先日、友人からFF14の雲海探索に関する愚痴(主にヒーラーのロット関係)を散々聞いた直後に、
ファミ通での「ドロップ下げます」というインタビューを見て、
ちょっと書きたいことがあったのでまとめていたところ、
11月25日に本件を含めたHotFixがあたったようで、
ついでにフォーラムに吉田P/Dのコメントが掲載されました。

「FFXIV 雲海探索についてのコメント その1」

私は蒼天以降まったくメインクエストも進めていませんし、
当然、雲海探索も行ったことがないプレイヤーです。
なので、本来ならばあまり語るべきではないのかもしれません。

ただ、失礼ながらこれを読んで
「あぁ、この人はハクスラをわかってない」ということと、
「そもそものコンセプトからしてブレてる」、
そして一番問題である「プレイヤーにとっての一番の問題点がわかっていない」と思いました。

さて、吉田P/Dがコメントを寄せた上記のスレッドで投稿をしている人たちの
コメントの中にちょくちょく「アビセア」という言葉が出てきます。
FF14しかプレイをしたことがない方に、今回はアビセアについて書いてみようと思います。

先に書いておくと、「アビセア」は、当時「旧FF14」の発売を控えていたこともあり、
FF11にとってのアビセアは明言されたわけではなかったものの、
「最後の大盤振る舞い」というコンセプトで実装されたものでした。
なので、これ以降FF11の従来の「レベル上げパーティ」を崩壊させたとさせたことや、
装備品の価値観がずいぶん変わってしまったことなどから、
プレイヤーからは賛否の多かったコンテンツであることをお断りしておきます。



石いる?
↑ アビセアに行くには通称「石」と呼ばれるものが必要だった。

さて、アビセアとはFF11で実装された拡張バトルコンテンツで、
入場はレベル30から出来、基本的には時間制限があります。
特に人数制限などはなく、ソロからその気になれば複数のフルアラが
混在して遊ぶことも可能です。
もちろん、パーティメンバーの補充も自由、途中抜けも自由です。

また初期から使用できるわけではありませんが、
アビセア内のみで有用な強化をもらうことができ、
これらはプレイヤーによって任意につけることが出来て、
非常にアビセアでの戦闘において有利になります。

特別な強化をもらって無双も可能
↑ HPとMPだけでもこの強化。当然STRやINTといったステータスなども底上げされる。
また任意に3つだけ付与できる「アートマ」というものがあり、
それによってジョブに見合った強化をつけることが出来た。


アビセアには一定の生息域ごとに配置された雑魚モンスターがいます。
基本的にはこの雑魚を狩って、経験値を稼いだり、
のちのち得られるトリガーなどを使ってNMを倒したりします。

この雑魚戦が少し特殊で、その生息域で同じ名前のモンスターが狩られるペースによって、
同名のモンスターが少しずつリポップが早くなり、また強くなっていきます。
また合わせて経験値ボーナスなども増えていくので、
雲海探索でいうと「定点狩り」と呼ばれていた状況が推奨される仕様となっています。
(途中で違う名称のモンスターと戦うとかえってマズい状態になる)

雑魚は倒すことによって普通に経験値などをくれますが、それ以外に時々宝箱を落とします。
その宝箱には「経験値」「アイテム系」「活動時間の延長」
「アビセア通貨(クルオ)」「光」などがはいっているのですが、
とどめのさし方次第で、いくつかの光のパターンがあり、
その光の強度(上限あり)によって宝箱の出現率や、中身の傾向を
コントロールすることがある程度可能です。
宝箱の中で「光」とあるのは、その光の強度をプラスさせる箱ということです。

宝箱はわりと簡単にドロップする
↑これはまだアビセアに入りたてで最低ランクの箱の状態。
ランクが上がると経験値なら1250expまでもらえるようになる。(当時としてはかなり効率がよかった)


