少しずつやれることが広がってきて

FF11で知り合った、Kさん(ウェディ)とSさん(プクリポ)、そして私(エルフ)は、
紆余曲折を経て、2016年8月からドラクエ10をスタート。
各都市のキーエンブレムを全て集め終え、
いよいよネルゲルへ挑む日も近付きつつありました。

が!!
あのクァバルナの強さが忘れられない!

Sさんや私はクァバルナの一撃受けただけでもHPが半分程度、あるいは瀕死状態。
最悪そのままパタンです。
Kさんも、会心が入ると倒されてしまいます。
クァバルナと戦って

そういえば、少し前に特訓モードにするためのクエでネクロバルサと戦ったときも
明らかに私たちのHPが少ないと思うことが何度もありました。
これは、パッシブスキルをもっと積極的に集めていかなければならないのでは……。
三人での会話でも、
「HP+」「パッシブ」についてよく話題にのぼるようになっていました。

ただ、同時に思っていたのは、ネルゲルがVer1のボスである以上、
当時のレベルキャップであるレベル50があれば、
(当時は厳しかったとしても)倒せるように本来はなっているはず。
しかも、私たちはもうレベル56なんです。

倒せないわけないじゃないかー!
ネルゲルについてはこのまま行っても十分勝てるはずっ。
そう固く信じている私。

相変わらずの盛況っぷりです

相変わらず盛況なドメインベージョンキャンペーン。
私は他人のフェイスなどはすべて消していますので、
結構な人が参加しているのが分かります。

前に白で参加したときに、次はシーフでも行ってみたいなぁと思って、
思い切って参加をしてきました。

シーフで行った最初の感想は……。

「え、こんなに楽にポイント稼げるの!?」でした。

いや、確かに私が白で参加しているときの稼ぎ方がへたっぴだというのは
あるのかもしれないんですが、
それにしても、予想していたとはいえかなり楽でびっくりしてしまいました。
一回はファーストタッチまで取れてしまいました。800ポイント大きいですね。
ちゃんとポイントの稼ぎを意識して出来る人はもっとすごいんだろうなぁ。

おかげで以前は魂石を預けるのをためらうレベルで不足していたシルトも
かなり補充することができました。もちろんビーズの方もかなり増えました。

たまに宝箱を釣ったり
↑ 釣りをしているとたまーに宝箱もかかります。

ドラクエ10の釣りで少し不便なところは
釣竿やルアーの使用回数もありますが、
一番大きなのは釣った魚を一時保管する「さかなぶくろ」の
容量ではないかなーと思います。
※ マグログランプリでは回数制限はあるものの、
無料で釣竿とルアーが配布されています。

初期値が10尾までしか魚が保管できないので、
あっという間にたまってしまいます。
特に、納品クエストを意識して、大物をキープしたり、
珍しい大物を記念に残していたりすると、
なおさらその容量が足りないなーと思うこともあります。

実際に、私がマグログランプリに参加したときは
容量が15からスタートしていたのですが、
自分のこれまでの釣果を見たところ、
20まで増やせそうだったので色々魚を釣っていたら、
気が付いたら25まで増やすことが出来ました。

このおかげでずいぶん旬のマグロ釣りが楽になりました。

ドラゴンパピーの思い出

ドラゴンパピーの思い出を入手しました。
ドラゴンパピーがうちに来てからおよそ12日程度。
現在、成長度は「★★・」。なかなか順調です。

パターンとしてはもう少しだけ成長を待って密酒で深淵にするのと、
ここですぐにカザムがらしを与えてワイバーンにするパターン。

よし、ここは蜜酒を用意しておこう!

