ゴールがみえてきました

ララ、エレ、私のおそらく最後のエオルゼア三人旅。
そろそろ終わりも見えてきました。

レベルも52になり、とりあえずひとつだけですが
新しいアクションも覚えたところで、どこかに行こうという話になりました。

昨年末にログインしたときは真タイタン、真ガルーダには勝利したものの、
真アルテマや比較的新しめの真ギルガメッシュ戦などは負けています。

選択は私に委ねられ、私は無難なところで真イフリートを選びました。
まぁ、まずさくっとストレートに勝ちましょう。

熱そうです!
↑ 昔撮ったSSから。今回イフ戦は全然SS撮れてなかったぁ。

若干忘れているとは言っても、真イフです。
まだまだ分かりやすいギミックということもあって、対処も楽々。

これは余裕過ぎたかーと思っていたところに、
折り返しの合図とも言って良い「楔」が地面に突き刺さりました。
エレさんはイフをキープ。
私は回復をしつつも楔に軽く攻撃開始。
楔は基本的にララさんに任せればいいよね。

あれ、いない。
ララさんは……?まだイフ攻撃してるー!これは夢中になってる!
あ、気が付いた、でも初動が遅れたぁ、さぁ、どうなる!!!

一本も楔の破壊が間に合わないーw
チュドーーン!!
まさかの全滅。いやぁ、なんなんでしょうこれ。
私も「軽く攻撃しておこう」なんて思ってちゃダメでしたね。舐めてた!

おかげで次にはエレさんがガッツリ楔破壊に参加していて、
今度はそのせいでララさんごと攻撃に巻き込んじゃったり。
でも、楔は二本破壊できたので、ダメージは当然受けたものの、
こちらのHPもしっかり残すことができ、無事に?倒すことが出来ました。

真イフリート戦、全然SS撮れてなかったw
↑ イフ戦SSなかったのでイメージ映像。きっとこんな円形の炎の上がるステージで戦ってるはず。

真イフくらいは一発でクリアしたかったけれどね。まぁいいか。

次はどこに行こうかと考えていると、ララさんが「真ギルガメ!」と言いました。
前回負けたあとも、ララさんは「真ギルガメはいけそうな気がする」と言っていたのです。

ちなみに真イフはIL49。前回クリアした真タイタンでもIL57です。
今の状態だとIL60~70くらいのところに挑戦するのが無難かなと思っていました。
そして、この真ギルガメッシュはIL90です。
なので、頭の中では、前回のリベンジをするなら真アルテマ(IL61)。
ただし、これはタンク二枚の構成になってしまうのでちょっとやりにくい。
初挑戦ならば極ガル(IL65)か極タイタン(IL67)あたり。
初なのでクリアはさすがに出来ないだろうけれど、面白いかもって思っていました。
(エレさんだけ極ガルのみクリア済み)

率直に言って厳しいとは思いましたが、やってみなきゃ分からないですよね。
というわけで、三人で真ギルガメッシュに再挑戦することになりました。

ギルガメッシュ再び。エンキドゥはあっさりクリア。

途中のミニマムをもらうところで、
私が回避のためにかなり動き回ってしまったせいで、
同じくミニマムになったララさんが私を追って走り回るという
申し訳ない場面もありましたが、
前回、一発では通過することが出来なかったエンキドゥはすんなりクリアしました。

問題のギルガメッシュ戦です。
前回は竜頭からの大ダメージが越えられずにクリアができませんでした。
ひとまずの目標はここになるとは思うのですが、
やはり大捕物の拘束状態をいかにクリアするかが問題です。

イフ戦に行く前にララさんがダメージソースとなる自分のILがやや低めだったのを気にしてか、
装備を新規に何点か購入してくれて、ミスライト武器と防具などでまとめられていました。
IL換算で10ほど上がったって言ってたかな。

前回は私が大捕物の前に自分にリジェネとメディカラの両方を入れられれば、
ギリギリなんとか生き残れるかといったところでした。
ILが上がったことを受けて、まずはリジェネだけで様子を見ましたが
鎖のHPがもう少しで削りきれるかなといったところで私は戦闘不能になってしまいました。
前は拘束されている鎖のHPがまだまだ残っている状態で倒れていたので、
かなり攻撃力はあがったのかな。
それならば、新たに覚えた「アサイラム」と併用すれば……なんて思っていました。

でも、いざ戦闘になると、咄嗟のときはついつい慣れた動きをしてしまって、
リジェネとメディカラを使ってしまいました。
もちろん両方使っているので無事なことは無事なんですが、
せっかくの新アビの使いどころがw

三回目のときに今回の挑戦で最初の竜頭まできました。
ですが、頭をひとつも破壊できず全滅。

このときのダメージ量を見て、ひとつでもいいから確実に頭を壊せれば
私たちのHPは持ちそうだということが分かりました。
前回は一つ壊したものの、HPが持たなかったのでレベルが上がった恩恵ですね。

なので、当初はララさんとエレさんがそれぞれに頭一つずつ担当し、
私が回復しつつララさんの攻撃補助をし、
可能であれば二つ破壊を試みようとしたのですが、
それだと少々厳しい感じでしたので、確実に一つ壊すことに方針を変更しました。竜頭は越えられてほっとしたのも束の間でした。

四回目再び竜頭まできました。
エレさんとララさんが一つの竜頭を集中攻撃。
私も余裕があるときは攻撃を入れつつ、ついに1個破壊。
でも、もうギリギリです。
竜頭が発光し「画竜点睛」の自爆が発動しました。
同時に私も回復魔法をかけました。
二人にちゃんと魔法が届くように、中央で。

よし、三人とも無事。竜頭越えたー!
内心テンションが上がりつつも、即座に立て直しにかかろうとしたとき、ギルガメッシュが「大捕物」を発動していました。
急いで中央から離れて距離を取ろうとした私でしたが、まったく間に合わずそのままフロアの中央で拘束されてしまいました。

HPがかなり減っているうえに、ギルガメッシュと私の距離が近くて、エレさんが必死に一番遠い場所に持って行こうとフロアをぐるぐるしているのですが、私が中央にいたためにその距離は誤差の範囲です。

ララさんも懸命に鎖を破壊しようと奮闘しているのですが、
いかんせん鎖が硬くなっていますし、
そもそも距離を最大に離して、HoT二種を入れてようやく鎖を破壊していたくらいなので、
これはもう手詰まりの状態でした。

私が倒れ、エレさんが倒れ、ララさんが倒れ、ジ・エンド。

次やるなら、爆発前の位置取りを変えておくというのは当然なのですが、
そんなことより、ここでプツンと三人の緊張の糸が切れちゃいました。
コンテンツの残り時間は10分ほどありましたが、
とてもクリアできるとも思えませんし、ここで私たちはリタイアすることにしました。

そして、この挑戦を最後に私たちはログアウトしました。

「あの大捕物に対処できていれば、クリアできたのかなぁ」とか、
「悔しい!」とか、そういう気持ちが不思議と全然わきませんでした。
いつもの私たちならこういう負け方って、もう一回いってみよう!って
なることが多いんですけどね。
多分、どうにもならない何かが見えちゃったんだと思います。
そういう意味では前回の方が「ああした方が良かったかな」とか
色んなことを考えましたねー。

エレさんが撮ってくれていた動画を見直したりすると、
三人それぞれのアラも見えてくるので、
こうした方が良かったかなーとか、今更ながらに色々考えたりするんですけどね。


■ 関連過去記事
三人で無計画なつまみ食い

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/585-59489f06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)