哀愁ただよう背中
↑ 箱がなくてしょんぼりのララ斧さん。

LSメンバーのミコ♀さんとミコ♂さんが「トトラク行けるようになったよー」という事で
早速チャレンジしに行く事になりました。
二人一緒に行ければ良かったのですが、
あいにくタイミングが合わずに別々での攻略になりました。

まずはミコ♀さん。
ミコ♀さんはメインジョブが幻術なのでそちらを担当。
他は剣斧格だったかな。私はお留守番です。
無事にメインクエストの攻略を済ませたあと「もう一度復習!」ということになり、
剣さんと私が入れ替わって、構成が斧格幻呪(←私)という構成になりました。

さすがに二回目なので気持ちに余裕が出てきたのか落ち着いて攻略。
自分の時もそうなのですが、人というのは一度経験しただけで
かなり経験値がたまるんですよね。
さっきあれほど苦戦した相手に、二回目はあっさり勝ててしまうなんてことはよくあります。
別ジョブでの経験も同じジョブでの反復に比べると劣るものの、
その経験はしっかり活きています。
きっとミコ♀さんも一回目とはうってかわって落ち着いて攻略できたのではないかと思います。

ミコ♀さんとのトトラク

途中の繭を壊して進むポイントでは、
ミコ♀さんと斧さんと私で誰が早く壊せるか競争したり。
それをうらやましげに見る格闘さんがいたり。
宝箱から出てくるアイテムに皆でつっこみまくったり……と楽しく進んで行く事ができました。
ボス戦も周囲の繭をテキパキと壊していくミコ♀さん。
もうばっちりですね!
二度目の攻略は事故もなく無事にクリアして終了しました。

続いてはミコ♂さん
ミコ♂さんは今のところ剣術メインなので剣術を担当していただく事にして、
他は斧呪幻(←私)という構成になりました。
初めてのダンジョンで剣術で皆を引っ張っていくというのは
計り知れない緊張感があるのではないかと思います。

実際ミコ♂さんも「自分が盾ですか!?」「足ひっぱったらすみません」と
慌てていらっしゃいました。
ですが、多くのプレイヤーは先導してくれる盾の方には感謝しています。
それは初見さんであっても同様です。

ミコ♂さんは剣術でチャレンジ

後ろから着いていく機会が多い私に出来るのは、
(あくまでも私自身が初見でない場合ですが、)
その初見さんがマップを踏破出来るかどうかということくらいです。

それぞれのプレイスタイルにもよるかもしれませんが、
初見であれば色々迷ったり、ギミックにひっかかるのを
ちょっぴり楽しみに見ている(ダメな)先輩冒険者も多いと思います。
ギミックにひっかかる……そうです。トトラクといえば分断ポイント。
斧、呪、幻の(トトラクについては先輩である)三人はちょっと後ろに下がり、
ひっかからないかなーとワクワクしながら見ていました。
そしてジャンプの途中で華麗に分断されるミコ♂さん。

剣「びっくりしましたよ!」

ですよね!
ちなみに、LSでは呪さんが一番最初にトトラクをクリアしたのですが、
その後全員、呪さんからこの洗礼を浴びていたりします。
私に関してはだいたい後ろからついていくので先頭きってひっかかるということは
ありませんでしたが、三人に取り残される側として洗礼を受けてしまいました。

そして、ついにボス戦。
一回目は何も言わずにスタート。
途中の毒尾を放置した為、フィールド全体が毒ゾーンだらけに。
結果、回復が追いつかない+肝心の剣術さんが倒れちゃったということで全滅する事に。
二回目も最低限のアドバイスだけ。
一回目の経験もあった為でしょう。あっさりクリアできました。
これでお二人とも次に進められますね!おめでとうございます。
  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/16-716fe2d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)