フェイスの選択は大事です
↑ フェイスの選択は大事だよね

前回の現代編に続き、赤白ヴォッチの過去編(ジュノStep2)です。

前回と重複しますが、レギュラーフェイスはイロハとシャントットII。
盾役にはアムチュチュやトリオン。残りはなんでも枠。

最初は「Giltine」……エルディーム古墳[S]にいるコース。
範囲の魅了攻撃が厄介。近接多めだと積むパターンあり。
「デス」も忘れた頃にやってくる。バーンは-33HP/3秒なので放置はダメ。

盾はアムチュチュ。なんでも枠にテオドール。
なぜテオドールにしたかというと、普段使わないから!
あと、コース(アンデッド系)だから、
なんとなくアンデッドなテオドールさんをぶつけてみたかったんです。

範囲魅了技(フェイスに対しては無効)があるので、
私たちは遠巻きに見守りスタイルで戦闘開始。
特に問題があるように思えなかったのはアムチュチュが沈むまででした。

ちょっとした弾み(!)でアムチュチュが戦闘不能に、
その後、テオドールががっつりターゲットを取り、さすがおじさま!とはならずに、
ガシガシ削られるHPを見守るしかない私。
なぜなら、アンデッドな為プレイヤーからのケアルを受け付けないのです!
(ワルツなら回復できるよ)

当然、テオドールが消え、その後のターゲットは赤さんに。

「これはまずいw魅了されたらごめ……」
と言いかけた矢先に赤さんに魅了炸裂。

その後、赤さんの魅了はなんとかしのいで粘っていたものの、
今度はきれいにデスがヒット。そういえば、デスとかあったね……いやーこれは失敗した。
赤さんが「正直なめてた」って言ってたけれど、私もまさにそれで。
態勢的にはどう考えてもこちらの方が優位だったのに、
ちょっとしたことから崩れてしまいました。

衰弱回復を待っての二戦目。
盾はアムチュチュのままで、なんでも枠をセミ・ラフィーナに。
赤さんはスタンがんばるということで、気合を入れなおして再戦しました。

余裕だったよ!って言いたいところだけど、
あとちょっとというところで、赤さんのスタンがリキャ待ちのさなかに
敵がデスを発動してアムチュチュがまたも撃沈。
残りHPごくわずかというところだったので、追い込むことが出来て倒せはしましたが、
とにかく「油断できないね」という教訓を得ることが出来ました。

ま、数分後には忘れてるんだけどネ!

次に向かったのは
「Nympha Eunomia」 と 「Kalos Eunomia」……クロウラーの巣[S]にいるワモーラ幼虫と成虫。
幼虫はスロウフィールドがイヤなくらいで大したことはない。
成虫はとにかくイグジュビエーションを使わせないことが大事。

盾はトリオン。そして、なんでも枠にはコルモル。
事前にこの周辺でPOPする「Lugh(ルー)」というNMを倒したときに使っていた構成のまま。

Lugh

ちなみにLughとはちょっと変わった剣を持つ敵で、
倒すとその剣の素材となる剣「チップトシミター」をドロップします。
練成で「コンコーディア」になるそうです。あと称号ももらえるよ!
この戦闘では引き寄せがバグなのかなんなのかちょっと変な挙動をしていて、
赤さんと「なにこれwww」と言いながら倒したんですが……話を戻してっと。

ジュノ Step2 Kalos Eunomia

これは私が幼虫を倒したあとに成虫がわくことを
完全に忘れていた悲劇でもあるんですが、とにかく戦闘が終わらないんです。
トリオンのフラッシュもそうなんですが、それ以上に厄介なのがコルモル。
コルモルさん全力で成虫に弱体魔法を入れてくれちゃって、
イグジュビエーション(状態異常全回復+HP回復)を大連発。
おかげで、せっかくHPを半分くらいに減らしても、すぐに全快しちゃうというコンボ。
このままじゃ制限時間が切れてしまうからと、途中でコルモルには帰還してもらい、
ようやく決着がつきました。コルモルはちゃんと仕事してただけなのにごめんね。

最後は「Laidly Laurence」……ガルレージュ要塞[S]にいるサンドウォーム。
攻撃対象が変わるまでの間に与えたダメージ量によって
ダメージが上昇するゴージ・ディスゴージに注意。

盾にはアムチュチュ。なんでも枠にモリマー。
二人とも強化ばっちりかけてスタートして、
いきなりのエクストリームパーゲーション(強化などを吸収してしまう)発動。

赤・白 「あーーーこれあったね!!!」

また、このパターンかw
まぁでも、先の二種に比べたらこれは余裕でした。
ゴージ・ディスゴージも一応警戒してダメージを頭割りにするために、
すぐそばで戦っていたおかげかもしれませんが、楽に倒すことが出来ました。

ということで、これで次はいよいよStep3です。カッゲンとか出てくるよー懐かしいなぁ。

やっていて、ほとんど挙動を覚えていなかった自分にも苦笑したんですが、
なんでも枠として起用したフェイスのチョイスがことごとく外しまくってて、
センスが皆無だったのも気になりました。

前の記事にも書きましたが、範囲静寂があるのに魔法系出しちゃうとか、
今回のように状態NGの敵にそれが得意なフェイス出しちゃうとかね。
特にコルモルなんかは使いやすいフェイスなので、
別NMを倒したあとの流れで「これでいいよねー」って
そのままいっちゃったりしたんだけど……。
まぁそれでも、普段使わないようなフェイスも出せたし面白かったな。

そろそろ、なんとなくどういった敵だったか覚えているものも出てくるので、
次からはもう少しいいセンスでフェイスを選びたいです。
フェイスも人も適材適所を心がけたいです、ハイ。

でも、今回の赤白で行くことがイレギュラーだったから、
次からはエルさんがメインキャラの戦士でも活躍してくれる……はず!


■関連記事
赤白で二人ヴォッチ-両手斧5だから!!!!!


以下、自分用の備忘録----------------------------------------------
VW 進行状況
サンドリアルート:完了
バストゥークルート :完了
ウィンダスルート:完了
ジュノルート:完了
ジュノ2ルート :完了
ジラートルート :Step3 Aelloのみ討伐
プロマシアルート :未攻略
真界ルート :未攻略
アトルガンルート :未攻略

エルさん二垢分
ジュノ1:Step2まで完了

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/557-0f02398a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)