幸いなことに、この直後に

シオンさん登場

ずっと進めたいと言っていた
PSO2のEP1からのストーリーをついにスタートさせました。

EP1を始めるとてっきり何かオープニングイベント的なものが
差し込まれるのかとおもったらそんなことはなく……。
どうしたらいいんだろうと思っていたら、ショップエリアでイベントがスタート。

── この日を迎えるため

シオン登場です。
名前だけは知っていたものの、アークスにとってどういった関わりをもち、
何を為した人なのか……テキストでしか知らなかった人。
これから実際にそれが分かるのかと思うと楽しみ。

シオンに限らずですが、ずっとEP4を進めてきて、
色んなNPCと出会い、ダークファルスとも何度か戦っていますが、
旧知の仲のようなのに全く知らないとか、
なぜ敗者なのか、若人なのか、そもそもフォトンって何?
といった基本的な設定が分からず、もどかしく思っていました。
(一応ストーリー設定上、記憶があいまいということにはなっています。)

もっと早くEP1に行けば良かったんですが、
EP4のストーリーの更新も早く、ついついそのまま進行しちゃってました。
ですが、現在、私のストーリー進行状況はかなり遅れていることもあって、
同じ進行度のフレと、良い機会なのでEP1を進めていくことにしました。

雑多に置かれたものもいいですね

「ひと記事、ひと場所」。
今回はノーグです。

ノーグといえばジラートミッションをスタートしたときの最初の舞台ですね。
海賊の巣窟ということと、禁制品の密輸などにも関与している関係なのか、
色んなところに雑多に置かれた木箱やボトルが、
その荒れた雰囲気を演出しています。

今でこそ魂石の預りなどもあったり、
少し前ならば星唄ミッションの基点にもなっている為、
奥のギルガメッシュの部屋に向かう冒険者の姿が見られた場所ですが、
かつてはあまり人が訪れる場所ではありませんでした。

私も海蛇でレベル上げをする時にはよく来ていたけれど、
それ以外は特別に何かない限り、この小さな町にくることがありませんでした。

ガートラント編 マイユ

FF11で知り合った、Kさん(ウェディ)とSさん(プクリポ)、そして私(エルフ)は、
紆余曲折を経て、2016年8月からドラクエ10をスタート。
本来のボス戦に至るストーリーはそっちのけで、
次々と各都市のキーエンブレムを集めていた私たち。
あとはガートラントとドルワームのキーエンブレムを残すのみとなりました。

先にガートラントのストーリーを進行したのは、たまたま街に着いたときに、
グレンのストーリーの際に魔瘴石のネックレスを処分する為に
持っていったという賢者マリーンとの遭遇イベントが発生していたからでした。

ガートラント城下で頻発する腕利きの者たちの
失踪の真相を探るというのが今回のお仕事。
同じ目的のアロルドとマイユの二人と協力して調査をすることになるのですが、
なんとアロルドまでもが行方不明になってしまうという事態に。

ルオンで!

ドメインベージョンキャンペーン中ということもあり、
ものすごおおおおおおおおく久しぶりに、ドメインに参加してきました。

キャンペーン中だからでしょうか、
ここのところ倒されずに消えることが多かった
ウィルムNMたちが、数多くの冒険者たちに囲まれて
次々と討伐されていっています。
今のドメインキャンペーンは復帰者支援というのも兼ねているんですが、
復帰者の方も結構参加しているのかなぁ。そうだといいんだけどな!

私は毎回白で参加していることと、
もともとあまり稼ぎ方がうまくないこともあって、
周りのパワフルさに圧倒されています。

マグロ釣りもやっていますよー

マグロ釣り、インしたときは竿を一本は消費するつもりで
参加していますが、なかなか大物は釣れないですね。
いまだ13m級が釣れていないので、既にランキング入りは難しいだろうと
思っているのですが、運要素がかなりあるのでがんばりますよ!

そのマグログランプリ。
さすがに人が減ってきてるかなーなんて思って、
他のマグロ釣りスポットなども見て周ったのですが……。

あっさり揃ってたすかりました

いくつかクリアしていないクエスト……。

以前に「トレイニー系の装備がもらえるものをあとまわしにしていた」と
書いたことがありますが、今回もそんなクエスト。
ただ、今回のクエストについては別の理由もあって、
対象アイテムを取るのが大変、且つ高額だったという理由で、
過去バストゥークについてすぐに受注したにも関わらず、
記憶の片隅に追いやられてしまっていました。

今回はそんなクエストになってしまっていた
「鍛冶の響き」というクエをクリアしてまいりました。

このクエで必要な二種類のアイテム
「クゥダフの超重胸甲」「クゥダフの超重背甲」が、
私がクリアしようと思ったときには結構高額でやりとりされていました。
フレンドから「すごく出にくいからベドーまで行った方がいい」ということを聞き、
当時の獣人エリアは私がふらーっといって無事に戻れるとは思えず、
怖くて取りに行けなかったんですよね。

釣るぞー!

