双剣士としてスタートです

ここまで書いてきていませんでしたが、双剣士も2.4の目玉でしたね。
もちろんクラスは取得しました。

その後のレベル上げは皆さんすごく早くって「おお!」って感じ。
中にはレベルが上がると「こういうスキル使えるよー」と
見せにきてくれる方もいます。
なかなか面白いスキルですよね。ミスしたときに飛び出してくるウサギもかわいいw

FF14は良い意味でも悪い意味でも戦闘中の動きが早くて武器の振りが早い分、
シャキシャキとした短剣での動きが双剣士には合っている気がしました。
あいにくCFではシャキシャキとはいかないようですけれど。(ボソッ

ペリム・ハウリム

双剣士ギルドのメンバーもなかなか個性的。
レベル5「砕けたガラクタ」では、
双剣士ギルドの役割の一端がよく見える内容となっていました。
特に難しいクエストではなかったですし、
私もそうですが、さらっとこなした方も多いとは思います。

今回のクラス・ジョブクエストでは、
吉田P/Dが「しっかりとテキストを読んで欲しい」といったことをお話になっていましたが、
確かに序盤のクエストからかなり戦闘のいろはというか
「こうやるといいよ」といった指針が散りばめられているのが見て取れました。

ヴァ・ケビ

レベル10「私腹となる名品」はヴァ・ケビのキャラクターが良く分かる内容となっていました。
クエストタイトルもストーリー上における文字通りの「私腹」という意味と、
ジャックとヴァ・ケビの間のトラブルにおける「私腹」の両方の意味が込められていたり。

ここではとにかく「隠れる」が大事。
事前イベントでは「隠れる」を使って情報収集。

その後の戦闘が絡む場面でも「隠れる」を使ってあるアイテムを奪取するのですが、
それを取りにいったあと、敵から攻撃をしかけられた時に
最初に相手をした敵を倒したら隠れて、さっさと目的地に向かって進んで行っちゃいました。
そのせいで、かなり進んだ所で「隠れていけ!」といわれたときには、
なんだか置いてきてしまったヴァ・ケビに申し訳ない気持ちになりましたw

この先どのような展開になるのか。
私の目下の目標は敵の上に乗ってとどめをさすことです。
あれを是非やってみたいですね。
  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/275-eecbe7d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)