ミッション終了後記念撮影

アドゥリンミッションを終えて……。

初期の導入が非常にマズかったアドゥリンディスク。
そのせいでなかなか正当な評価がされにくかったと思うんですが、
今、こうして終えて振り返ってみると、ミッション内容についてはとても良かったと思います。
アドゥリンでかなりの人が脱落したのも知っているので、
かなりの人がこのミッションの終わりを見ることなく引退された訳で、
それだけにもったいなかったよなぁと思ってしまいました。

さて、今回はミッションの感想なので、そちらの方をメインに。

過去ディスクの中では初期・ジラート・プロマシア、あと石夢あたりは
抽象的に表現されている物語の部分も多く、
そのために分かり難いところもあったとは思うのですが、
アドゥリンについてはとても分かりやすく
ストーリーの理解もしやすかったのではないかと思いました。

これまでが「ヴァナディールの危機」という中で動く中、
アドゥリンではもう少し狭く「ウルブカ」(その先にはヴァナの危機にも繋がりますが)
という場所が舞台になったことで、ややスケールダウンしてしまったと感じた人も
多い方思いますが、その分よりその世界で生きる人に密接な危機を救う存在として
冒険者は動き回ることが出来ました。

ストーリーのまとめの感想にも書いたのですが、
選択肢などもユニークなものが多くて、たとえ結果が同じであったとしても
「私がこれを選んで、こう行動した」と思わせてくれるのは、
本当にRPGとして大事だと思います。
そういう選択肢がこれまでになく多かったミッションでした。
(ちょっと最後の方は選択肢が減っちゃった感が否めないですけどね)

アシェラ

登場人物が多いわりには、
ごく一部を除いて、キャラクターが立っている人が多かったので、
すんなり覚えられてその点も良かったです。
また、一番肝心な「ヒロインと一緒に行動している!」という感じは
アルタナディスクと同様にすごく体感できました。

本作ではアルタナ以上にさらに一緒に行動してくれるNPCが増えたといった感じ。
モリマー、ダラクァルン、テオドール。
主に後半から参戦してくれた仲間ですが、なぜか実際に共闘した機会以上に
一緒に戦ったなぁといった気分になりました。

とくに中盤以降は続きが気になって仕方なかったので、
実装当時にプレイしていたら、
次のバージョンアップが待ち遠しくて仕方なかったんじゃないかと思います。
出遅れたのがいい方に作用したのか、
進めたいときに進めたいペースでどんどん進めたのは個人的に良かったです。

後半はやや駆け足気味になったというか、
もう少し描写が欲しいなぁと思ったところがあります。
特にメルヴィアン(ハデス)周りの話は現在別クエストで一部実装されていますが、
ミッション内でもう少し分かる描写が欲しかったですね。

バトルはさすがに今の緩和状況でプレイしたこともあって、
そんなに苦労したというのはなかったのですが、
復帰組でも十分に楽しめましたし、
(復帰組は)前知識なしに行ってちょうどいいくらいで楽しめるんじゃないかと思います。

最後にヒロイン「アシェラ」について。
恐らく最初で最後のプレイヤーに恋愛っぽい要素を持ち込んだNPCです。
(これまではどんなに仲良くなっても「親友」とか「大切な仲間」といった範疇だった)
あくまで「ぽい」なだけで、もちろん「友情」と置き換えることも可能なんですが、
かなり狙ってきたという印象は受けました。
あまりに狙っている部分は少しやりすぎ感を感じた部分もあるのですが、
モーションのひとつひとつが丁寧に作られており、彼女の反応を見る楽しみはありました。

本当に良い子で、自分からも積極的に動いてがんばってくれる子だったので、
お姫様に命令されて動いているだけという感じがなく、
ストーリーの面白さに引っ張られていることもあって、こちらもどんどん動いていけました。
(それだけに実装当時の強制的に足止めされたりした状況
-必要アイテムが手に入りにくい、レイヴで足止めされる等-がもったいなかった。)

ダラクァルンが気に入ったのです

アシェラもお気に入りだけど、個人的にはダラクァルンが好きです。
顔はトラなので怖いんだけど、なんか犬並みによく懐いてくるネコみたいでw
感情が爆発して特攻して罠にかかるところも、拍子抜けしたのは確かだけど、
そういうところも嫌いじゃないです。
最近、モリマーと共にフェイスにもなったので、
冒険者のそばで活躍しているダラクァルンも沢山いるかもしれないですね。

アドゥリンMについては公式サイトにて
「アドゥリンの断章」という読み物も公開されています。
注目は「メルヴィアンの手記」です。
これらを読むとますますさらにストーリーの理解が深まりますよ。
一度も見たことがない方はこの機会にぜひ!


-------------------------------------------------
報酬はすごく悩みました。
ヴォーケインリング
→ 被ケアル回復量+5% 被ダメージ-7% ノックバック軽減+2
シュネデックリング
→ 移動速度+18% レジストペトリ+15 レジストバインド+15 レジストグラビティ+15
ゴーニーリング
→ ギルスティール+1 トレジャーハンター+1 ぬすむ+2 かすめとる+1
ウェーザーリング
→ 魔命+10 ファストキャスト+5% クイックマジック+3% 光属性魔攻+10
ジャニストンリング
→ MP+40 敵対心-7 ケアル回復量II+5%
一番最初はこの辺で悩みました。

で、最初に消えたのがジャニストン。
どうみても完全に白魔しか使えなくて、
自分の装備などの組み合わせから検討したところ
今必要なものではないなぁということでスルーに。
いい装備なんですけどねー。

なので、本命はウェーザーリングだったんですが、
「なぜクイックマジックを入れたー!」と叫びたい気分でした。
QMがなかったら出すジョブの傾向からいってコレを選んだ気がします。

ゴーニーリングはシーフを出す機会が増えていたので、
手っ取り早くトレハンを……と思った(あとは唯一品という魅力もありました)のですが、
これも、トレハン装備が少しずつ充実してきていましたし、
トレハンも上限がある+ピンポイントでなくメインに使えるものが欲しい
ということでパスすることに。

で、残った二つで本当に悩みました。

ヴォーケインは「被ダメマイナス」が本当に魅力的で、
守りの指輪が手に入らなければ絶対にこれって決めてました。
守りの指輪が手に入ったからこそ、余計に悩みました。
良オグメの「GE+1装備」も持ってないので……。

でも結局シュネデックにしました。
すべては移動速度+18%のため!
というか、いつでもどこでもどのジョブでもありがたい唯一性能
というところに魅力を感じました。
多分、戦闘だけを考えたらヴォーケインにしてたかなぁ。

他の指輪もいいものが多くて悩ましいですよね。
皆それぞれのスタイルで選べるし、
私のシュネデックにしても、対価を払えばもらい直しすることも出来ますしね。
使って一ヶ月程度経っていますが、満足していますよー。

と、報酬も含めてアドゥリンM楽しかったです!

二垢さんも一緒に

一緒に進めてくれたフレ二人+フレの二垢ちゃんにも感謝。
おつかれさまー!

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/477-8c07029c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)