少しずつ海に近づいてきています

先日の「紅蓮祭 2015」という記事で、
美しかった海岸がすっかり散らかってしまっていたりと、へんなところリアルです。
と書きました。
正直にいうと、この砂浜を見たときには、
こんなところリアルに作らなくていいのにって思っていたんです。
ですが、どうやらこのイベントにはちゃんと続きの展開があるみたいなんです。

今回のイベントクエストでは、
「コスタの海は俺達のもの!祭りなんてなんだ!荒らしてやるー」
と、主張する海賊に対して、名うての冒険者であるプレイヤーが
「どうせなるなら冒険者になろう」(全体的に端折りすぎですがw)
と、改心させるというお話だったのですが、少しずつですがその効果が出ているのでしょうか。

最初、お店のそばの柱の所に立っていた、
ミコッテとララフェル女の子の二人組(告知イラストのモデルさんですね)は、
現在、少し砂浜のほうに近づいてきています。

シ・ユルワン(ミコッテ)に話しかけてみると、
「海賊たち、ちょっと減ってきたかしら?
花火が上がるまでに、もっと近づけたらいいんだけどな~。」と話してくれます。

海賊たちに注意するライフセイバーっぽい人も

ほかにも、海賊たちに注意をしている様子のライフセイバーのような男性もいます。
あと、砂浜全体を見渡すと、心なしか、すこーしきれいになったかも?

クエストの中でも
「荒れる海賊たちの対応や、汚された砂浜の後片付け、
招かれざる獣人や魔物の排除といった仕事だよ。」といわれて、
その作業(FATE)に取り組むように言われます。

それらに対応した紅蓮祭用のFATEが発生しているので、
そのクリア数に伴ってなのか、それともある程度は時間経過なのか分かりませんが、
シーズナルイベントってどうしても最初のうちは人がいるけれど、
徐々に人が減っていっちゃって寂しくなりがちなところに、
こういうのを織り込んでおくっていうのは結構いいかもしれないですね。
(それでも参加者が少なくなっちゃうのはこれはもうどうしようもないです!)

砂浜を見渡すと、今回の紅蓮祭に伴って新規配置されたNPCが他にも何組かいます。
すでに初日から動きが変わっているNPCもいましたが、
良かったら実際に見に行ってみてください。
それぞれのFATEなどに対応して、その後のそのNPCたちの動きが変わってくるとかだと
少々大変ではありますが、面白そうですね。

個人的にはコスタで花火が見られるといいのになぁと思っていたので、
最終日近くなるとコスタで大輪の花火が見られたらいいなぁなんて思っています。


■ 関連記事
1. 「紅蓮祭 2015」
2. 「続き、気になりませんか?(紅蓮祭2015)」 ← 本記事
3. 「もうすぐ見られるかな?(紅蓮祭2015)」
4. 「紅蓮祭2015 〆かな?」

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/400-2939bf33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)