Ver.1ラストバトル!

FF11で知り合った、Kさん(ウェディ)とSさん(プクリポ)、そして私(エルフ)は、
紆余曲折を経て、2016年8月からドラクエ10をスタート。
レイダメテスの脅威を退けて、無事に破邪舟を伝承させることに成功した私たち。
いよいよ冥王ネルゲルのもとへ。Ver.1の物語がついに完結します。

破邪舟が現代でも使えるようになったため、ランドン山脈の頂上へ。
出してくれた舟はまさかのスワンボート。
ま、まぁいいか。

スワンボート……ですか

冥王の心臓に突入です。

エルジュが創ってくれた不完全な破邪舟とは異なり、
こちらは完全版なので行き来が出来るように舟が消えることはありませんでした。

着いた場所はさすが闇の眷属が集う場所といった感じのダンジョン。
どうやらいくつかの島が光の橋でつながっており、
奥へと向かっていく構造になっているようです。

第二回みやぶりツアー開催

チーム(といってもいつもの三人しかいないのだけれど)イベントとして
「みやぶりツアー」を開催してきました。

ドラクエ10ではモンスターを盗賊の特技である「みやぶる」をすることで、
モンスター図鑑にちょっとしたテキストが追加されるのです。

モンスター図鑑

これが通常表示されるモンスター図鑑。
この右下のまめちしきのところが通常は1ページしかないのですが、
みやぶるをすることで2ページ目が追加されるのです。

そして、その追加された2ページ目がこんな感じ。

2ページ目が追加される

ここになかなか面白い情報が書かれていることが多くて、
コレクションしていきたくなるんですよね。

スキルそのものは盗賊で覚えるものなのですが、
覚えてしまうと他ジョブでも使えるようになります。
かなり低レベルで覚えられるので覚えておくと楽しいです。

過去編ラスト

FF11で知り合った、Kさん(ウェディ)とSさん(プクリポ)、そして私(エルフ)は、
紆余曲折を経て、2016年8月からドラクエ10をスタート。
破邪舟を現代に伝えるために過去を旅する私たち。
しかし、過去はレイダメテスの脅威におびやかされていました。

……ということで、エルジュの作戦どおりに
破邪舟でレイダメテスの内部に突入しました。

2時間限定のマップであることが告知され、否応なしに緊張感でいっぱいになる
……かと思いきや、のんきにプロミネンスがかっこいいとか言いながら
SS撮影を楽しんでいました。

先に書いてしまうと、かなりゆっくり進んだつもりだったけれど
相当時間は余っていたと思います。
このダンジョンは一度クリアしてしまうと、
他のプレイヤーのお手伝いでしか
再び訪れることは出来ないそうなので驚きです。

冥王の心臓

FF11で知り合った、Kさん(ウェディ)とSさん(プクリポ)、そして私(エルフ)は、
紆余曲折を経て、2016年8月からドラクエ10をスタート。
いよいよバージョン1.0のボスとも言える「ネルゲル」へ挑むため、
私たちはグレンからランドン山脈へと向かいます。

ランドン山脈の頂上には明らかに怪しい渦が。
賢者ホーローがやってきて謎の渦「冥王の心臓」にネルゲルがいると教わります。

もちろん、準備はばっちり。
ホーローの術の力でネルゲルの元に乗り込もうとしたらなんと失敗。

渦に乗り込むには破邪舟というものを使う必要があるらしく、
その秘術を継承した者がグレンにいると聞き、訪れます。
その重要人物がすっかりぐうたらになっていることなどつゆ知らず……。
(とある芸人さんに似ていると話題になったそうですよ!)

少しずつやれることが広がってきて

FF11で知り合った、Kさん(ウェディ)とSさん(プクリポ)、そして私(エルフ)は、
紆余曲折を経て、2016年8月からドラクエ10をスタート。
各都市のキーエンブレムを全て集め終え、
いよいよネルゲルへ挑む日も近付きつつありました。

が!!
あのクァバルナの強さが忘れられない!

Sさんや私はクァバルナの一撃受けただけでもHPが半分程度、あるいは瀕死状態。
最悪そのままパタンです。
Kさんも、会心が入ると倒されてしまいます。
クァバルナと戦って

そういえば、少し前に特訓モードにするためのクエでネクロバルサと戦ったときも
明らかに私たちのHPが少ないと思うことが何度もありました。
これは、パッシブスキルをもっと積極的に集めていかなければならないのでは……。
三人での会話でも、
「HP+」「パッシブ」についてよく話題にのぼるようになっていました。

ただ、同時に思っていたのは、ネルゲルがVer1のボスである以上、
当時のレベルキャップであるレベル50があれば、
(当時は厳しかったとしても)倒せるように本来はなっているはず。
しかも、私たちはもうレベル56なんです。

倒せないわけないじゃないかー!
ネルゲルについてはこのまま行っても十分勝てるはずっ。
そう固く信じている私。