パッチ2.28で一番楽しみにしていたのが「探検手帳」でした。
ヒントの文章からその場所を探して……ってなんかワクワクするじゃないですか。

他ゲーではありますが、
2010年にWiiで発売された「ゼノブレイド」(←リンク先音がなります)というゲームがあります。
このゲームではマップの秘境や絶景ポイントなどに行くとちょこっと経験値がもらえたりしたんです。
ヒントは一切なかったですけれど、なんとなく入った洞窟の先が秘境に繋がっていたりで、
私はこれが楽しくってマップの隅々まで歩き回ったのを思い出していました。
自然と歩きたくなるそんなマップ。

グラフィックこそWiiということもあってお粗末なところがあるのですが、
吉田P/Dがよく口にする「ゲーム体験」という意味では、
当時の私が久々に惹き込まれたJ-RPGでした。ホント、かなりの名作だと思います。

脱線気味になってしまいましたが、
探検手帳の話が出た時にこれらのことを思い出してこれはきっと楽しくなる……と、
私の好きなタイプのコンテンツで「よっしゃー!」と思ったほどでした。

で、フタを開けてみました。
あれ……なんか違う。

最初に書いておきますが、探検手帳において
・ 自力でその場を探し出し
・ いいポイントだったらSSなんかも撮っちゃう
みたいなことを考えている人は、もうちょっと日を置いてからスタートした方がいいです。
私が想像していたのはまさにそんな感じで、
自分でその場所を探しだし、その場に立つとクエスト達成をして……みたいな事を考えていました。

この先、すごーく楽しみにしていた分、反動で不満をタラタラと書いちゃっています。ごめんなさい。
それでもよい方は続きをどうぞ。少し改行をいれておきます。






.

すごく期待のコンテンツだったのです。

実装間もなかったせいもあって、「ここかな?」と思った場所には人だかり。
これはある程度は予想できていたことだったのですが、
いつまで経っても人は減らず増える一方。

なぜか。
その理由は、時間指定、さらには天候指定まであるせい。皆、待機してるんですよね。
中には諦めて途中でテレポする人もいないこともないのですが、
だいたいの人が放置しています。あとクラフトする人が本当に多い(笑)。

私個人の考えでいうと、
序盤なんて「その場にいきました→クリア!」くらいでも全く問題ないのです。
むしろ時間や天候指定などがあるせいで、そこが正解だとすぐに分かってしまうほどに
人だかりが出来ているほうが「探検家」としてはつまらないです。
おそらく、しばらくすると人だかりに関してはある程度解消されるでしょうけどね。

とりわけ問題にしたいのは「天候指定」です。
「晴れ」が指定されている場所は「快晴」だとクリアできないって
どれだけ厳しいのって思ってしまいました。

序盤の10ヶ所くらいはボーナスだと思って簡単な内容でいい。
徐々に時間指定のものがあったりエモが指定されていたり、
もちろん、ただ行くだけでクリアな場所も織り交ぜて。この程度で良かったと思います。
中には「ハードな課題」としての天候指定もあるものも含まれるというのは、
エッセンスとなるかもしれませんが……。

場所にもよるでしょうが、ある程度開発側の見てもらいたい「天候」の「その風景」もあるのでしょう。
すると私ならその場所のSSを撮りたいと思います。
少なくとも今は時間と天候をクリアしたところで、「自分だけ」をおさめたSSはまず撮影できません。
だからこそ、最初にこういったものを期待している人は日を置いたほうがいいと書きました。

いま、ヒントを読むだけで「あそこだろうな」と思う場所から推測するに、
スプリント+ ジャンプで行かなければならない所も増えそうですね。
もうひとつ加えると、fps60指定だとのぼりにくい場所もきっと出てくると思います。
いまの時点でもなんとなくのぼりにくいなーという方は
fps30に変更してトライしてみてくださいね。のぼりやすくなるかもしれません。

難しいジャンプを駆使してやっとのぼった……でもクリア出来なかった。
色々試したけれど条件がわからないので仕方なく検索してみた。
え、まだ40分も待たなきゃいけないの!?
みたいな事になると、またその場所にのぼれるかわからないからこのまま待っているしかない
……と思う場合もあって、その人にとってはクリアしても徒労感しか残りません。

ちなみに、エモートに関しては、自分でやるタイミングが決められますし、
あとは推理力の問題なので別にあってもなくてもかまわないと思っています。

いろいろと不満ばかり書きましたが、ものすごく期待しているのです。
ヒントから場所を見つけていくのも楽しいです。
ヒントの文章についても、あれくらいの方が想像力がかき立てられていいなぁと思いました。
(一部、欠けているなぁと思われるヒントもありますけどね。)
ポイントをクリアすると探検手帳の該当部分には、
その場所に関するちょっとした文章を読むことが出来るようになります。
こういうところはすごくいい。こういうのを私は待ってました。
ちょっとした挿絵もいいですよね。

ポイントについても、謎の光の柱が立っていて「ここポイントです」といわんばかりに
場所を示していたりなどはなかったので良かったです。

あぁ、本当に惜しい。個人的にこの方向性はものすごーく支持したいのです。
これからも手帳を充実させて欲しいし、こういったポイントも増やしてもらえると嬉しいです。
やっぱりね、楽しいんです。こういう要素。
序盤がもっと軽いものだったらもっと「登山部」や「ノボリスト」や「百景好き」からも、
もちろんそれ以外の方々からも歓迎して受け入れられたんじゃないかと思います。

そこにのぼれそうなものがあったから登ってみた。
いけそうな場所があったから行ってみた。
何時に見るとか、絶景だったからとか、それは関係なくて。
いつでも気軽に誰もがチャレンジできたからこそ、登山部も盛り上がったんじゃないかな。
その先はあくまでもプレイヤーの自由です。

朝まで待って明るい中でこの景色を見ようとか、
星空の下で見たら綺麗だろうなぁとかは、
もっとこちら側に委ねてくれてもいいんじゃないかなぁと思うのです。

そもそもが「探検手帳」は「やらなくてもいい」コンテンツのひとつだと思います。
(ゲームの根幹に全く関与しないという意味で「やらなくてもいい」という事です)
ですが、現時点のゴール(報酬)にミニオンが設定されています。
こういうものに報酬を絡めるとやらなくてもよかったはずのものが「意味」を生み出してしまいます。
本来なら自分が到達できた「自己満足」で十分なはずなんです。
※ 同じようなことでMIPなんかもそう思っています。

この手のものが好きな人は多いです。
こういう内容のものに報酬はからめなくて良いと考えるタイプの私は、
報酬の有無に関係なくやるでしょう。
不満を書きまくった今の仕様でも「エオルゼア」の世界設定を知るために、なんだかんだでやります。
手帳が充実していくだけ。それが報酬みたいなものだと私は考えます。
せめてこういった要素はもっと自由にシンプルに気軽に。
やる、やらないも含めて「幅」をもたせてもらいたいです。

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/202-06167ed9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)