ナイト、詩人、黒、白の四人でのワンダラー普通パーティ。
今回のメンバーはブレイフロクスでご一緒したメンバー。
既に何度かご一緒している経験で、
この日もきっと楽しいパーティになるだろうなぁと思いながら前へと進んでいました。

途中、トンベリストーカーからのモテ期到来。
まずは詩人さんに猛烈アタック。
その後はナイトさんへと移り気なトンベリの気持ちに翻弄されながらも、
ボス戦までたどりつきました。

ボスではリトライしてしまったものの撃破。
ですが、その時生き残っていたのはナイトさんのみ。
私は一足早くスタート地点からゴールへ。
やや遅れて詩人さんと黒さんがゴールを目指しはじめていました。

ボス部屋で箱を開けずに待つナイトさんに合流。
一瞬詩人さんのHPがストーカーに刺されたせいでガクっと減りました。
詩「いてててて」
黒「www」
余裕の笑みの黒さん。

先にボス戦の舞台だったゴール地点に到達したのは詩人さん。
そしてその後ろを走ってくる黒さん。
そして……ん?そして??

白「きてる」
後ろを確認した黒さん。
黒「うおおおお」
ナ「なんかきてる!」

お待たせ!トンベリストーカーだよ

最初に詩人さんをターゲットしていたはずのトンベリストーカーは
まさかの黒さんを追いかける展開に。

一同「wwww」
黒「いたすぎw」
ナ「なにをそんなにうらみかう事をw」

トンベリストーカーは時々思わせぶりにターゲットを変えていきます。

ナイトさんが追われてますが

ですが、結局は一途に黒さんのことを追いかけていきます。

実はその前の黒さんを追いかけてます
↑ 実は前の黒さんを追いかけているトンベリストーカー

もうずっと笑いっぱなしで、お腹が痛くなるくらい。
画面上でも沢山の「www」があふれていました。ええ、必死に逃げている黒さん以外ですが。

さぁ、黒さん、どこまで逃げ切れるかー!

ついに黒さんがー!

つ、ついに……!

あ……

あーあ。
トンベリの重たい愛を受け止める羽目になった黒さん。
受け止め切れなかった黒さんはあえなく倒れてしまわれました。

ナ「こんな中(ボス部屋)まで追いかけてくるんだねー」
詩「びっくりだね~w」
黒「ww」
白「何かトンベリのエサになるものを持っていたんじゃ……」

そういえば、ミコッテには尻尾という格好のエサがあったような……。いえ、なんでもないです。

ナ「衝撃のラストだった」
黒「おそろしああ」
詩「SS撮り忘れたー」 ← すみません、私、撮りまくってました。
黒「まったくとってないわw」
ナ(道中では詩人さんがモテていたのに)「詩人さんよりモテちゃったね」
白「大物にもてちゃうw」

なんてワイワイと話していたらワンダラーから追い出されて……なおも続く会話。

白「ねぇねぇ どうやったらあそこまで追いかけてもらえるの?w」
黒「しらないw」
ナ「あんなにモテてみたい!一発芸で使いたい!」
黒「みんな黒魔になればいいんだ!」
一同「www」

ナ「ミラコォだったw」
白「ミラコォw 発音良すぎw」
黒「ミラコォw」

道中も楽しかったのに、さらにこんなオチを用意してあるなんて。
本当にミラコォ(ミラクル)パーティでした。
今回は全部黒さんにもっていかれちゃったなぁ。身体をはったオチに大笑いさせて頂きました。

解散の際に、

「今度はもっと連れてこれるか試してみようよ!」

と、言いたい気持ちをぐっとこらえた私なのでした。

  
コメント

あの展開にはびっくりでしたね。
まさかあんな所まで追ってくるなんて!

ちわさん愛されまくりですw

う、うらましくなんてないんだからね!
なおー│URL│11/27 18:52│編集

■ なおーさん
本当にあれはびっくりしたねー。
あれほどの愛されオーラはなかなかないと思います。
なんていうか、こういう遊び心があるパーティは、
真剣に臨むパーティとはまた違った楽しさがあっていいものですね!

ちわさん程の愛されオーラを学ぶために私も女子力あげないと!(笑)

れあるー│URL│11/29 00:57│編集
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/63-aa9be138
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)