久々のクラスクエストです

フレンドさんの低レベルジョブ上げに誘っていただき、
格闘士がレベル25になりました。
ちょうどインファントリー胴も手に入ってやる気のある状態。
レベル20のクラスクエストは1月末にクリアしたのかぁ。
久しぶりなので楽しみにウルダハに行って来ました。

今回はクエストタイトルからも分かるとおり、
(明星の)チュチュトと(流星の)ルルクタの二人がメインとなっています。

プレイヤーとの手合わせで刺激を受けた師匠ハモンの為の
「(ハモンの為の)修行の準備」をするという内容。
さらには、ハモンの弱さにショックを受けたルルクタが
なぜ今のような状況になったのかが分かる重要なポイントなのです。

以下、ストーリーとクエスト攻略に関するネタバレが含まれます。
少し改行をいれておきます。







.

後ろからバシバシ

格闘士ギルドのハモンと話したあと、チュチュトに話すと「リトルアラミゴ」に行けと指示されます。

リトルアラミゴでチュチュトに話かけると木人四体を指定の場所に設置してくるように言われます。
設置するポイントで気をつけたいのは「放浪者の埋葬地」内に設置する場所。
南北に部屋(広間?)がありますが、設置するのはこの北側の部屋。
北側の部屋のスロープを上がったところになります。
(ちょっとズルをするなら高レベルのジョブで現地に行き、
そこでジョブチェンジ→設置という方法も……ストーリー的にどうかなぁとは思いますがw)

設置を終えて再び話しかけたところでイベント。
ここでルルクタが登場し、そのままイベントバトルへ。
以下、レベル25でのクリア情報として残しておきます。

燃える明星、駆ける流星

連戦です。
特に難しい点はありませんので、確実に一体ずつ倒していきましょう。
レベル22で覚える「金剛の構え」も活用しましょう。

■ ルルクタは終始チュチュトにおまかせでOK
そのままです。次々と敵を呼ばれますが、本体はチュチュトに任せてしまいます。
チュチュトは回復もしてくれるので、あまり離れすぎないように気をつけて。

■ 一回目 (流星のルルクタ、マーモット、アラクラン・ブラッドハウンド×2)
前述のとおり、ルルクタはチュチュトに。
残り三体を相手にしますが、どれからやってもそれほど変わらないと思います。
私はマーモットから倒しました。
残り一体になったところで、次の敵が呼び出されます。

■ 二回目(アラクラン・ウォーハウンド、アラクラン・ブラッドハウンド×2)
チュチュトが「ウォーハウンドは危険」と教えてくれるのでその通りに。
残り一体になったところで、チュチュトのセリフ。
その後、ルルクタによって次の敵が呼び出されます。

■ 三回目 (バステト)
バステトが寄ってくるまでに残っていた一体を倒しきれれば安泰。
強くはないけれど、バステトがレベル25ということもあって、
やや硬いかなぁという印象を受けます。
バステトを倒したら、チュチュトと一緒にルルクタを倒します。
ちなみにルルクタはレベル40表示ですが、普通に攻撃がバシバシ当たります。

ルルクタを倒したところで、彼の本音を聞くことが出来るわけですが、
なんていうか、ほんと不器用だなぁとチュチュトだけでなく私も思ってしまいました。
ずっと彼の本音が気になっていたので、
私もスッキリした気持ちで次のクエストにいけそうです。

ハモンに報告したときに、
なんだかハモンが「仕方ないのぉ」と目を細めながら
かわいい弟子であるチュチュトの設置した木人に向かう様子が目に浮かびました。
そして、当然もう一人のかわいい弟子であるルルクタのことにも想いを寄せながら。


← 前のクエスト「闘魂に火をつけろ」
→ 次のクエスト「拳の聖人」

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/219-a2fa1e79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)