【前回までの星唄M】
神々の間に行った冒険者はそこでイブノイルと話をした。
彼女の話では「暗闇の雲」という存在に打ち勝つには、神ほどの力が必要になるらしい。
神……光の神になるという選択は、必ず死を迎えるに等しい選択。
それでも決意をかためた冒険者の前に現れたのは無の使者だった。
無の使者の襲撃で、冒険者を神へと導くはずだったのイブノイルが消えてしまう。
無の使者は問う「本当に闇は必要ないものなのか」と。

■ 蓄えられし悪夢

岩戸から広間へ

醴泉島に戻った冒険者は、
あの岩戸からひんがしのクリスタル、つまりはセルテウスのいる広間へと歩を進めた。

輝くクリスタルを前に、冒険者はエシャンタールの言葉を思い出す。
神になるということは、「人の器を捨てる」こと。
つまりそれは、今までの自分とはもう違うということ。
これまで培ってきた仲間との絆もなにもかも消えてしまうだろうということ。

クリスタルがひときわ明るく輝いた。
その輝きに包まれながら、冒険者はクリスタルの内部へと導かれた。

クリスタル内部の輝きは一層力強く、目も眩むほどだ。
よく見ると、周囲には膝を抱えた人々の姿も見える。
そこにセルテウスは現れた。

セルテウス
会いに来てくれてよかったよ。
君のことを、彼女がとても気にしていたからね。


(彼女……まさか!)

イロハ
師匠、お久しぶりでございます。

イロハがいた

声のした方に目をやると、周囲の人々に混じって、
イロハもまた膝を抱えてそこに浮遊していた。
良かった、イロハはここにいた。

どうみてもやっとの状態で冒険者の前に立ち上がったイロハに
冒険者は駆け寄り、声をかけた。

イロハの状態は決して芳しいものではなかった。
今の彼女は確実に死んでおり、まだ完全な復活は遂げていないらしい。

セルテウスは冒険者にも分かるように説明した。
人が死ねば等しくクリスタルの元に還ってくる。
ここにいるイロハも、今はクリスタルの中で休んでいる状態らしい。
ここまでイロハを何度も生き返らせているフェニックスも
同じようにクリスタルの中で休んでいるそうだ。

イロハは少し申し訳なさそうに、自分がこれまで復活の力を何度も使ったせいで
フェニックスの力が尽きかけているのだと付け加えた。

セルテウスが冒険者の心に直接話しかけてくる。

(フェニックスが言うには、
彼女の心は、既に限界に近いそうだ……。)


イロハがどうにかなってしまうまでに早くなんとかしなければ、と冒険者は思った。
そのためには急いで光の神になる必要がある。

イロハの心はもうボロボロだった

イロハがケイザックで倒れたあとに何があったかをたずねてきたので、
冒険者はここまでのことを説明した。
イロハもそしてセルテウスでさえも「暗闇の雲」とは聞いたことがないと言った。
もちろん、人が、この自分が神になる必要があることも。

イロハ
人が神に、なる……?

セルテウス
神になるためには……このクリスタルの力を使うしかない。
つまり、このクリスタルを割るのだ。


イロハ
しかし、それでは……!!

セルテウスは静かに続けた。
クリスタルを割ってしまえば、いま抑えられている
ひんがしの「虚ろなる闇」の侵攻が再び始まってしまう。
だが一方で、このクリスタルの中で休んでいる多くの命が
純粋な力となって冒険者に注ぎ込まれて、冒険者とひとつになる。
その結果、彼らの「意思」は消え、
力を得た冒険者は確かに「光の神」にできるかもしれない、と。

イロハ
師匠……。
やはりどの道であろうと、犠牲が必要なのでございますか……。


セルテウス
しかし、本当に、それが正しいのだろうか?
「暗闇の雲」に、それで勝てるのだろうか?


光の神になる……。それが本当に正しいのか、正直なところ冒険者にも分からない。
いや、むしろ今は心の片隅で少しひっかかる部分もあるくらいだ。
だが、暗闇の雲に対抗し、未来のヴァナ・ディールを救う為には、
その方法くらいしか考えられないとイブノイルも言ったではないか。
しばらく考えたが、やはり最後は神になる選択肢しか生まれなかった。

冒険者はその決意を二人に話した。

しかし、セルテウスがそれを押しとどめた。
曰く、今の状態の冒険者では光の神になるのは無理らしい。
理由はあの「注ぎ込まれた闇」だ。

注ぎ込まれた闇が光の神になる妨げとなる

セルテウス
君は強い意志でその負の感情を抑えつけているようだが、
とても辛いだろう……。


セルテウスは無の使者が冒険者に闇を注ぎ込んだのも、
すべては光の神にならないようにすることが狙いだったのではないかと言った。
その結果、イロハがいた未来で冒険者は闇に囚われてしまい、
あの仮面の姿をとったのではないかと。

(なんとか闇を除去することは出来ないのだろうか)

セルテウスは、完全なる「闇の神」がいる異世界であれば
それが可能かもしれないことを告げた。

セルテウス
君が出会った中でも、最も恐ろしい存在となるだろうが……、
君の中にある闇を取り込んでくれるかもしれない。
そして、あれほどに強力な力を持つ神ならば、「暗闇の雲」を知る可能性も高い。


