相性最悪の二人がどうなっていくのかが見所?

レベルキャップ開放に伴う、ジョブクエスト。
白魔道士のときと同様にこちらも導入クエストとなっています。

東部森林でジェアンテルと話すことでまずはスタート。
ある種のトラウマから抜け出し、今は神勇隊で後進の育成に励む彼が、
プレイヤーにもさらなる成長を遂げさせようと助力してくれる事になりました。

早速グリダニアへ。
ジェアンテルの隣には、まだ若く、まっすぐな人なんだろうなぁと思わせる
サンソン大牙士がいました。

サンソン大牙士

彼はプレイヤーが「素晴らしい」詩人であるプレイヤーに素直に敬意を示します。
(ごめんね、パッチ2.5時代の装備で……おまけにいまだに戦記武器なんだよね……)
実際の自分の詩人装備と、「素晴らしい」と呼ばれることに対するギャップへの
良心の呵責に耐えつつも、彼の懸命に訴える姿を見つめます。

彼は「戦歌」をもっと活用するべきだという持論をもっていました。
さらに、自らの調査で戦を終わりに導く「終焉の戦歌」の存在を知り、
神勇隊に「戦歌」の有効性を知ってもらい、新たな部隊を作りたいと語ります。

そのための協力を得るために会談が行われる
弓術士ギルド奥の神勇隊司令砦の中に入って詳しく話を聞きます。

(私、まだ指名手配中みたいなものなんだけどな……。
いや確かにセンナ様のおかげでウロウロ出来てるけど、
こんなとこ入っちゃって平気なのかな。
ていうか、ウルダハ関連のジョブクエとかはこのあたり考慮されてるんだろうか……)

と、ものすごーく余計なことを考えながら、お話を聞いていると、
サンソン大牙士は、「終焉の戦歌」はクルザス地方の西方(要はイシュガルド)で
伝承されているらしいので、調査に同行する吟遊詩人を派遣して欲しいと訴えています。

ですが、簡単には首を縦にふらない師団長。
サンソン大牙士自身が過酷になるであろう旅に耐えうるか、
腕試しをしたいといいました。

ジェアンテルから改めてサンソン大牙士の旅に力を貸して欲しいと頼まれて、
腕試しの敵である「バラノス」のいる東部森林へと向かいます。

バラノスを無事に倒し、安堵したのもつかの間、後ろからさらなる敵が!
そのとき、数本の矢がすばやく敵を射止めました。

ギドゥロ現れたのはいかにもキザというか、
世の中を斜めに生きてきましたといった感じの
エレゼンの男性。
常に小ばかにしたように右の口角を上げているのが印象的です。
彼の名前はギドゥロ。
彼もまた調査隊に任命された人物のようなのですが、ギドゥロを見たサンソンはくるりと背を向けてしまいます。

ギドゥロ自身も「終焉の戦歌」などには興味はなく、
ただ、森を離れて腕利きの詩人と旅が出来ることが魅力だと感じているに過ぎませんでした。
ちょっといい加減そうに感じるギドゥロですが、ジェアンテルも彼の能力は随一であると保証します。

サンソン大牙士
「……能力だけは、ですよね。
神勇隊の「矢色のギドゥロ」、噂は存じ上げています。
腕は立つが性格に難ありの問題児……としてね!!」


確かにぱっとみた感じだけでも、サンソンとは相性が悪そうなのは分かります。
ですが、ギドゥロは一応ジェアンテルに対しては、
言葉こそ悪いものの、ちゃんと敬意を表しているように見えます。
おそらく実力主義といったところなんでしょうけれど……。

グリダニアに腕試しを無事に終えた報告に行き、
いよいよイシュガルドに旅立ちますが、相変わらず互いに背を向けたまま。

ジェアンテル
「まるで性格の違うふたりだが、詩歌を愛する気持ちはともに本物。 」

(旅に出たあとに話しかけると聞ける言葉です)

イシュガルドについたあとも、情報収集にいそしむサンソンと、
新しい都市の空気を感じようと、まずは酒場にいってしまうギドゥロ。
二人のアプローチはまったく違うやり方でスタートしました。

なんか着替えててズルい!

というか、二人ともちゃんとイシュガルドモードに合わせて着替えてるし!
私だけ……。もう、すっかり置いていかれてますねw

見事なほどに対照的な二人がこの先どうなっていくのか……。
んーー、なんか「終焉の戦歌」の正体が、ちょっと分かってしまった気がします。

次はレベル52です。今後はイシュガルドでクエストを受けられるのがいいですね。
白魔道士も場所こそ違いますが、どちらもエーテライトからすぐっていうのも楽なポイント!

いまだにジョブクエストは白魔道士と今回の詩人しかクリアしていないのですが、
蒼天のジョブクエストは「成長」がテーマになっているのかな。
他のジョブに手をつけていないのでまったく分かりませんし、
なにせレベルも上がっていないので、今後の展開が分かりませんが、そんな気がしました。


← 前のクエスト「命の賛歌」
  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/393-eb8b4a0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)