七支公はのりこめー!という感じでいくのがいいです
↑ みんな大好き!?ユムカクスさん タマシチは交換でもらいましたw

5月の終わりごろ「FF11に復帰した人がやるべき5つの事」という記事を書きました。
思いのほか、このページへのアクセスが多く、最終章の実装を機に
それなりに復帰者(もしくはそのうち復帰しようと考えている人)が増えているのでしょうか。

さて、その記事からも結構経ちましたが、
その後、どんなコンテンツをやってきたかを少し書いてみます。
復帰当初は戦士のフレンドと二人、しばらくして黒魔のフレンドとも合流しています。
現在はこの三人で主に行動をしています。

最初の頃はとにかく自キャラの底上げ+強化!ということで、
メリポとキャパシティポイント稼ぎをしていました。
そのついでに久しく離れていたFF11への勘を取り戻すという感じでした。

合間には気軽に参加できる七支公討伐でIL115の装備を狙いにいったり、
コロナイズレイヴなどでジョブマントを取ったりしていましたね。

スカーム・ララ また遊びにいきたいね
↑ スカーム・ララにて。フェイスが呼び出せるので大活躍です。

少しずつ「現在」のFF11が分かってきたところで、その後はノーマルのスカームへ。
休止前には試しに一回くらいしかいったことがなく、
しかもルールをいまいち把握できないままに失敗した場所です。

当初は戦士さんと二人だったことや、持ちジョブや装備、ミッションのクリア状況の関係で
ヨルシアとカザナル以外のララ水道、シルダス洞窟だけでスカーム武器を集めつつ、
ベヤルドをためたりしていました。
ルールを把握し、マップなどが頭に入ってくると、
徐々にタイムアタックの様相を呈してきて楽しいですね。

そして、初めてのアルビオンスカーム(スカームの上位版)にいってきました。
アルビオン系の中では「ヨルシア」がソロでも行けるらしいということだけを聞いて、
失敗覚悟で初めて突入したところ、敵がすごくつよくって、あっさり敗退。
実はやり方がまったくもって間違っていたのですが、
とりあえず私達にはまだ早そうということで、
ノーマルのスカームで地道に力をつけることにしました。

合わせて、「どんな感じかやってみよう!」ということで、
地上メナスの敵なんかもちらほらやっていましたね。

そして、満を持しての黒さんとの合流。これで三人になりました。

アドゥリンミッション・冒頭イベントシーンより
↑ アドゥリンミッション 冒頭のシーンより

主にアドゥリンミッションを進行しながら(三人ともアドゥリンミッション以外はクリア済)、
同時期に実装された星唄ミッションを実装分までクリア。
ユニティ・コンコードのウォンテッドNMを倒したりしました。
ただし、IL119対象のNMだと、私達の装備ではまだ命中不足になることがあったりで、
最初は返り討ちにあいましたね。

黒さんの装備がそこそこ集まってきたところで、ついにスカーム・ヨルシアに突入。
IL113の防具が手に入るのでそこで装備を集めながら、
アルビオンスカーム・ララ、シル攻略に向けて準備をしているといったところです。
結構装備は集まってきているのですが、まだオグメを充実させるところまではいってないです。
少しずつそちらも充実させたいですね。

で、戦さんと二人のときに、もう一度アルビオンスカーム・ヨルシア(アルヨル)のルールを再確認。
そして突入して今度は攻略成功。ここではIL119の防具が手に入ります。
初めていったときは拠点に攻めてくる敵を一緒にたたいて大失敗だったのですが、
どうやらアルヨルは「タワーディフェンスRTS」系のゲームだったみたい!

要は手持ちのポイントを消費して自軍にNPCを配置して、
迫りくる敵の撃退にはそのNPCで対処するというもの。

アルヨルの攻略については多くの人が詳しくまとめてくれているので細かいことは省きますが、
実際にやってみての事前に把握しておくと良いかなと思うことを書いておきます。

・敵を配置するポイント(Puissance)をもらうためにあらかじめO.フラッグメントを集めておく
→ スカームで敵を倒したり、支援効果でもらえたりします。
スカームで集めるならノーマルでやるのが楽。
そのほか、エミネンスの「互助会引換券・銅」に余裕があるなら、
1枚につき1000 O.フラッグメントと交換できるので余らせてるならそちらで補充が早くてオススメ。

