「ふるさと症候群」(正確には「ふるさと比較症候群」)とは吉田P/Dが
FF11をはじめとしたそれ以前のMMORPGをプレイしてきたプレイヤーに対して
「こういう感覚ありますよね?」といった感じで使った表現なのですが、
FF14をしばらくプレイした者がFF11に戻ったりすると、
FF14だってもう立派に「ふるさと」になったりするのです。
もう1点、燃え尽き症候群とは別に「ふるさと比較症候群」もあります。MMORPG特有ですが。
新作MMORPGが出て、βテスト~無料期間までは一部流行するものの、結局のところみな元いたMMORPGへ戻っていく現象。最近ではWorld of Warcraftによく見られます。
WoWの場合「WoWのアップデートスケールはやっぱり凄かった」「WoWでできることが、このゲームではできない」などなど。
長期間同じゲームにハマれば、当然比較も出ますし、人間はこういう場合、特に保守的にもなります。

─ FF14βフォーラム(閉鎖済)-吉田P/D「正式サービス時のゲームデザインについて」より

なんだか大層な書き出しですが、そんなお堅い話題ではなく、
私がFF11に復帰して遭遇した
「自分で思っていたよりFF14に染まっていた」と感じたゆるーいアレコレを書いてみようかと。

まだ表示されないなぁ

アイテムの表示が遅いよね
↑ ローディング中のマーク、アイテム欄にも何も表示されない

エリアチェンジ後のアイテムの表示が遅いです。
PCのスペックがとか、回線がとか、そういう問題でなく、もれなくローディングが遅いです。
私が現役だった頃と比較してもさらに遅くなっている気がします。
一度表示されるとあとはスムーズなんですけどね。

FF11の場合は工夫に工夫を重ねてアイテムを持てる数を増やしているということもあり、
このあたりも涙ぐましい努力を感じると共に、やっぱり「表示おそいっ」と思っちゃう訳です。
FF14の表示速度に慣れているとやっぱりこれは気になります。

ローディングが遅いことと少し関係がある内容として、
FF11では自分がエリアチェンジをすると、その間のチャットが表示されないということがあります。
つまり、片方が発言していても、エリアをした側のログには表示されないんです。
なので、会話中にエリアをするときは「エリアするねー」(エリア後)「OK」なんて言って
会話を続けていたこともあります。
意図しない会話の見落としになるので、会話がつながらず「?」となることもありました。
FF14ではこれを意識しなくても良いというのは本当にすばらしいと思いました。


ジャンプしたくなってしまう

ジャンプしたくなる

FF14ではジャンプはちょっとした返事や喜び、賛同の表現代わりに
使うこともあると思うんですが、FF11ではジャンプが出来ません。
FF11でもついぴょんぴょんしたくなることがあります。
FF14のβテストの頃、ジャンプ実装希望の意見を見ても「別にいらないんじゃない?」と
思っていた側だったのですが、いざ実装されたら「ジャンプが出来る」というだけで
楽しめる要素がたくさんあって、無理だと分かりつつもFF11にもあったらなぁと思います。


マップをひらくのが……マップを開くのがちょっと面倒!

私はFF11でも14でもキーボード操作メインでプレイしているのですが、FF14がキーひとつでマップが開けるのに対して、
FF11ではメニュー経由か、テキストコマンドを入れるという方法で地図を開くことになります。
マクロボタンに登録してしまえば操作の手間は多少緩和されますが、頻繁に使うわけではないので、わざわざマクロの枠を使ってまで登録している人は少ないとは思います。

地図そのものの機能も、FF11が優れているのは自分でマーカーを置くことができるくらいで、拡大縮小にも対応はしているのですが、その操作性が悪いのと、
地図が強制的にゲーム画面いっぱいに広がるので細かいところで色々不便です。
地図関連だとミニマップもそうですね。FF14はミニマップがあるだけで相当便利です。


カメラ操作のあれこれ

カメラを引きたくなってしまう

FF14は豆粒戦闘などといわれることもありますが、
あの視野を広く保てる状態は状況によっては優れている部分でもありますよね。
上のSSのように一対一ならまだいいのですが、敵を何体かまとめて相手していたりすると、
FF11でもカメラを引きたくなってしまいます。
前述した地図についてもそうなんですが、FF11をメインにプレイしていた時は
全然気にならなかったことなんですけどね。