したがって、「今日はレベル上げ!」というパーティならば
まずは箱の出現率が上がるようにようにとどめをさしつつ、
合わせて活動時間延長や経験値の箱が出やすいように行動する
といった感じで活動します。
FF11では「メリポ」と呼ばれるレベルカンスト後もキャラを育成する要素があるため、
レベルがカンストした人にとってはこの「メリポ」を稼ぐためにも利用されていました。

つまり、雲海探索でいうと、「今日はアイテム取り!」というパーティなら、
箱の出現率を上げる、時間延長を取る、アイテムの箱が出やすいようにする……
といったコントロールをしながら遊ぶことが出来ます。

さて、レベル30から入場可能と書きましたが、
この一番基本となる雑魚戦であってもレベル30の人は参加できません。
雑魚そのものはレベル75程度はないと厳しいのです。
さらに前述の仕様から、「アビセア乱獲」と言われるほどのハイペースで狩られることがあります。
そして、時間の経過に伴い、その雑魚から出る宝箱の数は相当な数となり、
戦いながら箱を開けるというのが効率的ではなくなります。

そこで必要になるのが箱を開けるための専門の役の人です。
アビセアで戦闘できるほどのレベルに満たない人は、この「箱役」として参加します。
レベル差がありますので、雑魚からの経験値はあまり見込めませんが、
それを上回るペースで経験値箱から出る経験値でどんどんレベルがあがっていきます。
(そして、これがFF11のレベル上げパーティを崩壊させたとも言わしめた部分でもあります)

さて、経験値やクルオは箱をあけた時点でパーティ全員に勝手に入るようになっています。
アイテムはどうでしょうか。
アビセアでは雲海探索のような「IL210の装備が出る!」というほどの目玉はなく、
どちらかというと小遣いになる程度のものが出る感じがほとんどです。
実際のアイテムの行方は、
パーティの戦利品枠にいれてロット勝負になるものと、そうでないものがあります。
FF11ではロット品については基本的に一切ロットせず、
アイテムが誰かの懐に入るまで放置というやり方が多かったです。要は運任せ。

そして、この「そうでないもの」が雲海探索でいうと
「IL210の装備」(神ステとは限らない)だと考えてもらうのが単純で分かりやすいと思いますが、
このアイテムについてはパーティで話し合って行方が決まりました。
例えば、
箱役の人が持っていく(箱役は宝箱をスムーズにあけるために「カギ」を負担していた為)パーティ、
何が出ようと決められた順番に分配するパーティ、などなど。

私は大勢での乱獲には参加したことがあまりなくて、
少人数でアビセアレベル上げをしていたこともあり、何が出ても順番にアイテムを分配していました。
ただ、たまに有用なステータスがついた装備が箱に入っていることがあり、
そういった場合はその装備ジョブの人に譲ることも、譲られることもありました。
それはフルパーティ以上の乱獲であっても同様で、
声をかけて欲しい人同士でダイス勝負にして取ってもらうということも見られました。

あるとちょっと嬉しいアイテム
↑ 絶対必要という訳ではないけれど、あるとちょっと嬉しいアイテム。
この装備の場合、トレジャーハンター+1がついているところがポイント。
黄色い文字の部分(この例だとCHRとトレハン)はランダムに付与される。


とにかく、アビセア帰りはゴミも含めて(笑)カバンがいっぱいになるのが常でした。

何がいいたいかというと、これくらい箱が出まくって、
その中にある良いものを選べるというのがハクスラの楽しみなんじゃないかなと思うのです。

さらに言うと、雲海探索の場合はレベル60以上、IL179以上のコンテンツです。
それ自体はゲームデザインの部分なのでどうこういうつもりはありませんが、
アビセアの場合はレベル30から入れることにより、
気軽に低レベルの仲間も誘うことが出来たのは事実です。
(個人的にはレベル30からはやりすぎたと思っている側ですが……)

