おじいちゃーーん!

パッチ2.3実装分のメインクエストを終了させました。
少し前にも書きましたが、今回のパッチに関してはかなり早いペースで
色んなコンテンツに参加しており、メインクエストもそのひとつです。
この日記は少し遅れて書いていますが、
実際にはパッチから一週間も経っていない時期でのクリアで、
自分でもこんなに早く終わらせてしまうなんて……と思います。

私なりに真ラムウ戦の手前までは早めに進めていたつもりでしたが、
そこに到達した時には既にパッチ直後の真ラムウの攻略ラッシュは落ち着きを迎えていました。
そんな時、ちょうど初見攻略での募集がパーティ募集の掲示板に。
同じ進行度だったフレンドさんと立ち話をしていたので、
この募集に乗ろう!と意気込んで参加をさせていただきました。

手伝いの方が二人に残り六人が初見でした。
メンバーが揃う間の会話もあって「おじいちゃんのヒゲの中に入ってみたい」とか、
「床の味はピリピリしてるだろう」などと楽しく雰囲気の良さそうなメンバー。
さぁ、真ラムウ。どんな攻撃をしてくるのか!

ラムウとの戦いに挑みます

募集主であったナイトさんがメインタンクを務め戦闘スタート。
激しいエフェクトの中で戦っているうちに、フレンドの様子がおかしいことに気が付きました。
気にしながら見ていると、名前の横に回線切断のマークが!
そして、パーティから消えるフレンド。
復帰して戻ってくるのですが、やはりまた落ちてしまいました。
ファインダー鯖って時々相性のせいなのかほかで全く問題ないのにこういう事ってありますよね。

結局一回目の戦闘では普通にラムウの攻撃をしのぎきる事が出来ずに全滅。
フレンドさんは迷惑をかけるからと離脱宣言をされたのですが、
募集主さんをはじめ皆でこのままがんばってやってみましょうという事になりました。
一度入りなおした方が良さそうということになって一旦撤退。そして再突入。

二回目ということで経験者さんから攻略のヒントを頂いてスタート。
フレンドさんの回線も問題なくなったようで入りなおして良かったー。

範囲攻撃や全体ダメージ系の技が多く、
ギミックが分からないうちは被害が結構激しくってメディカラなどもかなり使いました。

後半からはイフリートの楔と同じような「グレイアービター」という敵が出てきて、
時間内に倒さないと全滅してしまうので火力もそれなりにないとダメですね。
で、これをしのぐと「雷鼓」というプレイヤー同士が繋がってしまう技が追加されます。
これは、片方の攻撃や回復が相手へのダメージになるというイヤな状態。
周りにある光っている玉を三つ集めるとその状態を解除出来るので
事前にどちらが取るかというのは打ち合わせしておいた方がいいのかな。

あとそうそう、結構イヤだったのが「恐怖」状態になる技。
硬直時間が長い上に当然エスナでは治せず。
一戦目でこれを受けた際にはあまりの硬直の長さに驚いてしまいました。

でもこれはサンダーストライクをわざとぶつけてあげることで解除出来るので
そっとサンダーストライクの範囲に入れていくスタイルで。
シルクスの塔もそうだけど、なんかこういうの多いなぁって思ってしまう。
味方へのダメージ込みで状態解除って、
ヒーラーとしてはあまり気分よくないんですよね。あくまで私の個人的な気持ちですがw

なにはともあれ、皆さんのおかげで無事にラムウを倒すことが出来ました。
パーティの皆さんありがとうございましたー。楽しいパーティでした。

さぁて、今回のメインクエストもこれで終わりかーと思ったらこの先も意外に長かったです。

うるうるなナナモ様

先行公開されていたPVでも話題になった「ナナモ様の涙」。

ナナモ様が涙した理由とは

彼女の涙の理由が明かされるのはこのあとです。
ナナモ様の危惧が杞憂で終わるといいのですが、私もあまりいい予感はしていません。

さて、一方の暁サイド。
一国では解決できない問題の対処の為に、これまでの各国のグランドカンパニーよりも
さらに大きな組織グランドカンパニー「エオルゼア」を作る為、
その先行統一組織を作り始めるアルフィノ。

既に「暁」は名実共に「エオルゼアの救世主」となっていて、
それに頼る人々は多くなってきていました。
ですが、その出来る役割には限度があります。恐らく人手も足りません。
「暁」の下にその組織を付ける事でその負担を軽減すると共に、
三国の盟主が考える「統一の志」を挫けさせない為にもこの組織が必要だとアルフィノは言いました。

礎となるメンバーを集めることに奔走する冒険者。
声をかける相手は様々で、これまでプレイヤーが出会った人々が数多く登場します。
その中には帝国兵の手引きをしていた鬼哭隊士ローレンティスまで。
(メインクエスト「犯人をとっちめろ!」)
アラミゴでの「壊神ラールガー」の神降ろしの騒動に巻き込まれた時に登場したウィルレッド。
(メインクエスト「ある青年の呼び出し」「若き血の暴走」など)
絶対に声をかけることになるだろうなぁと思ったイエロー・ムーンちゃん。
サスタシャの入口前で会ったおじいちゃん(イジルドール)と孫(アリアヌ)などなど。

いかにもこれまでの道程を振り返らせるようなシーンが続きます。
本当にこの人選で大丈夫?と思うこともw
中には断られたり、違う形での支援に応えてくれることになったりしながら、
グランドカンパニー「エオルゼア」先行組織「クリスタルブレイブ」が設立されました。

大忙しの冒険者はその間にもドラゴンヘッドでオルシュファンと会談。
「氷の巫女」の存在を知ります。

気配を感じて振り返るのですが

気配を感じて振り返る冒険者。

ほんの少しだけ登場する「氷の巫女」と思われる人物。
恐らく彼女がアレであるのは間違いないと思いますが、美しい人のようですね。
やっぱりアレといえば美女でないと……!ですよね。次の登場が楽しみです。

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/230-19b4a05c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)