海岸エリア(惑星ウォパル)

ファンタシースターシリーズは「極彩色」というイメージがずっとあって、
かつての私はどこか敬遠していました。
今プレイしているPSO2も見た目はやはり派手な色合いが多く、
コントラストの強い色彩も多用されています。
「SF」というモチーフもあるので、ネオンカラーも沢山使われています。
ですが、世界とマッチしているので不思議とイヤな感じはしません。

上は初めて行った惑星ウォパルという場所。
海岸エリアでお昼はとことん明るく、夕景は幻想的で、
夜も満月の下にいるような明るさが確保されているので視認性もよく、
景色も美しいです。

グラフィックの方向性はこのブログで取り上げたことのある、
FF14、FF11、DDONとはまったく違う方向ですね。
なので、好き嫌いは多いのかなぁと思いますが、
キャラメイクの楽しさは、今までプレイしたゲームの中では多分一番かな。
自分の作ったキャラに、こんなに色んな装備を着せてみたいと思ったのは
初めてかもしれません。

砂漠エリア(惑星リリーパ)

砂漠エリア(惑星リリーパ)にも行けるようになりました。
ここもいかにも「らしい」エリアでした。

まだ現れる敵を処理するのに夢中になってしまうのと、
受けているクエストによってはクリアタイムが設定されているものがあるので、
じっくり見て回れないのですが、もっと余裕が出来てきたら
こういったフィールドもゆっくり見てSSに良さそうなポイントなどを探してみたいなぁ。

とにかく初見だらけの今は、何かを見ては「すごい!」とか「綺麗!」なんて
フレと話しながら時には不意に出てくる巨大な敵に慌てながらも対応しています。

そして、ちょっとした時間つぶしには、カジノエリアでスロットをしてみたり。
お気に入りはメセタンシューター。

メセタンシューターに興じる

的に玉を当てて壊し、そこから出てくるコインを拾うゲームなんですが、
アーケードの体感ゲーム機で遊んでいるみたいな感じで遊べて楽しいです。
4人まで一緒に遊べるので、フレンドとたまに遊んでいます。

そして、ゴールデンウィークに突入したということで、
ショップエリアでは初音ミクと巡音ルカによるスペシャルコラボライブなんかもありました。
このときのために、(勝手にある程度たまっていく)FUNのポイントを使って
「ライトを振る1」というモーションと交換しておきました。

PSO2で面白いのは男性用モーション、女性用のモーションがあり、
基本は自分の選んだ性別のモーションで動くのですが、
異性のモーションも選べることですね。

ちなみにPS4で異性のモーションをする際には、
□ボタンと○ボタンを同時押しでモーションを選ぶと出来ますよ!

ミク・ルカのコラボライブ

知っている歌だったらいいなぁと思ったのですが、
PSPo2(ファンタシースターポータブル2)でオープニングで使われていた
「Living Universe」という曲でした。 綺麗な曲ですね。
あとから本家を聴きにいってしまいました。

ちょっと残念だったのが、モデリングがあまり良くない。
上のSSのように遠目で見る分にはそこまで気にならないんですが、
顔がアップになったときに特にミクがちょっと怖いw
(昆虫系になっちゃうといったら分かるかな)
あとアンコールがなかったのも。
あら終わりかぁ……ってなっちゃいました。

で、LIVEブースト(経験値、レアドロップ倍率、獲得メセタが各10%上昇)を受けて行ったのが、
緊急クエスト「雨風とともに2016」です。

雨風とともに2016

ペットのたまごがいっぱい拾えてしまうw
基本はみんなでわーっと行く殲滅形のクエストです。
倒しているうちに大きなボスも出てきて、それをまたみんなでわいわい倒します。
最初は戸惑いつつも先行するプレイヤーさんに着いていくのは毎度のこと。
フレンドは殲滅する速度の早さに最初は着いていけず、
武器を拾う係みたいになっていました。

私はまだノーマルしか参加したことないのですが、
レベル的にはハードに参加もできそうなので、
次はハードで参加してみようかなって思ってます。

さ、次はダンスフェスだ!こちらも楽しみ!

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/661-f9467e2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)