ユグナスと

アドゥリン後日談クエもいよいよラスト。
「ユグナス調査指令6」ではラストに向けての激しいバトルがありましたし、
てっきり今回もバトルがあるだろうと踏んで
時間のあるときにやろうと意気込んでスタートしたものの、
終わってみれば実に平和なクリアとなりました。

いつものお城の門番のミスラに話しかけると、
始まったのはクイズ……といってもここまでの振り返りです。
アドゥリンクイズやヴァナ・ディールクイズほど数も多くなく、
難しくないので、気軽にスタートして大丈夫です。
ましてや、ヴァナ・ディールクイズのように
一度不正解だと最初から!なんてこともありませんので安心。

こうして振り返りつつ、スーパーメイド・フレミラによって、
ここまでのユグナスの行動から判断した内容が総括されます。

ここでようやく「アシェラ激励指令」というエミネンスが発生。
これを受けて指定のアイテムを持っていけばひとまずクリアとなります。
たったこれだけの内容で報酬は高純度ベヤルド50個!
称号もこの時点でもらえます。

で、本番はこのクリア後からです。
アドゥリンMを終えたあと、最後にアシェラと会ったケイザックのあの場所へ。

あの日の……

あの日のシーンが、
ダブって見えてくるような展開が待ち受けています。

シーンがだぶっていく

あの日、アシェラにそうしたように、
森の奥へ向かうといってダラクァルンにまたがる(?)ユグナスを見送る私。
なんか懐かしいなぁと思ってみていました。

もちろん、アシェラが最後にアップで軽く冒険者のほうを振り返りながら
微笑んだシーンもありますよ。
あ、当然ここではユグナスですが!

いってらっしゃい!

遥かな未来……
同盟国家だったその国は
ひとりの女王を中心として纏まることになり
大きく発展し
世界にその名を残すことになるだろう
そこに至るまでには
まだたくさんの日々が必要だったが……
腰に宝剣を下げた若き女王の偉業は
傍らにいつも付きしたがっていた
精霊のような小さな樹人の
陰の功績あってのものだったという……

(紫部分が本編のラストとは違う部分)

そして、フェイス「ユグナス」をゲット。
さらに本編のラストで手に入れた「アシェラのスカート」に対抗してなのか、
「ユグナスの葉っぱ」をゲット。説明文まで対をなしています。

フェイス「ユグナス」は、ユグナス調査指令6のバトルで
頼りにした人も多いであろうメイン白魔道士タイプのフェイスです。
軽く戦闘をして試してみましたが、かなり距離を取ってくれるように感じました。

アシェラを呼び出してからユグナスを呼ぶと、
呼び出し時にセリフが変わるのは当然として、
そのほかにもアドゥリンMで関わったメンバーを呼び出してから
ユグナスを呼び出すとちょっとユニークなユグナスのセリフを見ることが出来ます。

ダラクァルンと呼び出したとき

「ノ、セテー……、ダリー……!」

ダラクァルンのときはこんな感じ。
そして、モリマーを呼び出してからユグナスを呼び出すと……

モリマーと呼び出したとき

「モリ、マー……モリ、マー……モレ……」

これはタルタル★ソース【ё】での活動で鍛えた
お笑いのセンスなのでしょうか。

ラストという割にはあっさりと終わったなーという印象を受けました。
ただ、本編のラストシーンとユグナス編のラストシーンをかぶせてきたのは
懐かしさもあったりして、面白い効果だと思いました。

「Forever Today」のエンディングこそ流れませんでしたが、
最後の歴史書の文章も変わっていて、
本編ではアシェラの華やかな活躍の陰に隠れがちだったユグナスが、
ちょっとくらい目立ってもいいじゃない?というスタッフさんからの温情を感じました。
あとはこのユグナス編の方がフレミラという人物にも
フォーカスをあてていることがポイントでしたね。

私の中では「最終章」と銘打たれた星唄ミッションは当然のこととして、
アドゥリン後日談クエという形でアドゥリンMも完全に終わったことで、
一番好きなストーリー部分の区切りがついたなぁと思っています。
それがほんの少し寂しく感じるところです。


【過去関連記事】
Forever Today -後編- ……アドゥリンMの回想記事
ユグナス調査指令6をシーフで

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/1030-87934390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)