ドラゴンズドグマオンライン

「ドラゴンズドグマオンライン」(以下DDON)が8月31日からオープンということでプレイしてきました。

ドラゴンズドグマオンライン 公式サイト

サービス体系としては基本無料。アイテム課金制です。
PS3、PS4、Windows版で提供。マルチプラットフォームに対応しています。

このレビューでは、だいたい仲間NPC=「ポーン」を作成した程度までの印象を書いています。
またプレイヤーはPC版、キーボード・マウス操作メイン。
なので、パッドの人はまた違った感想を持つかもしれません。
ちなみに、ジョブはプリースト(もしくはハンター)でプレイしています。

私自身、まだすべての操作や仕様について把握しきれていないですが、
現時点での感想を書いてみます。

■ MMOじゃないよ!
まず最初に……このゲームはMOです。MMOではありません。
DDONはサーバーが細かく「ゾーン」に分かれており、そのゾーンを上限100人でプレイします。
MOの有名どころではファンタシースターオンラインなどがありますね。

サーバー、ゾーン間は自由にプレイヤーが移動でき、
たとえば、サーバーAのゾーン1にフレンドがいたら、
そこが100人定員いっぱい収容されていない限りは移動して合流することも出来ます。

■ キャラメイク
かなり自由に細かく設定できます。体型も自由自在です。
ただし、出来上がるキャラはよくも悪くもリアル系といいますか……。
FF14のミコッテみたいなキャラは絶対に出来ません。

この辺は好みが分かれるところでしょうけれど、
キャラクターをはじめ全体的に「汚し」が入っています。
なので、女性キャラを作ったときに「お肌つやつや」とかありません。
がんばって透明感をだしてみたつもりでも、足や腕にはしっかり汚しが入っています。
まぁ、カプコンはもともと女性キャラいまいちですよね。モンハンしかり。

あとは細かいことですが、表情のパターンが不自然です。
一番感じるのは「笑顔」なんですが、
男性キャラはそこまで違和感がないのですが、
女性キャラは皮膚を引っ張って吊り上げたような感じの動かし方をしているせいか、
口元によってはV字のように見えることもあり、違和感ありまくりです。

後悔しないキャラクリをする際にはぜひ表情もチェックを。

■ 初期ジョブは4つ
ジョブは現時点で8つ公開されていますが、
最初に選べるジョブはファイター、ハンター、プリースト、シールドセージの4つのみ。
一定条件をクリア後、シーカーとソーサラーが選べるようになります。
そして、エレメントアーチャーとウォーリアーについては、現時点では未実装。
実装予定は2015年秋~冬です。
エレメントアーチャーをやってみたかったので残念!

なんでこんなポーズなのw

さて、DDONですが、一言でいうと
「操作感の悪さで相当損をしているゲーム」です。

とにかく操作性が悪く、UIがひどいです。
ゲーム内だけでなく、ランチャーから「ちょっとこれは……」と言いたくなるレベル。
PC版はついでに作ったといわれても仕方ない状態です。
最近のゲームなら当たり前についているキーコンフィグもありません。
HUDも出来るのは拡大だけ。それもすべてのHUDが一括でドカーンと大きくなります。
自由なレイアウトにも出来ません。ログウインドウすら動かせないです。

テルに答えたくても、あっち押して、こっち押してやっとお返事が出来ます。
ただ装備するだけなのに、あっちあけたり、こっちあけたり。
いちいち「キャンセル」や「×」で閉じたり。
タブの移動もいちいちPageUpとDownを押しにいくとか。
それならマウスで選択するほうが早いってなっちゃうんですよね。

使用されているアイコンも機能が違うのに同じアイコンを使用していたりで、
直感的な分かりやすさとは無縁です。

初期設定のショートカットの状態

FF14の設定の豊富さ、レイアウトの自由さに慣れていると、この辺りはストレスになるでしょうね。

私自身はすべての操作をキーボードで完結させたいプレイヤーなのですが、
そもそもそういうレベルではありませんでした。
それでもせめて、マウスとキーボードで使いやすいものに仕上がっていればよかったのですが、
残念ながらそうではありません。

