上位ミッションバトルフィールド【怯懦】

上位ミッションバトルフィールドチャレンジ。
今回はタルタル(怯懦)とガルカ(憎悪)に行って来ました。
どちらも初挑戦なので難易度は「ふつう」です。

驕慢のエルヴァーンの「盾」同様に、こちらのタルタルの鎌+浮遊もまた
多くの黒魔道士が憧れましたね。
ジラートMをやっていた頃、タルさんが
「その鎌よこせー」と言いながら攻撃していたのを覚えています。
近接さんはとにかく大忙し
AAは黒魔と暗黒のハイブリッドタイプで、戦闘はとにかく近接泣かせ。でも遠隔中心で攻略することによってかなり楽に終われるBFのようですね。
あいにくそういった構成は私たちには取る事は出来ないので、
いつもの戦/侍、黒/白、白/赤+戦さんの二赤/黒構成で。

どこが近接泣かせかというと、とにかく移動(ワープ)しまくる!
そのたびに戦士さんはあっち行き、こっち行き、と大忙しです。
なので、遠隔や魔法アタッカーが頑張るといい感じなんですが、タゲを取ると強力な技が飛んでくるのでそれも心配……といった感じ。

概ね円形のフィールドの外周のどこかにAAがワープしていきますので、私の位置取りは「フィールド中央」。
AAがどこに出現しても回復が常にきちんと届くような位置取りです。
回復をしながら、AAの位置を見て強力な「アモンドライブ」が自分に当たらないように
ちょこちょこ動いて位置を調整していきます。
このAAについては、前衛さんにタゲをとってもらって運ぶといったようなことはまず出来ないので、
前衛さんの動きに頼るよりは、後衛が自分で動いたほうが安全だし安定します。

魔法よりは物理が怖いというAA。もちろん、魔法もメテオなどを使ってきますが、
もともとAAの中で一番HPが少ないんだったかな。おかげで一発クリアすることが出来ました。
ただ、終了後、エル戦さんがAAとの追いかけっこをしないといけない上に、
二垢の赤の操作もしなければいけないためにヘロヘロになっていましたよw

上位ミッションバトルフィールド【憎悪】

続いては「ファントムクォーツ【憎悪】」(ふつう)です。最後のお相手はガルカです。
侍と竜騎士のハイブリッドタイプなので、当然、飛竜を呼び出します。
この飛竜は倒しても何度も呼び出されるので倒さずにキープが良いと思います。
一見寝なさそうですが、普通にスリプルでも寝てくれますし、リポーズももちろん可です。

侍らしく、次々と繰り出される技が結構強力で、
中でも「亢竜天鎚落(ダメージ+バインド+暗闇)」のダメージが痛かったです。
これは久々にサポ忍の方がいいかなーと思ったけれど、
心眼をうまく使ってくれていたので、途中までは危ない場面がゼロという訳ではなかったけれど、
そつなく進んでいたと思います。

ただ、私のMPが少し微妙で、最後の追い込みに向けて調整をし始めると、
目に見えてエル戦さんのHPが減っていきます。
地味ながらもハートオブソラス効果によるストンスキンが
相当効いているんだなというのがよく分かります。

終盤まで順調だったのだが……

最後、不動を使い始めたあたりからでしょうか。
みるみる私のMPも減ってしまい、大きめの回復の連打は厳しい状態。
そこにエル戦さんに飛んだ連続攻撃によって戦闘不能に。
そして、私、二垢さんと倒していき、残ったのはタル黒さん。

残りわずかだったAAのHPを見て、
タル黒さんに私が言ったのは「攻撃して」でした。

タル 「削りきれないよー」
私 「がんばろうよw」

これでタル黒さんが猛攻撃に出たことは出たところで、
少しでも支援をと思い、あらかじめかかっていたリレイズを使って起き上がります。
エル戦さんと二赤さんも戦線に復帰しました。

衰弱中ながらタル黒さんの支援をしようとターゲットを取ったエル戦さんは再び戦闘不能に。
衰弱中ということもあって、魔法のリキャストが驚くほど遅くなっている状態で
回復を続ける二赤さんと私。
でも、最後の望みだったタル黒さんが戦闘不能になってしまいました。

エル 「あと1ミクロンだったw」

AA-HMのときも同じように最後の最後で負けてしまいましたが、
GKでも同じことが起こるとは。悔しいですねー。

もうメリポもなかったので、今回はこれで終了。
次やるときは……と色々考えています。
悔しい終わりになりましたが、とりあえずタルタルはクリア出来ました。パチパチパチ。
次はぜーーーったいガルカを倒して難易度「ふつう」を完全制覇するぞー!

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/593-f09d5a78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)