気のせいでしょうか、クラスクエストって受諾クエストであるレベル1のものを除くと、
レベル30までレベル5刻みで六つあるんですが、必ず一つは手抜き!?と思われるような
すっごい楽なクエストが挟まれますよね。
そういうのに限って、あっち行ったり、こっち行ったりが多いような。

そんな気がした槍術25のクラスクエをさっくりとクリアしてきました。

槍25クエやったよー

てっきりフールクとまた何か一波乱あるかと思っていたので、
ガッカリというか脱力というか。
完全にお使いクエストでしたので、内容は省略。

今回もクエストの根底に流れるのは「勇気」というキーワード。
「お?」と思ってじっくり読み込んだのはバスカロンのところかなぁ。
ここでは初代の槍術士のギルドマスター「ミスタル」について語られます。

グリダニアの他者を排他する風土こそが恐れであり「不安」であるといい、
森の外のことも受け入れていく事こそが「勇気」を磨く事となると。
グリダニアの反対を押し切って、外部から腕利きの槍術士を迎え入れ、
グリダニアの槍術をさらに高みへと昇華させた初代マスター。

「ミスタル……うーん、どこかで聞いたことが……あっ!!」
この名前、FF11でも登場したミスタル家と偶然にも同じ名前なんですよね。
11のミスタルは没落した伯爵家という事だったんですが、果たして何か繋がりがあるんでしょうか。
興味のある方は、FF11で「ルーヴランス」とか
「貴き血流れて」「卑しき血流れず」といったクエスト名で検索してみるいいかも。

グレード1の箱開け中

その後は自力で取れるようになったトレハンの地図を消化しに行ってきました。
まだグレード1の地図なので一人で開けています。
レベルだけで見ると、もっと低いレベルであける事も出来そうなんですが、
ついつい50のジョブでさっさと開けてしまいますね。

グレードの低い地図だとギルが減るのかなぁと思っていたのですが、
ギルはグレード5の地図とそんなに変わらない額をもらえちゃうんですね。
お手軽でいいですけど、複数の地図を持っておけるわけではないので、
効率がいいとは言い難いのかなぁ。

とりあえずトレジャーハントのグレード1のアチーブは取れたので、
早くグレード2とか開けに行きたいなぁ。
季節はずれにならないうちにあのモコモコの洋服を作る事が出来ればなぁと
思っているんですが、果たしてどうなることやら。

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/113-cb74a028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)