ハウジングレイアウト、最後は個室です。マスターの部屋 3
まずはマスターの部屋から。
※ ブログへの掲載許可はいただいています。

マスターの部屋はFCハウスの中では「お風呂」という扱いになっています。
かなり早い段階でレイアウトが決まって、
今は誰でも入れるように常に公開状態になっています。
部屋にはお風呂が二つ。うち一つには最近実装されたシャワーも完備。ただし、椅子は……。

こだわりは、さりげなく置かれているタオル。
ララフェル用に低い位置にもちゃんと設置されているんですよ。

SSの下のお風呂は所謂「寝湯」が出来るようになっていて、とっても気持ち良さそうです。

マスターの部屋 1

お風呂の反対側がこんな感じでちょっとした休憩が出来るスペースになっています。
そして、ナナモ教です。
SSでは隠れて見えませんが、お風呂のお世話をする人として
よろず屋のララフェルがスタンバイしています。
女の子なのですが、訪れる人に毎回男の子と勘違いされています。

部屋のメインカラーであるグリーンと、マスターの部屋 2
色相の近いイエローとの配色が意外に相性よく決まっており、インパクトのある家具を多用しているわりにまとまりがあります。

パーティション奥はベッドスペースになっていて、ここでちょっと眠ることも。
パーティションの間のスキマからお風呂に入りにきた人の着替えを覗くらしいという噂もちらほらw
気をつけてくださいね!

マスターの部屋 4

軽食もいただけます。
ちらっと見えているララフェルがさっき書いた売り子さんですね。
タオルを取り替えたり、軽食を運んだりといったことが想像できるお部屋です。
家具設置数は不明。公開許可をくださったマスターさんありがとうございました。

※ FCマスターのブログ「鉄板3枚ひろったよ。」


続いて私の部屋。
私の部屋はきわめて普通です。

自室 1

昨日の日記にも書いたのですが、私の中でこのFCハウスは冒険の斡旋所。
併設して食事が出来るところと宿があるというイメージなので、
コンセプトは冒険者兼研究家が間借りしているアパートです。
分かりやすくいうとサービスアパートみたいな感じなのかな。

何かに夢中になると本がそこかしこに放置。
食事も書斎でとっちゃうというルーズな人が住んでそうな部屋を狙ってみました。
内装は全体的に落ち着いた雰囲気にまとめようと思っていましたので地味です。

自室 2

FCハウスの屋内に暖炉を置こうと決まったときに、
色んな暖炉を試したのですが、しっくりこなかった余った物を自室に設置。
暖炉の前でゴロゴロ出来る感じが欲しかったのでふわふわ感のあったラグを配置。
さらにロミンサン・ベンチチェストに腰掛けるもよし、
飲み物か何かを置いちゃってもよしという脳内設定です。

自室 3

こちらは書斎脇のスペース。ハーフパーティションで区切られた区画となっています。
着替えなどはここでするんでしょうね。

自室 4

そして食事をするスペース。あくまで簡易テーブル。
お友達を呼んで食事をゆっくりなんて気はここの住人はまったくないのでしょうねーw
本当は脇のオープンシェルフに食器なんかを置いておくと、
宿の人が引き取りに来て片付けてくれるはずなんですけど、
この住人はその辺に放置しちゃう事が多いので……。
ハウスキーパーさんは困っちゃうかもしれないですね。

私の部屋は家具設置数48です。
FCハウスの内装もそうなのですが、もう少し部屋全体の明るさを暗めにシフトしたいです。
照明の微調整も出来るとなおいいのですが、それは贅沢ですよね。


■ 関連記事
ハウジングレイアウト-庭編(2014.11)
ハウジングレイアウト-屋内編(2014.11)

■ 他のレイアウト系の記事は「ハウジング」カテゴリからどうぞ!

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/282-e7aca7ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)