トリプルトライアド

トリプルトライアドは単純ながらも奥が深いカードゲームです。
ルール如何によっては一発逆転の要素もあり、
ただ強いカードがあればいいという訳ではありません。

初期カードをもらってマスターにはあっさり勝てたと思います。
その後すぐそばにいるNPCに勝負を挑んだ人も多いと思いますが、
周囲にいるNPCは結構強くなかったですか?
いきなりルールが設定されたNPCが配置されているため、
よく分からないまま勝負を挑むと負けてしまうこともあるでしょう。
ルールもよく分からないままなんとなく勝ったという人もいると思います。
ですが、ルールを把握していれば一気に面白くなり勝率も上がります。
(本当は通常ルールの相手をもう少し近くに配置していれば良かったんでしょうけどね)

問題はこのルールです。
色んなルールがありますが、特に知っておくべきなのはそれほど多くありません。
ゲーム内でも説明があるのですが、マスターが説明するテキストだけで
さらっと触れていたりするので意外と分かりにくいんですよね。
フレンドさんの間でも「よく分からない」とか「読んでなかった!」なんて方もいたので、
ちょっと説明を入れてみました。

.

■ 大きいか、小さいか
隣合うカードの数字が大きければ勝つという一番分かりやすいルール。
マスターと最初に勝負するのがこのルールです。

それとは逆に「リバース」というルールがあります。
これは隣合うカードの数字が小さい方が勝つというルールです。
つまり弱いカードを持っているほど有利になるので初期カードでも勝ちやすいです。

で、問題はマスターのそばにいるNPCが持つルール。
しっかりと押さえておきたいのは「セイム」と「プラス」の二つです。

■ セイム
これは特殊ルールの中でも分かりやすいです。
二辺以上の隣り合う数字が同じであればそれで成立!というものです。

以下、画像は赤カードが相手カード、青カードが自分のカードとなります。

セイム-隣合う数字が同じであれば成立

こんな感じですね。
便宜上、赤二枚に対して有効になるようにカードを配置していますが、
例えば上のカード(3764)が青だったとしてもセイムは成立します。


■ プラス
これもわかってしまえば簡単です。
二辺以上の隣合う数字の「和」が同じであれば成立するというもの。

プラス-隣合う数字の和が同じなら成立

つまりこんな感じです。
こちらもどちらかのカードが青だったとしてもプラスが成立します。

プラスはセイム以上に弱いカードでも勝つ可能性を高く秘めたルールです。
セイムは高いポイントのカードを出されると、その同じ数字のカードを持っていないと
セイムを成立させることが出来ませんが、プラスはそうではありません。


それでは実践。これはあるNPCとの対戦です。
ルールにはプラス(とスリーオープン)が設定されています。
このあと「プラス」が狙えそうですが、どのカードを置くと良いでしょうか。

プラスを狙えそうですね!





そうです。答えはドードー!
では、実際においてみましょう。さらにその先に起こることが予想できますか?

さらにコンボ成立です

そうなんです。上段中央の2277のカードがひっくり返ったときに、
上段左のスプリガンのカードの右辺が3<7で負けてしまう為に、さらに青のカードになるのです。
これがコンボです。

ほとんど初期カードしかない状態であっても、
ルール次第ではあるものの、コンボまで加わると、たった一枚のカードから
どんなに強いカードを持っているNPCであっても大逆転することが可能です。

パーフェクト勝利は気持ちいい!

ちなみにこの時私の手持ちのカードは
クァール、サボテンダー、チョコボ、スプリガン、ドードーの五種でした。
ルールはプラス。
ですが、最後の一枚であるクァールのカードでプラスが成立し、
相手の強いカードが仇となって連続コンボ成立!パーフェクト勝利となりました。

あえて取らせるためのカードを置き、
自分に有利なようにカードの配置をある程度誘導できるのはNPCならではだと思います。
綿密に下準備をして思ったような展開になり、一気に逆転するのも楽しいですよ。

こんな感じで対戦相手によってはレアカードをバンバン出してきますが、
一方のプレイヤーはレアカードの組み込み枚数が厳しいです。
プレイヤー対戦を前提とすると、
こういった制限をかけたほうが良いというのはわかる気がしますが、
せっかく沢山のカードがあっても発揮する場所が少ないなぁと感じそうです。
いつか好きなようにデッキが組めるようになるといいかもしれませんね。

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/319-eb0336d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)