バストゥーク1

またピンクに彩られる季節がやってきました。
昔はこの花が「桜」なのか「桃」なのかで迷う人が多かったんですが、
今でもそういうことって話題になっているのかなぁ。
私は「桜」っていつも言っちゃってます。

もう何度も見てきたけれど、クリスマスの華やかさが
「カラフル」「煌びやか」で表現されるなら、
この季節はやはり花の色「一色」で見せる華やかさなのだと思います。
花びらがさりげない程度にはらはら舞う姿も奥ゆかしくて好きですね。

最初のSSはおじいちゃんとおばあちゃんの後姿から色んなドラマが想像できます。

このお二人はゲーム内ではとても仲睦まじいおじいちゃんとおばあちゃんです。
「共に白髪の生えるまで」というかなり初期のクエストでは、
このおじいちゃんが黄銅の髪飾りをおばあちゃんに
プレゼントしてあげるというお話が展開します。

だけど、直接渡すのが恥ずかしかったおじいちゃんは、
冒険者にプレゼントを渡すことを依頼します。
結果、おばあちゃんは冒険者がくれたものと勘違い!

バストゥーク2

……と思いきや、
実はおばあちゃんはちゃんとおじいちゃんからのプレゼントだと分かっているうえに、
この髪飾りはもう何度ももらっていて、それでもうれしいというクエストなんです。

互いに年をとってしまって耳が遠くなったり、少し呆けてしまったりしても、
二人はずっと共に暮らしていくといったお話です。

さらにこの二人を見下ろす位置には
若いエルヴァーンの男性とヒュームの女性のカップルがいます。
こういう位置関係もすごくドラマを感じるんです。

年をとるという悲哀も背景に描かれながらも、
二人の互いを思いやる様子には心温まるうえに、優しい気持ちになれるそんなクエスト。
本当に小さなクエストなんだけど、お気に入りのひとつ!
続きのクエスト「幸せのさじ加減」もいい内容です。
こちらでは、おじいちゃんのプロポーズの言葉も聞けますよ。

っと、今日はクエスト紹介のつもりではありませんでした。
桜ですよね、桜。

バストゥークで桜を見るなら夜がおすすめ。
快晴の夜だと空の若干紫がかった暗い青とピンクのコントラストが美しいです。
人工的(?)な都市ということと、街灯が花がライトアップされるような位置に
配置されている場所が他都市に比べると多いので、
夜桜が映えるのかなぁと個人的には思っています。

では、日中ならば……というと、個人的オススメはやはりウィンダス。

ウィンダス1

夜もきれいなんですよ?
でも、三国の中で一番日中に映えるのは?って聞かれたら、
私は迷わずウィンダスを選びます。

自然に囲まれたこの都市はやはり自然光の中がお似合いです。
構成する木製の部分ととても相性がいいんですよね。
茶色とピンク、王道の組み合わせです。

ウィンダス2

最新のグラフィックで見てみたい場所です。
水面に桜が映ったりしてきれいなんだろうなぁとつい想像してしまいます。

ここの渡りのところは特に気に入っている場所で、
SSを撮るという観点でも、まず失敗が起こりにくい場所です。
上のSSは調理ギルドのあるエリアの側を背にして撮影していますが、
逆を向いてエリアの様子を一緒に撮影してもいい感じになります。

さらには通路の中ほどで見上げて撮影するとまた良い感じ!
狭い通路をはさんで桜が設置されていることによって、
ごちゃごちゃしすぎない程度に桜の満開感を出せますし、
また周囲に障害物がほぼないことからそれらを気にすることなく
簡単に撮影できる場所です。

そして、サンドリアは……
まずは二推しの早朝のサンドリア港!

サンドリア1

遠景にうすもやに残るあかりと、その光の跡。
さらに輪郭のはっきりしない淡いやさしい桜が好きです。

そして、サンドリアの一推しは黄昏どき。

サンドリア2

赤紫ともいえる夕方と夜の間に見られる光景。
「妖しい」という表現がぴったりな風景が見られます。
街全体が一色に染まったように見えて、これはこれでとても幻想的な景色です。

アトルガンやアドゥリンなどにいるときに、よく物足りないなぁと思うのは、
街の面積のわりに植物が実に少ないことです。花壇や芝生などはあるんですけどね。
今の冒険者の拠点はどこが主力なんだろう。
私が見る限りはやはりアドゥリンエリアに人がいることが多い気がするので、
いつか植樹をしてほしいなぁ。周囲はあんなに木々に溢れているのだから。

桜については中の国からの友好の印とかで……どうでしょう。開発さん!

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/590-267ebe7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)