ハウジング個室1

記録用の個人部屋のレイアウトです。
前の部屋は冒険者兼研究家が間借りしているアパートというイメージで、
「人を招く」ということはほとんど想定せずにレイアウトしていました。
そこで、今回は落ち着いた空間というのはそのままに、
「人を招く」こともちょっと意識してみました。

基本的には屋内編のときと同じように、新しい家具はあまり追加せず、
いまあるものを出来るだけ活用してレイアウトするようにしました。

ハウジング個室2

キッチン部分はコンロっぽく見えるように
家具を組み合わせていたのですが、設置数の関係で結局断念。
調理師用の家具を置いちゃえばすぐ解決なんでしょうけど。
カップボードのところは定番の組み合わせですね。

ハウジング個室3

そして小上がり風の団欒場所。
上のSSのような感じで座れます。
居酒屋で一杯といった感じかなー。
和風の家具と組み合わせても良さそうですね。

今の家の状態だと、完全に和に見せるのはなかなか難しいです。
そもそも和の家具がまだまだ少ないですしね。
その為、どうしても一角を区切って和室っぽく見せているという方も多いと思うのですが、
小上がり風の床に畳が組み合わさったもの
(もしくは小上がり出来る床にタタミマットを置けるもの)みたいなのが欲しいですね。

可能ならばベッドあたりの高さと合わせた高さだったら、
組み合わせで床に敷いた布団っぽく見せることも出来そうだし。

ハウジング個室4

団欒場所の奥には小さな書斎。

ハウジング個室5

書斎の反対側にベッド。特筆するべきことはありません。

ハウジング個室6

そして、世界観無視の大型テレビ的な何かです。
それっぽく見えるといいのですがw
ちょうど団欒場所の反対の位置にあたるので、そこからみんなでテレビを見るなんてことも。
テレビの上には漁師でウロウロしている事の多い私らしく
マズラヤマーリンの剥製をドンッと飾りました。

設置数は上限の50です。
屋内に組み合わせ家具をほとんど使わなかった分、
個室の方は色々と家具を組み合わせて使ってみました。
その結果、設置数の関係で良く言えば「すっきり」とした感じ、
悪く言えば「スカスカ」といった感じになっちゃったかなぁ。


■ 関連記事
ハウジングレイアウト-庭編(2015.春)
ハウジングレイアウト-屋内編(2015.春)

■ 他のレイアウト系の記事は「ハウジング」カテゴリからどうぞ!

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/339-8a016848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)