なんだか怒られているみたいですが違いますよ

少し前のことになりますが、クラフターレベルが目標となるレベル35で揃いました。
レベル30から35はいずれのクラフターもかなり早く上げることが出来ました。

前にも書いたのですが、今回はまず調理師レベル37で覚える「ステディハンドII」の修得が
最優先目標だった事もあって、調理師のレベルだけが突出する感じで上がっていきました。
ステディハンドII
5ターンの間、アクションの成功率が30%上昇する。消費CP25
(ちなみにステディハンドは成功率が20%上昇 消費CP22)
ステディハンドよりもCPをプラス3するだけで
10%も成功率があがるなんて、なんてステキなアクションなんでしょう。

でも、実際にクラフトをしていると「本当にこれ効いてる?」って時があります。
あのいきなり連続で失敗し始める現象はなんていうんでしょうね。
クラフターやってる方ならきっと「あるある」って思っていただけるんじゃないでしょうか。

ある意味着こなしてる!?

そういえば、レベル35のクエストも色々とバラエティに富んでいましたねぇ。

上のSSは裁縫クエの一場面なのですが、完全にララフェルにしか許されないコーディネイト。
さらにバックスタイルをドアップで見せてくれたりします。
ひどいセンスのコーディネイトを見せてくれるワワルッカですが、
彼の恋路は果たしてどうなるんでしょう。楽しみです。

革細工のほうでも「アンクル・ボサ」との対決が見えてきました。
マスターが品評会の為にしばらく仕事を離れるという事ですが、これはちょっと心配だなぁ。

そして、彫金のほうでは指定された品物を納品したところ、
ずっと調子が悪いようだった魔法人形ネジジがついに壊れたように「ヒヒヒ」と連発。
少し前のクラスクエストで、魔法人形の「コア」の重要性について語られていたこともあり、
なんとなく記憶に残っていたので、この件も気になってしまいます。

木工ではいよいよ遠征に向かうという双蛇党のゲイルハードに弓を納品しました。
ですが、ギルドマスターはなにやら心配をしている様子。
「ゲイルハードの腕を疑うわけではない」というものの、気がかりなことがあるみたいです。
それについては次のクラスクエストで触れられるのかな。

レベル上げについては、裁縫がつらくなってきました。
材料は揃っているのですが、結構消費量が多いので中間素材などを作っていたら
いつの間にか結構な時間が経っていることも。
さらにそれらの素材の数もそこそこ消費するものが多いということもあって、
自分が集めておいた材料以上に数が必要だなぁと感じます。

皆さん色々と工夫されていることと思いますが、
なんとかリーヴを駆使しつつ乗り切りたいと思っています。
あとは、余らせ気味になってきた軍票を使ってクラフターの経験値を上げるのも手かなぁ。
次はいよいよレベル40だー。

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/173-ace61fcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)