Nosoi-ノソイ

ギアスフェット-ジ・タ、ステップ2。
次はトゥルフェイアのNosoi(ノソイ)です。

構成はIonosのときと同様で、
戦/侍+二垢の赤/黒、黒/白、白/赤、フェイスAA-EVとイロハII。

安定しているなぁと思いながら進めていたら、
バトル終盤に激しい攻撃にAA-EVが落ち、白の私にタゲがきて、
一度は地面を舐めさせられてからが回復役的に熱い戦いとなりました。

激しい攻撃と状態異常をうけるエルさんに対して優先するものは何か。
ケアルも全種を使い分けるような感じで、自分のMPと相談しながらもう必死。

……たのしいー!

一度はエルさんのHPが2になるという大ピンチを招きながらも、
なんとか回復が間に合い、追い込みをかけてくれていたタル黒さん、
エルさんとその二垢さんがなんとか削りきってくれました。

エル 「HP2になったときはダメかと思った!」
うん、私も思った!
一方で既にケアルを唱え始めていたから間に合うだろうとも思ったよ。

勝利のときは思わずガッツポーズ。
嬉しかったなぁ。
パーティメンバー皆で「乗り越えた感」をたっぷりと味わいました。

Kamohoalii-カモホアリィ

そして、Kamohoalii(カモホアリィ)。
一回では覚えられなさそうな名前のオロボンです。

構成は
戦/侍+二垢の赤/黒、黒/白、白/赤、フェイスはアムチュチュとイロハII。

オロボンといえば魅了を振りまく「メイヘムランターン」が代表的な使用技ですが、
あるフレンドがこれを「メンヘラタイフーン」とずっと言っていたせいで
(しかも、冗談で言ってると思っていたら、本当にそういう技名だと思い込んでた!)、
時々私も間違えそうになるという困った敵です。

ノソイが逆転劇といった感じの戦いだったせいか、
こちらはすごく安定しているように思えるくらいの戦いでした。

アビセアのオロボンをさんざんやっていた人は、
HPが増えたオロボンって感じだったんじゃないでしょうか。

アヤペクの甲殻をトリガーにするのはこれでおしまいっ。
ステップ2ではあと反魂樹の枝をトリガーにする敵が残っています。
モルボル、ナット、ベラドンナとなかなかクセのある敵ばかり。
個人的には状態異常が山盛り系の敵が多いので、気合が入るところです。
さて、どうなるかなぁ。
まずは、トリガーとなる反魂樹の枝を拾いにいかないとですね。

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/1004-7276a1e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)