また、途中からパーティに加わってもかまいませんでしたので、
先にパーティをしているところで「今からおいでよ」とフレを誘うこともたやすかったです。

フルパーティ以上の人数による乱獲のペースに疲れたならば、
少人数で殲滅速度は落ちたとしても十分稼げる程度にプレイすることも可能でした。

アビセアに突入
↑アビセアだけで9エリアあり、大まかに3エリアずつ適正レベルが設定されていた。

雲海探索はそのものズバリ(IL210良ステ付き)のものがドロップするので、
そりゃ、必死になる人も多いでしょう。
個人的にはプレイ状況が違えば、プレイヤー間の格差はあって当然だと思っていますので、
なにも零式のILに揃えなくてもよかったんじゃないかな、とも思っています。
アビセアは実装時に本当にそのジョブで必要なものはNMからしかドロップしませんでした。
そして、そういったものを排出するNMのほとんどはトリガー制です。
(通常POPのNMにしても、レベル上げパーティにとっては
「同名のモンスター」を狩り続ける必要から、NMが邪魔になることもありました。
だから狩ってくれる人がいたら嬉しいというポイントがあります。)

宝箱から出るものは「あるとちょっと嬉しいな」程度のものでしたから、
FF14のそれとは価値が大きく異なります。
なので、得られたときの喜びはFF14は本当に大きいのだと思います。

アビセアの全てがよかったとは言いがたいですし、
FF14の仕様から参考に出来ない部分も多いとは思いますが、
それでもアビセアはいわゆる「ライト層」と呼ばれる人も、「廃人層」と呼ばれる人も、
みんなでわちゃわちゃ遊べる場所ではありました。
おそらく雲海探索もそういった方向性で作られているのだろうと、
何も知らない私はそう思っていました。

アビセアではサクサク倒せる雑魚からポンポン箱が出ることと、
ギリギリの戦いでなかったことも、
プレイヤー側の気持ちに余裕があったといえるかもしれません。
一方で、本当に必要な装備を取るときはトリガーだけを持って、
厳選したメンバーで挑むということもしていましたし、
それが不要な人はそのトリガーを競売で売るといったこともできました。
なのでちょっとした金策にも繋がったんですよね。

「アビセア」とはこんな感じのコンテンツでした。


さて、この先はかなり辛口のことを書きます。
あまりそういった内容は見たくないという方はこれ以降はご覧にならないほうが良いです。
一応、改行をいれておきます。














.
もともと「ハクスラ要素」などとうたっていて、
「フィールドコンテンツ(みたいなもの)」と言い、
「みんなで(コミュニケーションを)楽しんで」とか「自由に」と言っていたにも関わらず、
人数しばり、ジョブしばり、敵は硬く、そもそもの箱もそんなに沢山出るわけではない。
ジョブによってはもろにロット勝負で……結局、対プレイヤー同士で争うことになる。
せめて箱の数を確保しようと、プレイヤーがちょっとでも良い方法を見つけたら
「想定外」「アイテム出過ぎた」といって下方修正。

むしろ問題はそこではなく、
エーテリアル装備の納品時の問題は早急に解決するべきだと思うし、
あとは敵をわかせた時点でそのパーティがFAをとったことにするという施策を
出来るだけ早く取るべきだと思います。FF11でも出来てた仕様なのにね。
それとフォーラムでも真っ先に話題にあがっていたのは「インターバル」の撤廃でしたよね。
インターバルを撤廃するだけで、パーティの自由度だけでもかなり上がるのではないかと思います。

あとは、友人から散々聞いた「ヒーラーのロット問題」です。
これは色々と難しい部分もあると思いますが、何か方法を考えて欲しいですね。
現状のドロップ率ならば、一番簡単なのは「個人箱」にすること。
多分これが一番皆笑顔になれる気がします。
もしくは「ヒーラー」でひとくくりにせず「ジョブごと」で装備を出すことなんでしょうけれど、
そうなると「沢山ジョブあるのにますます出にくくなる!」と怒る人はいそうですしね。