19日よりスタートした
第一回フィッシングコンテスト「マグログランプリ」

上位5名には副賞になんとリアルなお魚がもらえてしまう
(しかも、あの有名な寺泊港の新鮮なお魚w)というなんとも
不思議なイベントが始まりました。
今まで色んなオンラインイベントを経験したけれど、
まさか本物の魚がくるなんて……。

ジャンプフェスタ2017でこの副賞の発表があったときは、
私も思わず「え!?」と画面の前で言ってしまったほど。

当然、生放送されていたニコ生でも

ニコ生の反応

こんな反応でした。
この時点では、
「受注が一番多い時期なのでコラボ相手として発表するのはやめてくれ」と
先方に言われたというおまけつき。

それもそのはず、コラボ先はあの角上(かくじょう)魚類さんでした。

ウガレピ寺院

「ひと記事、ひと場所」。
今回はヨアトル大森林です。

地質的にみればお隣のユタンガ大森林とあまり変化がない場所。
ただ、私にとっては圧倒的にヨアトルの方が走りやすく、動きやすい場所でした。
きっと広場の部分と通路の部分のつながりが分かりやすかった為でしょうね。

ウガレピ寺院を擁しているこのエリアは、
色んなところに寺院建立時の名残が見られます。
密林の中にある荒廃した寺院という雰囲気がよく出ていていいですね。

人の手が入ったものでも、それが入り続けなければ、
いつの間にか自然が飲み込んでいく。
ありきたりですが、そういった力強さみたいなものを私はこの寺院から感じます。

ヴェリナード編オープニング

FF11で知り合った、Kさん(ウェディ)とSさん(プクリポ)、そして私(エルフ)は、
紆余曲折を経て、2016年8月からドラクエ10をスタート。
カミハルムイ、メギストリスとストーリーを進め、次はヴェリナードへ。
ですが、その前に私たちはいくつかの寄り道をしていました。

話はかなりさかのぼります。

── カミハルムイ編クリア後 レベル50到達

「そろそろ、最後の冒険者スタンプ対象のクエストをやりますか」

既に沢山のコンテンツが入り乱れるドラクエ10で、
初心者だった私たちは何から手をつけて良いか迷うこともあり、
システム的な進行の指標として、
冒険者スタンプ初級編を参考にすることが多かったのです。

その最後に残ったのが
「23 特訓モードでスキルポイントを得たい!」という課題で、
クエスト「鬼教官の特訓!」のクリアが条件でした。
FF11だとメリポモードといった感じでしょうか。
この受領条件がレベル50以上でした。

クエストそのものはシンプルで「○○を倒して、Aを取って来い」というタイプ。
NPCに「厳しいぞー」と脅されても、私たちはなんとかなると気楽に
対象であるネクロバルサを倒しにいきました。

キングベヒーモスから

キングベヒーモスの思い出をするっとゲット。
キングベヒーモスになってから、そこそこの時間は経っているはずなんですが、
若干時間の間隔が麻痺してきていて、
「意外と早かったなぁ」と思えるレベルまで鍛えられてきています。

次はいつ「エラスモス」になるかですね。
現在は「★☆・」の状態なので、進化させられる「★★☆」までには
かなりの時間を有すると思われます。

モンスター飼育もある程度のランクまでは、思い出が取れたあとでも、
成長度が最大になるまで育ててから元の場所に帰ってもらっていたのですが、
今もそれを律儀にやっていたら相当な時間が必要だったでしょうね。

今では想像以上に時間がかかることから、すっかり効率重視になってしまい、
目的の状態になったらさっさとサヨナラしちゃってます。
あ、でも……
思い出がもらえてもう期間してもらっていい状態だったとしても、
至福状態だった場合はそれが解除されるまでそのままいてもらってます。
なんとなく「あーここにいて幸せだぁ」って思ってるところを
「はい、あなたは帰っていいよ!」と追い出してしまうのは
かわいそうかなーと思って、とっても小さなこだわりです。

