この方も最終兵器みたいなものですが……
↑ まぁ、この方もある意味「王」みたいな存在ではあるのですが。

インカージョン(CL123)にいる5体のNMを倒していき、
いよいよ王への挑戦権を獲得しました。

王への挑戦権獲得!

この5つのだいじなものが揃っているかぎり、
王には何度でも挑むことが出来ます。

王へ至る道に一番近いワープはリッジなので、
既に開通済みのワープを使ってリッジの元へ。
そこから最短距離と思われる東ルートを選択して向かうものの、
意外に雑魚が多くて手間取ります。
リッジを倒したあと、雑魚を倒しながら王の元に着いたときには
残り時間が20分切っていたくらいだったかな。
それでもまだこの時点ではなんとかなるかなと思っていました。

そこから王の部屋にいる雑魚を倒しはじめて、
実際のボスである王「グラムク(Gramk-Droog)」と戦い始めたのは残り12~3分あたりから。

王(Gramk-Droog)がやってきたー

さすが王様、結構大きいです。
独自の台詞も用意されていました。

とりあえず周囲の敵は黒さんとエルさんの二垢(赤)さんで
寝かせつつ、王に着手しました。

王は強化を消したり、アビリティを使えなくしたり、
武器を外したりと、特に前衛さんがキーッてなりそうな技のオンパレード。

ジャーンプ!

さらに……
ボスのバトルトランス!!

私 「雑魚POPするよー」
戦 「え、なにそれ」

そうなんです、途中で王が雑魚を大量にPOPさせる技を使うんです。
(CLがあがると使用頻度も増えるらしいです。おそろしや)
なので、本当は側近も含めて、少しでも敵の数を減らしたいのですが、
そこはこのインカージョン独特のヘイトの連動?みたいなのがあって、
戦士さんも敵をできるだけ後衛にいかせないようにするのに苦労していました。

ただ、さすが!黒さんが即座に私の言葉に反応して素早いスリプガ。
少しだけ遅らせ気味に赤さんもスリプガ。
そうすることで、黒さんの寝かせから漏れた敵に対してのフォローが出来ます。

こういう状況下で本当は一番怖いのは寝かせを担当する黒さんと赤さんです。
万が一レジストされたら、自分が一気に袋叩きされる可能性があります。
幸いにして寝かせ担当を二人いれているおかげで、
互いにカバーしあってくれていたので、なんとか粘れていました。

ですが……、黒さんが王にひとなでされて……。

黒さんが寝かせを維持していた雑魚が、
どっと赤さんと私に向かって押し寄せてきました。

背中を見送ってしまいました

その後は当然ですが、戦士さんに向かっていき、
完膚なきまでに叩きのめして、ゆうゆうと帰っていく後姿を
私たちは見送るしかない状態でした。

今回は王の貫禄勝ちかな。

黒さんが珍しく一番に「悔しい」と言っていました。
実は少し離れていた敵を寝かせようと、ちょっと前にでていた黒さん。
少し立ち位置がよくなかったところに、敵の見事なスタンはめからの大ダメージで、
そこから崩れてしまったというのが、余計に悔しかったのかなと思います。

勝てない相手ではなかったと思います。
ただ、やはり最初の移動で思ったよりも手間取ってしまい、
それがのちのちボス攻略の焦りにも繋がったかなぁ。

エルさんが次回は西側ルートで王のところに行ってみようと話していました。
マップでみると、西ルートのほうが若干遠回りなのですが、
急がば回れって言いますしね。
あと、側近も含めた寝かせの位置も気をつけていきたいところ。

次は負けませんよ。
この経験は次に活かします。
リベンジを約束してこの日は解散となりました。

で、残念な結果に終わった初の王バトルだったんですが、
一方で途中の雑魚から拾った箱から一枚だけでたメシストピンマントで、
私にとって初めての40%オーバーを引くことが出来ました。

初めて40%オーバーを引いた!

本音を言えばもう一声欲しいところではあるんだけどネ。

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/562-ca82d006
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)