冒険者はその神がいるという世界に行くことにした。


■ 望みを繋ぎ

完全なる闇の神がいるという異世界にいくためには
ウォーク・オブ・エコーズに行く必要があった。

ケット・シーが導いてくれるらしい

エコーズに行くとケット・シーがいた。
冒険者が行こうする場所は
「取り返しのつかない、失敗した世界の搾りかす。世界の名前すらもわからない。」
という場所であり、まず間違いなく冒険者が足を踏み入れたら襲われるだろうと忠告した。

それでも冒険者がそこに向かうと伝えると、
ケット・シーがその世界へのワープを開いた。


■ 死を死を死を

天象の鎖

ワープした先はかつてプロマシアと戦ったことのある「天象の鎖」という場所だった。
目的の場所はさらにその先にあるらしい。
この先、はぐれることがないように、ケット・シーは守護の力を冒険者に授けた。


■ 未来を導く

天象の鎖のさらに奥へと進んでいく。
そこには巨大な黒い神竜センパーンがいた。
ケット・シーの話ではこれが男神プロマシアの完全形らしい。

冒険者はその巨大な存在の前に立った。

完全なる闇の神センパーンと冒険者

センパーンは冒険者を軽く一瞥しただけで、すべてを悟った。

センパーン
全テ理解シタ。知リタイ事ニ 答エテヤロウ。
我ガ司リシ 闇ノ力ハ 無知 驕慢 怯懦 嫉妬 憎悪。 ソシテ 死。
来ル 暗闇ノ雲ハ 我ガ司リシ 闇ノ力トハ 異ナル存在。


闇の神はただ死を待っていた。
その神の力で暗闇の雲の力を払い、そして死ぬために待つ。
さらには光の神である「アルタナ」と会う必要はないとも言い切る。
なぜならそれは、プロマシアと戦ったときと同じきっかけが
繰り返されるだけではないかと暗に言っているようだった。
自らの死をアルタナによって妨害されることを拒んでいるかのようだった。

死にたがりの神様……誰かがプロマシアのことをそう呼んでいた。
完全形と言わしめた今もやはり闇の神は死を求めている。

冒険者の闇を吸い取る

闇の神は、冒険者から大量の闇を吸い上げていった。
ここまで蓄積されていた闇は、センパーンにさらなる力を与えるのに十分だった。
完全なる闇の神は、これで真に完全なる闇の神となった。

無の使者
一足……遅カッタカ……!

無の使者が現れたが、特に手出しはしてこない。
しかし、闇の神竜センパーンは冒険者に襲い掛かってきた。

センパーンとの戦い

増大した闇を抱えたセンパーンも強くなったのかもしれないが、
一方で、闇の力から解放された冒険者もまた本来の力を発揮できる状態になっていた。

闇の神が決して弱いわけではない。
だが、生きたい、生きてゆきたい、という冒険者の強い意志の前に、
死ばかりを願う闇の神が敵うはずもなかった。

苦しみもがく闇の神竜。

センパーンに勝利したが……

センパーン
強イ……強イ光ガ 汝カラ 溢レテオル……!

その闇の神にすかさず駆け寄ったのは無の使者だった。


-------------------------------------------------
お約束
・ 前提として、全てのミッションをクリア済み(三国ミッションも三国全てクリア済み)の状態でミッションを進めているとお考えください。
・ 登場人物も多いため、人物登場時にできるだけ違和感のない感じで説明を加えるようにしていますが、詳細な設定などについては、あえて省く場合があります。
・ 自身の感想部分については、該当部分をクリア時にメモした当時の感想をまとめています。

センパーン(Sempurne)との話がプロマシアMと出来ればアビセアをクリアしていないと
かなり分かりにくいのと、神様特有の言い回しというか、
いろいろと抽象的で人によってはもう少し説明が欲しいと思ったかもなぁと思いました。
ここではアルタナが一体プロマシアにとってなんだったのかということも、
もう少し説明があったほうが良かったのかもしれませんね。

簡単に説明をすると、
女神アルタナは、「再生なき完全なる死」を求めて
それを実行した男神プロマシアに対して、人間として蘇らせたという過去があります。
ですが、こうして蘇らされたプロマシアは未だに「死」を望んでいるというわけです。
(プロマシアMが壮大なる夫婦喧嘩と言われることがあるのはこの辺も由来しています。)

これを踏まえて、本文では分かりにくくなるため少し説明を省いたのですが、
実際の会話はこんな感じになっていました。

なぜ死を待つのか?という問いには「神ノチカラニテ 暗闇ノ雲ヲ 晴ラスタメ。」
アルタナに会ってほしいという願いには
「否。我ノ闇ハ ウツロナル闇。滅ビヲ受ケ入レ タダタダ死ヌトシヨウ。」
とセンパーン(闇の神)が答えています。

暗闇の雲を晴らして自分は死ぬ=再生なき完全なる死。という意味の死を待つ部分と、
アルタナと会うことで、自分が死にたいのに妨害されてしまうかもという不安(笑)から、
それを回避するために「否」とアルタナと会うことを拒絶している。

……と私は解釈しました。

とりあえずイロハの(無事じゃないんだけど)無事なことが確認できたのでよかった。
そして、無の使者もね。絶対、来ると思ってた!

次は無の使者の本当の狙いが分かるはずです。


← ひとつ前の話 ヴァナ・ディールの星唄21 「リ・テロアを往く」から「大いなるものを超えよ」まで
→ 話のつづき ヴァナ・ディールの星唄23 「罪深き決断」から「償うためには」まで
最初から……ヴァナ・ディールの星唄 1

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/599-44352daf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)