アニムスに向けて少しずつ

アルテミスの弓をゼニスにした関係で、
未だに黄道十二文書の三冊目「水天一巻」をちまちまとこなしているところですが、
このくらいのペースで私は良いみたいです。
さすがに三冊目なので、
自分なりのコツというかルールみたいなのがなんとなく出来てきたのもいい傾向です。

エネミー討伐のところは毎回そこまで苦労はしないのですが、
生息数がそもそも少ない敵を指定されるとちょっと面倒かなーというくらい。
ただ、バディを育成しながら敵を倒していることもあって、
エネミー討伐のほうが「ついで」になっている事もあります。

さて、そんなエネミー討伐中のちょっとした出来事。

モードゥナにて

水天一巻で指定されている敵のひとつ、モードゥナの「レイクコブラ」を倒していた時のことでした。
最初は私がバディを出して一人で倒していたのですが、
ほどなくしてバディを連れたナイトさんがやってきました。どうやら目的は同じ。

(同目的なら)声をかけた方が良さそうかなーと思っていたところで、
ナイトさんのそばと私のそばのそれぞれに敵がPOP。
互いに近くの敵を釣ると、自分が釣った敵を相手のそばまで持っていって
「一緒にたおそー!」といった雰囲気になりました。

ナイトさんの意図が分かったので、私はナイトさんが釣ってくれたレイクコブラを攻撃。
ナイトさんは私が釣ったレイクコブラを。
互いに倒した時点でぴょんぴょんとジャンプ。これも同時でした(笑)。

その後は互いに敵を釣ったらナイトさんがさっとまとめてくれて、
削りをある程度確認したら一気に範囲で倒すといった感じで進めていきました。
おかげさまで取り合いになる事も全くなく、短時間で指定数の10体を倒すことが出来ました。

私は先に指定数をクリアしましたが、
ナイトさんがクリアするまでそのままご一緒して、
お互いにお辞儀だけしてお別れするといったことがありました。

この間、一切の言葉は交わされることなく。
でも、心が通じたみたいで気持ちよくプレイできて嬉しかったなぁ。

その後、またこのナイトさんと遭遇する事になるのですが、
それはまた別の機会に。

リーヴの判別は見やすくなるそうですよ

他の課題は……リーヴはクリア済みの二冊は最初の頃に終える事が多かったのですが、
三冊目の今回は指定されていた場所によってはクラフターの納品に行った時に
受けてクリアしたりしていたので、終了させるのが遅かったです。

もうご存知の方も多いと思いますが、
「任務」とつくと通常の傭兵稼業のリーヴで、
「指令」とつくとグラカンリーヴの方になります。
ただ、これについては、パッチ2.28で分かりやすく表記されるようになるという
開発側からの回答がフォーラムにありました。
※ 公式フォーラム「黄道十二文書で指定されるリーヴについて」

またFATEが残っちゃいましたw

このSSのとおり、残すはFATE二種類。
神話は次の本をもらうにはまだ400ほど足りていないので、
これを集めるまでに終われればいいかなぁ。
四冊目は三冊目のチョイスをする時に回避した「炎獄」をもらって
MNDアップ系を終わらせてしまいたいなぁと考えています。

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/187-b434c658
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)