ウスティエヌと切磋琢磨していくことに

蒼天では主人公ともいえる「竜騎士」のジョブクエストです。
とはいっても、私自身、蒼天の前になんとかレベル50にしておきたいと思って、
本当に「上げただけ」といった感じになっちゃっています。
クエストのクリア大丈夫なのかなぁと思いつつ、アドネール占星台にいるアルベリクと会話。

イシュガルド領内で猛威を振るうドラゴン族の対応を
教皇庁直属の竜狩り専門部隊である「竜騎士団」が行なっているのだそう。
ただ、少数精鋭ということもあり人手不足で、
ホワイトブリムで交戦中の部隊の手伝いをして欲しいという話でした。

急いでホワイトブリムに向かったところ、そこには倒れた竜騎士たちが。
救助しようと近寄ったところ、出てきたのは「ホード・アウトフライヤー」というドラゴン。
否応なしに戦うことになった冒険者。
敵が一体だけというのが不幸中の幸いといったところです。

ドラゴン一体との戦闘です

SSを見て頂くと分かりますが、私自身は装備が満足に揃っておらず、
戦記装備がメインです。ウェザード(IL100)の部分も多いです。
ただ、このくらいの装備でも問題なく戦えます。攻撃もちゃんと当たりますので、
竜騎士メインであげてきたばかり……といった方でも大丈夫です。

やや場所が狭いというのと、
位置取りによっては段差で思うように動けないということが
あるかもしれませんので、その点だけ注意かな。
あと周囲の敵は普通に絡んできますので、
あらかじめ倒しておけば気にせず戦えていいかも。

おそらくですが、蒼天を契機に追加されたジョブクエストの導入部分については、
戦闘がからむものの場合、ファーストジョブで、且つ、レベル50になりたてであったとしても
問題なくクリア出来るように作られているのではないかと思います。
私が現時点でレベル50になっているジョブの中で一番ILが低いのが、
多分この竜騎士なので一応「大丈夫そうだよー」ってことで書き残しておきます。

無事に敵を退けると、遅れてやってきたアルベリク。
そして、一緒にやってきたのがウスティエヌという女性の竜騎士。

ウスティエヌはレベル40のクエストで出てきたNPC。
その後はAFをくれるときにも一度お会いしたかな。
実はウスティエヌから
「その顔は私のことなど憶えていないようだな?」といわれて図星でした。

ウスティエヌは冒険者のことを、
「冒険者としての戦闘の経験と竜騎士としての戦い方が融合し、
イシュガルドの竜騎士たちとはまた別の強さを持っている」と表現しました。
そこで、その腕を見込んで、血竜「グラウリー」討伐を命じられている
ウスティエヌを自身を指導して欲しいと。

アルベリクからも、ウスティエヌを指導することが、
冒険者自身の強化にもつながるだろうと後押しされてしまいました。
確かに人に教えるっていうのは、自分の知識や理解をしっかりと固めるにはいいですしね。
アドネール占星台に改めて赴き、指導を引き受けることにしました。

といっても、ウスティエヌ自身も相当な使い手のようで、
どちらかというと、二人で切磋琢磨してがんばっていきましょうといった雰囲気でした。

いつかLB3もうってみたいなぁ!


← 前のクエスト「蒼の竜騎士」
→ 次のクエスト 未攻略

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/412-36e2a9ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)