貢献度の件でもタンクのヘイト、ヒーラーの回復などは一切考慮されず
アタッカーによるDPSのみということなので、そりゃタンクはもちろん、
それ以上にヒーラーが稼げないのは自明の理です。
パーティの下支えをする人たちがいることが「足を引っ張る存在」のようになってしまうのは、
多分そのジョブをやっている人たちにとっては納得のいかないことでしょう。
「吉田P/Dは黒魔道士だからDPSのことしかお考えでないのですか?」
といわれても仕方ないと思います。
…… サボる人なんて、タンクだろうが、ヒーラーだろうが、アタッカーだろうが、
どこにだって存在する可能性はあるんですよ。実際のところ。

問題の一つである定点狩りにしても、突き詰めていくと
プレイヤーが狩りやすい敵にいくのは当然なんです。
その結果が「ティン周回」だったり、「まとめ狩り」だったりしたんじゃないですか?

かなりの人が「敵が硬い」と言っている以上、そのとおりなんでしょう。
一つの島に集中することがイマイチならば、もう少し敵をやわらかくして、
「○○はやってるパーティがいるからあっちいこうか」という
選択肢を増やす努力を開発がすればいい。少なくともアビセアには選択肢がありました。

アイテムの取得に運が絡むことなんて、プレイヤーは百も承知です。
「幸運」だった人は「ヤッター!」「おめでとう!」それでいい。
でもその「不運」だった人が「徒労」だけで終わらず、
「次こそは!」って思えるように出来るだけ持っていくことが、
こういうコンテンツの場合大事なんじゃないかと思います。
そういう意味でアビセアは良いバランスだった気がします。

さすがにこのままではないでしょうし、
今後もまだまだ調整されていくでしょうけど……。うーん。

  
コメント

大前提として今回の運営の想定は甘いです。その運営の甘さを責めることになんのためらいもありませんが下方修正については至極妥当と思われます。


まずハクスラとはアイテムをもとめて周回することで爽快感とか箱のでやすさとか効率の良さはハクスラであることとは何も関係せず、あなたの価値観を押し付けているだけです
ヒラ問題ですが自分はハード7人PTヒラ1で問題になったこともありません
またdpsで極端にさぼっている人なんてみたこともありません、もちろん野良専です
IL205くらいで区切ればこの辺はらくらくとクリアできるはずです
最高効率を求めるならそれなりの準備をするのは当然であり、以前の空島の仕様は特に厳しくもなんともなかったと思われます
零式と同等の装備がもらえる可能性があるコンテンツとしてはハードルが低すぎて個人的には即時修正だろうと思っており、予想どおりそうなりました
まともなPTなら黄金箱10-15は保証される以前の状況が当たり前というなら、あなたの価値観は14には合わないということになると思われます
匿名希望さん│URL│11/27 10:24│編集

■ 匿名希望さん
はじめまして。
そうですね。最初からもう少しドロップ率やバランスなどについても
考慮されていれば……と私も思います。
また、新たなコンテンツですので、調整不足だったところがあったのも想像出来ます。
せめて下方修正だけでなく、既に指摘済みの問題点のひとつでも解決した状態の更新であれば、
現在フォーラムなどで沢山の否定的な意見を寄せている人たちも、
それなりに折り合いをつけて雲海探索を楽しんだのではないかと思います。

今回、フォーラムの様子や友人の14プレイヤーに聞いた話だけからこの記事を書きましたので、
実プレイの伴わない偏りのある意見であることは否定いたしません。
匿名さんのようなご意見を持った方も当然いらっしゃると思いますし、理解も出来ます。

ただ、一点だけ反論させていただくと、
私はDPSの方が極端にサボっているとは一言も書いておりません。
どんなジョブ(タンク、ヒーラーももちろん含みます)であれ、
サボる人だっているという意味で書きました。
意図通りに伝わらなかったのは私の表現力不足です。

匿名さんの環境では、これまでも問題がなく楽しめており、修正も妥当である……ということで、
友人から聞いている状況とは異なっていて、その点はよかったなって思います。
ご意見ありがとうございました。
れあるー│URL│11/28 09:54│編集
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/504-aa69f539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)