☆1の魚集めもボチボチと

釣りが50になってからも、まだまだ釣り場めぐりの旅は続いています。
少しずつですが、無印の魚、そして☆1の魚も釣っていっています。
雷魚にそうそう、シーラカンスなんかも釣りましたよ!

釣りは狙ってHQを釣るという事が出来なくてある程度は運まかせです。
その運まかせなシステムを利用している「泳がせ釣り」。
泳がせ釣りというのは釣り上げた一部の魚がHQだった場合に、
「泳がせ釣りのチャンス!」といったメッセージが出て、
そのHQの魚をエサにさらに上位の魚を釣るというシステムです。

これだけならまだ良いのです。
そこからさらに泳がせ釣りを利用するという二段階の泳がせ釣りを経て
得られる魚たちがいます。

分かりやすいところで「ギガントオクトパス」を例に挙げてみようと思います。
この魚はブルワーズ灯台というレベル15の釣り場(穴場)で釣れる魚です。
まずは「ハーバーヘリング」(Lv7)という魚のHQを釣ってそれをエサにして、
「オーガバラクーダ」(Lv25)のHQを釣りあげ、さらにそれをエサに。
そしてようやく「ギガントオクトパス」(Lv50)が釣れるのです。

このリアルラックがかなり影響しそうなところにさらに
二系統に分かれちゃうというターゲットがいるのです。
つまり、HQが釣れたあとAという魚とBという魚のどちらかが釣れますよというやつです。
ここに最強の敵がいるのです。

釣れなくていいんだよおおお

アサシンベタ!!お前のことだーっww
無駄にHQなんてこなくていいよぅ。

二段階釣りで多いのが銀魚HQからのコンボで釣るというもの。

銀魚HQ → 金魚HQ → ボウフィン
銀魚HQ → 金魚HQ → スポテッドガー
銀魚HQ → 金魚HQ → モリナバルウ

などがそうです。(ほかにもありますよー)
この、本当ならっ、金魚のっ、HQがっ、釣れるところでっ!(ゼェゼェ)

アサシンベタだよー^^

「やっほ^^ おまたせ!アサシンベタだよー」
と釣れやが……いえ、釣れてしまうのです。

やっときた金魚もNQでがっかり。
だからHQの引きの時はすっごくテンションがあがるんですが、
二番目にはったSSのように「アサシンベタHQ」が来た時の徒労感といったら本当にないです。

銀魚はハニーワームを使う事である程度狙い撃ちできるということもあり、
HQを釣ることもそれほど大変ではないんですけどね。

50の釣り人のカバンの中にはきっと沢山のハニーワームがあるはず。
そして、アサシンベタを見るたびに拳を握っているはずです。
いつ、このベタ地獄から抜け出せるのか……。
ひとまずはルートがひとつしかない魚から地道に釣り上げていって
手帳を埋めていくつもりです。がんばるぞー。


---------------------------------------------------

このベタという魚。
熱帯魚をかじった人ならだいたい一度はお店などで目にした事があるはず。
以前アクアリウムをやっていた事もありかじった程度の知識はあるのですが、
この魚は「闘魚(とうぎょ)」とも呼ばれ、
その気性の荒さからオス同士を混泳させてはダメといった育成の注意があります。
(オスとメスであっても、ブリーダーでもない限りはまず単独での育成を勧められます)
もちろん、ベタ同士だけでなく他の魚との混泳もまず無理です。

魚同士でケンカをして興奮状態のときに「フレアリング」という威嚇行動をするのですが、
この際にヒレがぶわって開くんです。
このヒレはとても美しく華やかなため観賞魚としても人気の魚ではあります。

14は「アサシンベタ」という名前からしても相当凶暴なはず。
敵だと思った獲物にタックルしてそうですね。

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/133-4cb9edf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)