今更……だと!

FF11、最後の「メジャー」バージョンアップ。
星唄最終章、イオニックウェポンの追加……それらを差し置いて、
多分一番話題になったのはきっとコレ。

「甲虫族の右前脚の向きが調整されました」

な、なんだってー!!

もう、ずっとずっと言われ続けて、それでもなお、頑なに直ることはなく、
DQ10でズワイガニの足の向きがおかしいのをプレイヤーから指摘され、
それが修正されたときにも、ヴァナ民では「ヴァナのカブトの脚は!?」と
話題になるものの、開発は動かず!
もうこれは「ヴァナの名物」なんだと皆が納得していた……ような気がする甲虫の脚が
なんと今更ながらに修正されました。

もうね、一番に見に行きますよね。当たり前ですよね。

普通になってる甲虫の足

うわぁぁ、普通になってる。
これが自然な姿。そう、これは自然な姿。
でも「大事ななにかを失った気がする……」。(アシェラのボンネ【スペア】より)
それはヴァナの甲虫のアイデンティティでしょうか。

かつてはどんな姿か見てみましょうと思って、以前に何枚もSSを撮った覚えがあったので、
フォルダをあさったのですが、あまりに古いデータ過ぎて見つけられなかったので、
「FF11用語辞典」さんにあったSSをお借りいたしました。

かつてはこんな感じでした右前脚が後ろ向きについてしまっているんです。
実はこれ、Windows版(とXbox360版)に発生していたことで、この変なグラフィックの状況って、他にも沢山あります。

有名なのはウィンダスの釣りギルドにある水槽の魚がおなかを上にして泳いでるとか、
ルフェーゼのドラゴンが飛んで来る湖にいる水鳥がいつも後ろ向きに進んでるとかかな。
このへんはFF11をプレイしている古いプレイヤーさんであるほどおなじみですね。

Win版ユーザーにはおなじみすぎる光景 FF11釣りギルドの水槽
↑ よく見るとみんな死んじゃってるんデス。

ほかにも細かいところを挙げれば、ウィンダスの石の区のちょうちょの翅のつき方がおかしいとか、
なぜこんなことになっちゃうのか分からないような不思議な現象があります。

こういうの色々調べていたころは楽しかったなー。

21時から放送された「もぎヴァナ」では、この脚の修正をしたことで
アピールしたくイベントを作ったというお話がありました。
そういうノリ嫌いじゃないですw

今回の「もぎヴァナ」では、イベントシーンの作られ方など裏話などもあって、
FF11においては少し珍しい感じの放送になりました。

番組の最後では今後のFF11についても色々と触れられていました。
FF11のメインバージョンアップはラストではあるものの、
今回のバージョンアップで検証の都合などで入れることが出来なかった部分を
12月ぎりぎり上旬くらいにバージョンアップをするということ。
(その際にあわせてイオニックウェポンの取得で倒す敵なども配置されるそうです)

そして、3月でサービスが終了するPS2、Xboxユーザーに感謝して、
最後に楽しんで頂けるようにと2月中にバージョンアップを行なうそうです。

さらに4月以降については、
マイナーバージョンアップでの運営継続というのを強調されていました。

今後もまだヴァナは終わらないということですが、
ひとまずはスタッフの皆さん、ありがとうございました、そして、お疲れ様でした。
これから星唄最終章、そして、
まだ遊んでいない要素をもうしばらく楽しませて頂きたいと思っています。

FF11プロデューサー・松井聡彦氏
「冒険者の皆様へお知らせ (2015/11/10)」

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/489-5bf0eaad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)