いい感じでポイントがたまりました

第二回アストルティアカップ スライムレース。
日程も残りわずかになりましたが、皆さんの成果はいかがですか?
私も第一回に引き続き、参戦していました。

勝利ポイントがそのままゴールドとなってもらえるっていうのは
本当にありがたい!
特に、最近Mサイズの家も買ったので(三人で出し合ってですが)、
この収入はすごーく助かります。

さて、最近の私はというと、
金策以外にもこんなことをしています。

発売日

Nintendo Switch に関して、本日メディア向けのプレゼンがあり、

発売日は 2017年3月3日
希望小売価格は 29,980円


という発表がありました。

価格

オンラインサービスについては、発売後からしばらくは無料。2017年秋以降有料に。
また、海外ソフトの使用をロックする仕様については見直され、
原則リージョンフリーになるそうです。

ゲームにもよるそうですが、
バッテリー駆動時間はだいたい2.5~6.5時間
USB type-Cの端子を持ち、充電しながらのプレイも可能
パネル部分はタッチ対応。
8台までのSwitchをローカル通信で繋いで遊べます。

プレゼンでは特に「ジョイコン」と呼ばれるコントローラの機能について詳しく説明。
キャプチャボタン(初期は静止画撮影用、後に動画撮影にも対応予定)の搭載
Amiiboのデータ読み込みが可能
加速度センサー、ジャイロセンサー搭載
モーションIRカメラ搭載 (物の形や距離を測ることができる)
HD振動(画面内の繊細な動きと連動して振動する機能)
などがあり、小さいながらかなり色んな機能を有する模様。

トゥルフェイアに乗れるようになりました

「翼持つ者」
FF11では飛空艇パスを手に入れたそのとき、
この称号が付与されます。
これは空を飛ぶことを許された証。

それからどのくらいの月日が経ったでしょうか。
ついに冒険者は鳥を従えて飛ぶことが許されました!
いつか実現するといいなと思っていた空を飛ぶということ、
まさかこんな形で実装されるなんて。

その割には草がすぐに見えるのがおかしいって?
えっ遠近法ですよ!

木の高さとのバランスがおかしい?
画角の問題かな^^ ←テキトーな言い訳

海蛇の岩窟につながる滝

「ひと記事、ひと場所」。
今回はユタンガ大森林です。

初めてここに来たときに思ったのは「地図なしで移動できる気がしない」でした。
しかもゲーム内の地図もあまり役に立たないと来ていて、まさに天然の迷路。
(のちにもっとひどいマップを見ることになるのですが)
ちょっと油断して地図開いて移動してたら、穴があったり、
隠し通路が当たり前に沢山あって、いつの間にか元の場所に戻っていたりとか。
本当に泣かせるフィールドです。
でも、それだけにいかにも密林という感じはしていました。

今でも「何も見ずに移動してください」といわれたら、
素直に「無理です」と言ってしまうそんな場所です。

私のこのエリアでの思い出は「カザム」編のときにも書いた、
「エルシモの名石」取りの思い出と切っても切り離せません。
本当に本当に苦労したので、きっと忘れることはありません。

さて、今回トップで使ったSSは海蛇の岩窟に繋がる滝のところですね。
上から見ても本当に良い景色なんですが、

デルフラントのクリアと合わせてやりました

のんびり目指せ太公望、
フナ釣りチャレンジは今年もひっそりと継続しています。
今回はロランベリー耕地でフナ釣りです。

ここで釣れるものはザリガニ、堀ブナ、レッドテラピン、その他です。
例によって虫ダンゴをちゃんと持っていけば堀ブナが狙い打ちできる場所ですが、
私は手抜きフィッシャーなのでリトルワームで。
従いまして、ザリガニちゃんもかかってしまいます。

でも、今回ここを選んだのは釣りやすいからとかそんなことよりも、
外だから!という理由だけです。
前回も書いたけれど、コロロカ釣りの効率の良さも魅力だけど、
どちらかというと、空が見えるところでの釣りがやっぱり好きだなぁ。

と、ロランベリー耕地の池に向かったときには、

私たちのチームにないもの

長くて短い一日が終わりました。

ドラクエを絶賛満喫中の私たち三人。
2016年10月にチームを結成し、コツコツとレベルを上げ(主に納品と探索!)、
先日ようやくレベル11になったところ。
でも、1つチームに欠けているものがありました。

