飛行形態
↑ キャスト人型のときはこんな感じでした。間接がいろいろ大変なことにw

PSO2って時々「そんなの出すの!?」っていうような
衣装やロビーアクションを出してきますよね。

今回はキャストの方なら手に入れようかきっと悩んだであろう
ロビーアクション「飛行形態」です。
フレが配信最終日に手に入れたので色々撮らせてもらいました。
これ、ACスクラッチ「ブリリアントウィンター」の回数ボーナスだったんですねー。

フレンドもずっと手に入れようか迷っていて、
「どうしようかなー」ってなんとなくつぶやいていたりしたのですが、
最後は私の
「キャスなら持っておくべきでしょ!唯一品といっていいアクションだよ」
の一言で決意したんじゃないかと勝手に思っています。

GH430オッソリア影

前回のACスクラッチ「グラールコレクション1」は、
ロビーアクションの「エアボード」が回数ボーナスだったこともあって、
まわした人が多かったのでしょうか、
コスチュームが私にも比較的買いやすい値段で
出回っていたのでいくつか買わせてもらいました。

上は「GH430オッソリア影」です。
デザインそのものは甘めなんですが、ゴテゴテせず比較的シンプルな分、
あまりくどくならないところがお気に入りです。

相変わらず着替えが楽しくて、あれやこれやとマイショップで
掘り出しものを見つけてはせっせと買いあさっています。
合わせて装備も余裕のあるときに少しずつですが強化していっています。
ただ、レベルがまだ60にも達していないので、
なんとなく本気でつぎ込むにはもったいない気がしていて、
あくまでも自分基準ではありますが、その基準に沿って鍛えるようにしています。

ま、ちょっと装備品の強化系統については
新規プレイヤーとしての悩みもあるにはあるんですが、それはまた別のところで。

今は少しレベル上げを優先しようと思っているのですが、
そのわりに緊急クエはなかなか参加できていなくって、
クライアントオーダーや、周回などを通してレベルアップに勤しんでいます。
とりあえずは、21日までショップエリアにいる
キッドとシルバのクライアントオーダーをコンプするのが目標です。

とりあえずロビアクが楽しい

PSO2の魅力として、多様なロビーアクションがあります。
本当に沢山ありすぎて、PS4組の私は他のプレイヤーさんのアクションを見ては、
あれもいいなー、これもいいなーって思ってしまいます。
今は少しずつFUNでもらえるアクションを集めています。

プレイを始めてからは、生放送などで提供される
キーワードでもらえるロビアクはばっちりもらっています。
直近だと「PSO2放送局#42」のキーワード「じゅうさんまんたろう」でも
3つのロビーアクションがもらえました。わーい。

ひとつはアクロバティックな「イチタロウ」
声優がグラビア撮影でよくやるポーズらしい「エノモト」
ループダンスの「モモーイ」
異性のモーションも楽しめるので、実質6つのアクションをもらったのと同じです。

この三点は再配布ということのようで、PS4からはじめた人用って感じでしょうか。
既に持っていた方にとっては残念だったかもしれませんね。

さて、その「じゅうさんまんたろう」のネタ元は、5月15日に
同接13万1265人を記録したことが由来ですね。
本当にすごいなぁ。
確かにここ何度かのゴールデンタイムでは「混雑」「満員」表示をよく見ました。

緊急クエに初参戦、クリアできましたー

PSO2βテストもいよいよ終盤です。
目標としていたレベル30(βテストでのカンスト、サービスインの際に記念品がいただけるらしい)は
達成できたので、ひとまず満足。操作もかなり慣れました。
今回は初めて緊急クエストに参加したときのSSからスタート。

※ 私はPSO2はまったくの初心者です。
仕様を完全に把握していないので、その点はご了承ください。

完全に初見で飛び込んでみました。
床ペロも何度もしましたが、ご一緒した皆さんが即座に蘇生をしてくれます。
ちょっと動きに余裕が出てきたところで、私も颯爽と蘇生をしたらちょっとビックリ!
蘇生をしてあげると「FUN」というポイントみたいなのが入ってくるんです。
このポイントは一定ポイントで
「FUNスクラッチ」(はっきり言ってしまうとガチャ)が引けるポイントなんです。

蘇生された人はもちろん、助けてくれてありがとう!だし、
アイテムを使って起こしてくれた人の側にも、
こうしたちょっとしたメリットがあるっていうのはいいですね。

PSO2クローズドβ(初日)

PS4版ファンタシースターオンライン2のβテストに参加してきました。
かなり前にPSPのファンタシースターは少しだけ触ったことがあるんですが、
それ以来のファンタシースターシリーズ!

キャラメイクは事前に済ませておいたのですが、
想像以上に豊富でびっくりしました。
おまかせっぽい機能で適当に作っていても、
個性豊かなキャラメイクになっていて、良い意味で振れ幅が大きいです。

パーツを設置したあとも、そのパーツの大きさを変えたり、角度をかえたり。
体型もただ太らせる、細くするというだけでなく、
細かい幅や位置なども調整出来るので、こだわって作りたい場合はこれでじっくり。

実際に作ってみて思ったのは、顔はあとからでいいから
まずは全体の体型(バランス)を仕上げておいたほうがいいかなってこと。
体型をつくるのが結構コツがいる気がします。慣れかな?
あと、これは皆さんやっていることだと思いますが、
顔をつくるときに髪の毛はなし!もしくは短く!

私もあーでもない、こーでもないと試行錯誤しながらやっていたのですが、
時間があっという間に経ってしまうので、今回はそこそこのところで妥協することに。