友人がパッドでプレイしていますが、そちらはそちらで色々と問題があるようです。
ただ、それでもまだパッドの方が操作しやすいと思います。
とりあえずあまりキーボードを使うことは考えられていないUIであることだけは強調しておきます。

CtrlやShiftを押しながら右クリック、左クリックとか、
ホイールをまわして構えの変更、元の構えに戻すにはまたホイールをまわして……とか、
ダッシュするのに「W」キー二回押しとか。

ただし、初期ジョブのうちハンターだけはマウス・キーボードのほうが
扱いやすいかもしれません。

戦闘はノンターゲット方式で、とにかく敵を正面にとらえていくので
カメラをぐるぐる回す必要があります。
ですが、カメラの操作性も悪いのでちょっと辛いですね。
酔いやすい人は注意が必要です。

広大な景色なんですが、誰もいません

少し変わったシステムとしては、大型の敵と戦うときに、「敵につかまる」という動作があります。
敵によじのぼって攻撃したり、揺さぶって疲労させたりといった感じなのですが、
パーティプレイなどではこのあたりが出来るか出来ないかで難易度が大きく変わってくるようです。

そのパーティプレイですが、
実際にパーティを組めるようになるまでが少し遠いです。
レベル7~8くらいになると、「ポーン」と呼ばれる
一緒に戦ってくれるNPCを作成することが出来ます。

新たなプレイヤーを一人作る感覚で作成すると、
ジョブも自由に選べますし、ジョブチェンジも出来ます。
スキルを覚えていくのも、ちゃんとポイントを割り振っていかなければなりません。
このポーンを作成したあとから、いよいよパーティプレイ解禁です。

ポーンは他のプレイヤーにレンタルすることも出来、評価項目なんかもあるので、
どんどん使ってもらえるとうれしいでしょうね。

ただ、このポーンなんですが、全体的にAIがおバカさんです。
ある程度はプレイヤーが指示を出すことも出来ますが、
それでも敵のまわりをうろうろするだけ……なんてこともあります。
この辺の仕様はFF11のフェイスを見習って欲しいくらい。
ま、長い目で見ればいいんじゃないでしょうか。

■ プリースト
少しジョブに限定したことを書くと、
このゲームにおいてプリーストはバッファーみたいな動きになります。
その一番の理由は、このゲームにおいて最大HPはどんどん削られていくものだからです。

どういうことか分かりやすくいうと……
「予想よりも大きなケガしちゃったから体力減っちゃった!」といった感じ。
HPゲージ
HPゲージのSSを見てもらうと分かるのですが、本来はゲージいっぱいがMaxHPです。
ですが、現在この緑色に塗られている部分が今のMaxHPなのです。
現時点で私が知る限り本来のMaxに戻すには宿屋にいくか、薬を使わないと戻りません。
プリーストの回復ではこの緑色のゲージ内でしか回復が出来ません。

パーティプレイでは敵の弱点を暴くことも出来るし、味方を攻撃面、防御面でも強化出来、
もちろん回復も必要な部分があるでしょうから、まったくいらないという訳ではないのですが、
ソロプレイも弱く(これはある意味当然な部分でもあります)、
頼みの回復面も微妙となると、ちょっと序盤ではきついと感じる人も多いかもしれませんね。

とりあえずは、プリーストについてはファイターの友人とプレイしているので、
少しパーティプレイの経験を重ねてみたいです。
回復ジョブはパーティでこそ生きるべき!と思っているので。

ちなみにハンターのほうが(まだプリ以下のレベルですが)遊んでいて楽しいです。
雑魚戦は「敵が小さい=的が小さい」なので少し面倒ですけど。
敵の弱点をついて攻撃するとダメージが明らかに跳ね上がるのでちょっとうれしいですね。