それが……チームハウス(チーム集会所)

欲しい。
どうせ買うならMサイズの場所に欲しい。
Mサイズの空き土地がないわけではないけれど、
そこはどうしても希望には合いませんでした。

そんなときにもたらされた「土地追加」の話。
Mサイズのチームハウスが私たちにも手にはいるかもしれないということで、
三人でもどうしようかと事前に色々と相談しました。
もちろん、住宅エリアも改めて視察にまわります。

三人 「やっぱりここがいいよね」

まずは比較的動きをとりやすい、
リーダーのKさんと私が購入用兼管理人になるキャラを作成。

集会所購入兼管理人(予)キャラ

住宅購入後に不便にならない程度にはクエストなどをこなしておいたところで、
年明けには追加されると聞いていた住宅エリアの追加が、
いつになるかという告知待ちの状態になりました。

そして、5日。

ボムバイバイ

年末にクラスターがスノールになったのですが、
あと一体残っていたジンルート側のボムがようやく成長度の条件を
満たしたのでジンにチェンジさせてきました。

このあたりのランクのモンスターにしては、
変異用のエサがクリスタルの塊ですむことから、
以前は「変化させにくい」とフレからも聞いていたことがありました。

今はモンスター飼育キャンペーンも終わってしまっているし、
何度かやらないといけないかなーと思って「闇の塊」をあげたのですが、
一回で変異してくれたのでありがたやー。

お父さんのバカー!

以前はアイテム欄がいっぱいで、
あえてクリアせずにいたままで忘れてしまっていたクエストを
もう残り少ないものの、クリアしていっています。

その未クリアのクエに、アルタナクエストが多いのは
職人(トレイニー)装備の報酬のものが多かったからだと思います。

今回はそんな職人装備がもらえるクエストのひとつ。
「手作りバッグ」をクリアしてきました。

クエを中途半端に進めていた関係で、
あれ?どんな話だったっけ?からはじまり、
微妙に「乙女の祈り」という裁縫関連のクエストのストーリーが
混ざってしまっていたので、
イベントを見直して「あぁ!」と思い出すところからスタート。

三人和装で

2017年を迎えたのはドラクエ10でした。

ウェディのKさんが「○鯖のガタラ展望台で集会やってるみたいだよー」と
教えてもらったので、そちらにお邪魔してきました。

ガタラ集会の様子 カウントダウン30分前

私たちがいくと皆さん最近のクリスマスイベントでゲットした
ネタ「雪だるま」のしぐさを使っていたので、
私たちもそこに並んでいました。

かなりの人が「オンラインゲームプロデューサー忘年会」(忘年会は8:13:06あたりから)
というニコ生の番組を見ながらの集会だったということもあり、
その感想をチャットで喋りながらの賑やかな様子です。

最初は私も雪だるまのままで全く移動をしていなかったので、
集まりはこんなものかなーと思っていたら、
少し動き回るとものすごい人で、私のいた前のほうも、後ろのほうもびっしり人が。

表示限界がなければなぁ

表示制限がもうちょっとゆるければなぁと思ってしまいますね。
遠慮せずにもっと前の方にも行けばよかったなーって思いました。

FF11

新年 おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

FF11では飛空艇に乗ってヴァナの日の出を拝んできました。
私が乗り込んだとき、とてもよく晴れたヴァナの朝を迎えられたので、
ちょうど良かったです。

FF11での今年の抱負は……うーん、なんだろう。
変わらず自分の心地よいペースで遊んでいきたいなと思っています。

現在は、一番よく遊んでいる二人のフレがDQ10にほぼ移行しているので、
時間をたっぷり取って遊んでいるという状況からは少し遠いのが実情です。
とはいえ、私にとって一番居心地の良い場所であることには変わりなく、
これからもなんだかんだでログインし続けるのかなと思っています。
また、別のゲームからFF11に復帰したフレンドもいるので、
復帰直後のお相手なら私にも出来るかなーと思ってご一緒させてもらっています。

今後の楽しみとしては、
アドゥリンの後日談クエもまた実装される予定があるようなので、
それのクリアに支障がない程度には装備も頑張りたいですね。