・ O.フラッグメントから Puissanceへの交換は上限1000。且つ各フロアごとにリセットされる
→ そのため、1000以上NPCの配置・強化に必要な場合は、雑魚を倒す必要があります。
まぁ、やればすぐに分かることです。そのため、IL無視してソロでやりたいという場合は
一層での帰還を推奨します。二層目からは足りなくなるケースもあるので。

・クリアが厳しいと思ったら躊躇いなく「髑髏の鍵」を使う
→ 一層でクリア条件を満たすと「髑髏の鍵」が手に入ります。その後はその鍵は持ったまま
二層目に進めますので、二層目、三層目と進んでいって、クリアが厳しいと思ったら、
髑髏の鍵を使って報酬を確定させるのが、少人数やソロの場合はよいのではないかと思います。

・フェイスは呼ばない。もしくは支援系(モーグリや星の神子、ブリジットなどの置物系)のみにする

・味方NPCは序盤はミミズで防衛専念、敵の進行が落ち着いたところでコリブリなどを投下
→ この辺はパーティ人数などによっても変わります。
ソロ・少人数は基本はこの法則でOKかな。
とくに慣れないうちはこの鉄則で行くとよいと思います。

NPCの配置担当を「本担当」とか「本係」とか私達は言っているのですが、
この担当はぶっちゃけて言ってしまうとILなんて関係なく参加できます。
また、一層で報酬を得たらすぐに帰るというなら、その場合もIL関係なくソロで出来る気がします。

ただ、Puissanceが足りなくなったら、拠点を攻めてくる以外の敵(蝶やエレメンタル)を倒して
Puissanceを直接入手していかなければなりません。
階層が深くなるにつれて、攻めてくる敵も強くなるために、
最初に呼び出したNPCだけでは拠点が維持できなくなるので
次々と追加のNPCを呼ばなくてはなりません。なので戦闘が避けられないんです。

アルヨル行けるようになりました

あと、どういった条件で発生するのかわからないのですが、
通常はフロア移動すると守るべき拠点のそばに配置されるのですが、
たまーに各メンバーがあらぬところに飛ばされて配置されることがあります。
初めてこれに遭遇したときの私のあせりっぷりはなかったです。結構楽しいw
アルヨルにいる敵の「ほとんどは」ノンアクではあるのですが(エレメンタルは魔法感知もしない)、
万が一のために戦えるジョブであるとより安心ですね。

私も戦士さんと二人で三層までは行った事があるのですが、
その先はまだ未クリアです。
私が白を主に出すので、二人の場合は本を担当するのですが、
他のジョブの装備がもう少し充実してきたら、ポイント稼ぎのサポートもしていけるようになることが
その先の層に進む足がかりかなと思ってます。

あと黒さんもログインタイミング次第だけどそろそろアルヨルに参加してもらえそう!
三人だともっと進めるかなぁ。
ただ、白魔としては、どちらかというとノーマルヨルシアのほうの装備のほうが、
オグメ的には魅力が高いんですよね。
119へスムーズに移行するには被ダメマイナス欲しかったな。この辺悩ましい!

復帰者にとって、おそらくこの「アルヨル」に行くことはIL119装備が届くというところからも、
ひとつの目標になると思います。
次々と司令官のようにNPCを呼び出して戦わせたり、呼び出しポイントに余裕があるときは
敵の種族との相関関係を意識して呼び出して戦わせるのが結構楽しいですよ。

と、まぁこんな感じですね。
あとは戦士さんが今後を見越してナイトを強化してくれているので、
そのこともあって、裏にもシーフでトレハンをつけにちょくちょく行っています。
装備も「あれを狙いに行きたいね!」とか、三人で相談しつつ色々回っています。

今後の目標はとりあえずアタッカーになる戦士さん、黒さんの装備をグレードアップですね。
私ももちろんグレードアップさせなければならないのですが、
二人に比べると若干装備の強化という面では現時点では緩めかなと思っています。
あとは今後のプレイで有利になりそうなキージョブを私が持っているので、
そちらの装備も徐々に整えたいんですけど、
今後のFF11の展開を考えるとどこまで力を入れるといいか、
少し迷っている部分もあるといえばあるんですよねー。

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/389-8c7fd278
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)