あと、カメラつながりだと、FF11のカメラは14のカメラのようにピタっと止まってくれません。
たとえば上のほうにあるオブジェクトのSSを撮りたくてカメラの角度を動かすと、
FF14では任意の位置で固定されます。
ですが、FF11では自然とカメラがデフォルトの位置に戻っていくので、
うまく狙った構図で撮れないことも多く、トリミングなどでどうしようもない場所の場合などは
SSのキーを連打して良い構図のものを選ぶということもあります。
カメラがもうちょっと下だった、上だった……なんてことも起こっちゃいます。
カメラ関係のコンフィグが多いのもFF14は魅力ですよね。

余談ですが、
旧FF14では記念撮影しやすいようにカウントダウン機能がありました。
あれ、結構便利だったからまた採用してほしいんだけどなぁ。
記念撮影というと、ドラクエ10のカメラはSSを撮る際に、左右にも動かせるので
自分がどこにいてもいいカットで撮影が出来るのが良かったですね。
(体験版をやったときにこれはいい機能だな!って思いました。)


あ、扉開かないんだった

ドアが開くのを待ってしまう

FF14ではキャラが近づくとドアが自動で開いてくれます。
あれも不思議といえば不思議なんですが、スムーズに移動が出来てとっても楽ですよね。
FF11ではドアをターゲットして調べないと開いてくれないものが
特に初期のエリアでは目立ちます。(ある意味きちんと作っていたともいえます)
なので、扉の中に入りたいときは、目的地に向かって走りながら
扉を既にターゲットだけしておき、絶妙なタイミングでEnterを押して
足を止めることなくスムーズに入るという「テク」を駆使しますw
FF14に慣れちゃうとそれを忘れちゃうことがありますね。

ちなみに、FF11では最近はドアがあっても、調べたらイベントで扉の向こうに行くとか、
そもそもドアがない構造の建築物が多めになっている気がします。


チョコボはお手軽ではない

どこでもチョコボには……のれない

ワープがたくさん開通したFF11ですが、フィールドを走る機会もまだまだあります。
FF14だと移動が短距離であっても気軽にマウントを呼び出してささっと移動できるのですが、
FF11では街か一部のフィールドに配置されたチョコボ乗り場からしか乗ることが出来ません。
しかも原則30分間という制限があります。

自由にチョコボを呼び出せるアイテムもあるのですが、
呼び出すチョコボは自分で育成せねばならず、
さらにシステムで用意されているチョコボ並みのスピードで走らせるようにするには、
それなりの手間もかかります。
また、アイテムの使用回数に制限があることと、リキャストが長いこともあり、
気軽には使えないのが実情です。

乗れる場所も限られていて、今プレイヤーの多くが冒険の中心として滞在している
「アドゥリン」のエリアでは一切乗ることが出来ません。
気になるものがあって、チョコボからおりて、チョコボ呼べないんだった……と思ったことがあります。

とりあえず、こんなところで。


どちらにも良い点、イマイチな点があります。
今回書いたことは、不便だなと思う点につながるものが多いですが、
その不便さが良い点だと判断する人もいるでしょう。
たとえばチョコボなんかは私は不便だなぁと思いつつも、
これはこれでいいところだと思ったりします。

あとよく思うのが船や飛空挺での移動ですね。
FF11は実際に乗り物に乗って移動します。
その間もムービーではなくちゃんと何分間かかけて目的地に移動します。
船旅の場合は移動している船上で釣りも出来ます。
場合によっては海賊船やモンスターに襲われることもあります。
これを不便、時間の無駄だと感じる人もいるでしょう。
でも、私はこの方式が結構好きです。急ぐときはテレポもできますしね。

FF14も旧作の時はそういう方式だったのですが、今は違います。
ムービーを見たければそうすればいいし、カットも出来るのでとても便利です。
私もその機能を使っています。
でも、一方で味気ないなぁとも思うのです。

長くプレイした分、私はまだFF11が「ふるさと」である割合が多い気がします。
でも、確実にFF14の良さも自分の中に蓄積されています。
最初はシステム的な部分からかもしれませんが、
そのうちもっと深いところで「ふるさと」を感じられるようになっていくのかもしれませんね。

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/379-c630d36b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)