目にも鮮やかです

プリンセスデーがスタート。
各国には桜が咲き誇っていますね。

イベントの内容的にはこの花は「桃」っぽいのですが
(実際にログを見ると「桃の花」と書かれている所もある)、
街の中のオブジェはどうみても「桜」じゃないかなぁと思うものが多いです。

気になって調べてみたところ、一番分かりやすい単純な違いとしては、
桃の花は花弁の先が割れていなくて、
桜の花は花弁の先が割れているという違いがあるようです。
オブジェ関係は花弁の先が割れたものが描かれています。

水辺にも、ほら

まぁ、どちらにせよ街に彩りが生まれますし、なによりも綺麗なのでいいですね。
街中だけでなく、フィールドでもひっそり大樹が桜を咲かせている……なんてことが
あると探索する楽しみがあっていいんだけどなぁ。

各所に鳥がいっぱいいます

あと、今回のイベントでは鳥たちにも注目が集まっていますね!
つがいの鳥がそこかしこに配置されていますし、お団子をくわえている鳥など
色々と特徴的な鳥が街に集まってきています。
14の鳥ってぷっくりしていてかわいいです!

ずーっと前に文鳥を飼っていたことがあるのですが、
ブルブルっと身体を震わせて羽の中に空気を送る事があるのです。
その瞬間のふくらんだ身体がとっても可愛くて好きでした。
14の鳥ってそんな感じに見えるんです。

アクセサリが可愛いです。

さらに、今回購入できるアクセサリも可愛くていいですね。
個人的にはもうちょっと小ぶりだともっとよかったのですが。
で、こちらの花は花弁の先が割れていません。なので、しっかり「桃」してます。

あとはSSはありませんが「エドヴィア姫」。
彼女は意外にバックボーンにしっかりとしたストーリーがある人物です。
ウルダハの数度における王朝の交代劇の中、
300年前にはヒューラン族のソーン朝がウルダハを治めていました。
その時のお姫様の名前が「エドヴィア」。
(現在のウルダハはララフェル族のウル朝が治めています)
↑ この辺、どんな感じで王朝が変わったのかとか今後あると楽しそう!

公式のプリンセスデーの告知にも記載されている
「エドヴィア姫失踪事件」のあらましなんかもいいですね。

夜の景色もきれいです

最後は夜桜で〆。
暗闇に桜のライトアップって本当に酔ってしまうような美しさ、そして妖しさ。
現実でも、一瞬くらっとしてしまいそうな気分になります。
この季節はついついワープを使わずに桜の花びらが舞う街を走って移動したくなるのです。

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/141-ee4c16fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)