本当に操作性がもう少し良くなるだけで、
初見バイバイな人が減ったんじゃないかと思うくらいです。
ゲームそのものの内容などはまだそこまで遊んでいないし保留で。

ただ、現時点で課金までするかというと微妙ですね。
PCならば無料でDL出来ますし、無課金でたまーに気分転換に遊ぶくらいだったら、
まぁインストールしたままでもいいかなと考える程度です。

  
コメント

まず、アイテム課金制ではなく、ゲームを多少有利に進めるゲームコース課金制
ガチャ的な遊びの課金もあり
基本は、全てのゲームコンテンツを無課金で制限なくプレイ出来る。
景色やエリアなどに関しては、オープンワールドと称されているが、基本的にはエリア隔離条件を解放しながら行動範囲を広げるゲーム。
前作をプレイしたユーザーで、風情のあるユーザーなら、今作は、些か殺伐とし過ぎな印象を抱くかも知れない。
オンゲの要に当たるコミュニティー部分は、正直なところ、FFの比較に成らない程最悪な仕様。【現代ユーザー志向も拍車をかけ、更に最悪な現状】
FFのマッチングに当たる部分のクイックマッチは、挨拶すらしない。個々に勝手な行動を取るユーザーが多く見受けられた。
この時期にまさか!と思える程、ドグマオンが初のオンゲ参戦ユーザーが多いゲームでもある。
【ある意味、製品化当初FF14も同じ事は言えたが…】
決して広大とは言い難い【一本道のエリア隔離フィールド】を、大型モブを警戒しながらただ走り回る【お使いゲーム】
そのシステムも手伝い、PT戦は大型狩りマラソンが安定し、逆にソロには、地獄の即死叩き売り【蘇生アイテム課金制】で、ただ辛いだけのゲームになっている。
元々の前作を期待してやるユーザーには、残念な結果として印象を残すハズ。
現実に、今現在ほぼ全てのサーバーのログイン数が、基本無課金にも関わらず、1桁に満たない過疎り振り。
このままの運営方針で行けば、長く持たないゲームではある。
孤高の狩り人│URL│10/06 22:27│編集

悪い内容ばかり挙げたが、前作の基盤が完成していた部分を多少継承している為に、PT戦で【お互いを助け合えるメンバー】が居れば、かなり面白いゲームではある。
要するに、どんなゲームでも【ユーザーがそのゲームの価値観を作る】と言う事。
ゲームを良くも悪くもするのはユーザーの心次第である。
オンラインゲームとは【ログホライズン】
即ち、先人が記録を残し、新たな新規開拓者の道標を残し、その継承を伝え続けて繁栄するゲームがオンラインゲームである。
現時点で過疎る現状を作ったメーカーの問題なのか?あるいは、すぐ飽きる世代に似合わない内容なのか?
それは、ここの気の持ち様である事と思いたい。
孤高の狩り人│URL│10/06 22:45│編集

■ 孤高の狩り人さん
初めまして、コメントありがとうございます。

> まず、アイテム課金制ではなく、ゲームを多少有利に進めるゲームコース課金制……(略)
ご指摘の「アイテム課金制」という表記については、公式で表記されているものを
そのまま書いています。
なので、そのままとさせて頂きたいと思います。ご了承ください。
孤高の狩り人さんのおっしゃりたい意味は良く分かりますよ。

文中にも書かせていただきましたが、この記事自体はDDONをプレイして
間もない時に書いたので、その後のプレイ状況で感じ方には色々あると思います。
この記事を書いた時点では知りえなかったことも沢山あります。
現在もフレンドと一緒にのんびりと継続してプレイしているところですが、
楽しい部分もダメだなぁと思う部分と両方見てきました。

孤高の狩り人さんも色々とご覧になっていらしたのでしょうね。
コミュニケーションの件などおっしゃるとおりだと思います。
前作は未プレイなので、前作の雰囲気なども参考になりました。
れあるー│URL│10/07 01:48│編集
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/416-283d67d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)