの攻撃が重視されることもありません。
素早く的確な回復とその判断が重視されます。

ネコ……じゃなくて子クァールだらけ昨日の記事でモンスター飼育、というより思い出集めが一区切りついたことを書かせていただきました。
その後すぐに、以前から思い出集めが終わったらこうしようと決めていたことがあって、それが子クァールだらけにするということでした。

初めて子クァールを飼ったのは昨年の5月。
(そのときの記事)
そのかわいらしさに飼育場にいくたびにしょっちゅうその姿を追っていました。
何せ「子」時代限定ですので、親になるとその愛らしさはどこへやら……なのですが。
あ、でも、クァールはなんとなくオシャレなイメージを持っていて、大人タイプも好きなんですよ。

ピンと立った尻尾、
ぴょこぴょこと跳ねるように走る姿。
短い前足は
……マンチカンっぽいですよね。

しばらくは育成方針を「穏やかな日々」にしてこの状態を楽しもうと思っています。

とうとうそろった!

ここまで飼育可能なモンスターの思い出を集めてきましたが、
とうとう最後の「緑ワイバーンの思い出」をゲットしました。

あとはこの一体という状態になってから、結構時間がかかってしまったのは
いつもよりもお世話の出来ない日が多かったことも影響があったのかな。

本当に長期間にわたる思い出集めでしたが、
緩和が入っていたり、
先人達がwikiや用語辞典などに情報を沢山残してくれていたおかげで、
本当に助かりました。これ、手探りだったらと思うと……ね。

進化してくれないーとか、まだ思い出もらえないー
なんて言ってたのが懐かしく思えますね。