こんな感じで集めています

昨年春に復帰してから、少しずつ進めてきた
モグガーデン飼育場でモンスターを育成することで得られる「思い出」集め。
どこまで進めたか分からなくなるので、ランク1から順番に取っているのですが、
ようやくシーモンクのあたりまできました。

タリチャックはすぐ取れたんだけど、エフトがなかなか取れなくて苦労したなぁ。
ラプトルもかなり苦労しました。
あとはなかなか変異系になってくれないことも多いので結構地道な作業ですね。
でも、ちょこちょこっとお世話するだけなので気楽に出来るのがいいです。

モンスターたちの名前はチャチャルンのセンスにお任せして、
ランダムにつけてもらっているのですが、
先日、あるモンスターを召喚してみたところ……

名前にMaatがついたよ

名前に「Maat」がチョイスされました。いいセンスです。
シーモンクにぴったりの茶目っ気があるネーミングですね。
きっと立派に成長するでしょう……ということで変異体用にしました。
実はすごい潜在能力があったらいいのになー。

もちろん、重点飼育対象にしました。
これで、畑を荒らしにくるカニなどがいたら、百烈拳で撃退してくれることでしょう。

※ Maat(マート)……ジョブはモンクのスーパーおじいちゃん。
冒険者の限界を引き上げるクエストでも立ちはだかる。

そんな私の飼育場なんですが、現在こんな感じ。

なんとなくオレンジ色支配なモグガーデン

シーモンク二体とダルメル二体。
なんというか……どことなくオレンジ色支配です。



……ん?


こっちみん……な?w

こっち見んな?w


子ダルメルの方(上のSSで左側。既にかなり成長しています。)は、
ノーマルダルメル(右側)がいるので本当は元いた場所に戻してもいいんですが、
ダルメルのだいじがなかなか取れなかった時のために予備枠で育成中です。
二体いるシーモンクがどちらもまだ幼生なので、
お世話の手間を多少なりとも省くためでもあります。

育成のタイミングの関係で、
灰トカゲと子コカトリスと子ラプトルとラプトルがいた時期があって、
そのときは毎回、お世話の方法で一瞬悩んでから、
大声で呼んだり、つついたり……とやっていました。
今育成中のダルメルとシーモンクは、どちらも成長段階に関係なく
「なでる」か「つつく」をすればいいだけなので、わかりやすくて助かります。

全部揃うまではまだまだ先が長いけど、
どこまで出来るかチャレンジな気分でやっています。

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/600-8eab7659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)