この場所はもしや……!

今までずっと手をつけてこなかった大迷宮バハムート。
そろそろ行ってみたいよね……と話す日も。
「バハやるなら一緒にやろう」と以前から話していたうちのFC/LSマスターとは
バハムートの攻略をスタートするにあたり、かなり色々話し合ってきました。

きちんと予習をして攻略するのがベストな事は分かっているけれど、
きっと出遅れた人たちは他にもいるはずだし、予習必須な流れに気後れしてる人もいるはず。
それならば、初見大歓迎で予習なしでもよくって、せっかくだから楽しく攻略できないか。
せめて最初のとっかかりくらいは……。

パーティ募集をかけると、次々と入ってくる「初見です!」という方々。
やっぱり需要あったー!あっという間に埋まりました。
というわけで、ついに行ってきました。大迷宮バハムート邂逅編:第一層。
LSから参加してもらった二人の経験者を交えての初見過多での攻略。
お二人にはお世話になりますがよろしくね!

これからどんな戦いが始まるのか

眩いオレンジ色のフィールド。
数千年前に滅んだという古代アラグ文明の遺産ともいえる機械。

最初に挑むのはその防衛機構の「制御システム」。
球状のそれに対して、最初はのんきに
「あーさすが超える力ついてるし楽になってるんだなぁ」なんてやっていたら徐々に劣勢に。
麻痺についてはエスナで解除(以前は出来なかったらしい)していく訳ですが、
雑魚のPOPから崩れてしまい全滅。これはいかーん、甘く見てた!

何度かのチャレンジでクリア。
いきなりこれかぁというのが本音でした。
ただ、敵の挙動が分かるにつれて&経験者の方のアドバイスによって、
全体の動きがまとまり余裕を持ってクリア出来ました。

また、私の場合、幸いなことにヒーラーの相方となる白さんはバハ経験者であり、
その方の動きが大変参考になりました。
あとは肝心な高圧電流をとめるという役割も、
詩人さんの一人が経験済みだったこともあって説明などもしていただけて助かりました。

その後の道中は問題なく進み、いよいよこの層のボスである「カドゥケウス」戦です。
いわば、こちらの方が本番なので気合いれないとー!
メインタンクは戦士さん。サブタンクにナイトさん。

いよいよカドゥケウス戦!

片方が崩れては再合体してしまって……という繰り返しを何度か経ても、
初見組のモチベーションは高く、
経験者のお二人は的確なアドバイスをしてくれたり、
失敗しても温かく見守っていただけていたこともあってパーティは良い雰囲気。

丁寧にスライムも運んでいって、後方範囲の技を誘発させたりと
詩人さんや黒さんにかなり頑張ってもらって、
少しずつ「惜しい!」といえるところまでもっていけるようになりました。

私自身、とても感じの良いメンバーに恵まれていたこともあって、
このメンバーでクリアしたいと強く思うようになっていました。
でも時間はどんどん過ぎていきます。

残り時間から見てもうラストトライ。

戦士「最後に勝っちゃうなんてドラマティック」

そう言うと、もう何度目かしれないカドゥケウスへのアタック。
序盤はそれなりに余裕のある展開ですが、問題は分裂後です。
二体の蛇はほぼ同時に倒すのが望ましいということもあって、最後の瞬間まで気が抜けません。
ややサブタンク側の削りが早かったこともあり、
サブ側の黒さんがその火力の調整でメイン側の蛇を削りに行ったりする動きなどもありました。
私もサブ側の回復を担当していて、
途中ひやりとする場面はあったもののなんとかしのいでいました。

最後の追い込みの時はまさに祈る気持ちで回復を連打する状況に。
リミットブレイクは?
まだたまってない。あと少し……足りない。

ほんの僅かではありますが、まずサブ側が蛇を倒しました。
ですが、それと相討ちになるようにナイトさんが戦闘不能に。
サブ側がメイン側の加勢に行こうとしたその時、
メイン側のまずタンクさんが、次いでヒーラーさんが倒れ……パーティは壊滅。
あと紙一枚分の厚さ程度のHPなのに。

……が、その時。
空からメテオが降ってきていました。

リミットブレイク!間に合った!
当たれー!削りきれー!

見事にカドゥケウスに命中。
そして……

倒したー!やったぁぁぁ

倒したぁぁぁぁ。
本当にドラマティックな展開になっちゃった。

メイン側を担当していた黒さんが相討ちながらも、
最後の最後に放ったリミットブレイクが炸裂したのでした。

まだまだ全体の動きが洗練されていなくて、荒っぽい勝ち方だったかもしれないけれど、
とりわけ初見組はやりきった感があったのか本当に大喜びしていました。

終わったあと、これで気分よく眠れる!と思いました。
本当に疲れたー。でもその疲れはなんとなく心地よく。

一度経験出来たので、次は今回よりはいい動きが出来るといいな。
次に来た時はもう少し安定した状態で勝てるようになるといいなぁ。
なんて思っています。また練習も兼ねて行きたいですね。

歓喜の舞

経験者のお二人には恐らく相当なご負担をかけたことだったと思いますが、
本当にお世話になりました。そして、ありがとうございました。
そして「初見組」としてご一緒した皆さん、本当にありがとうございました。


【関連記事】
今更だけど、邂逅編:第一層へ ← 本記事
まわせまわせ!邂逅編:第二層へ
ジャンプが楽しい!邂逅編:第三層へ
波状攻撃!邂逅編:第四層
練習、練習!邂逅編:第五層へ
停滞からのクリア!邂逅編:第五層

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/180-700f01ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)