ついに終了 おつかれさまー

タルさんのワープ全開放まであと少し。
またまたご一緒することにしました。

残すところ、過去エリアのワープポイントのみ。
最低限のところしか開放されていないということで、各地を巡ることになりました。
ロンフォール、ノルバレン戦線の各地をまわって、
次はサルタバルタ、アラゴーニュ、そしてデルフラント戦線へ。

ここで一ヶ所、私がルート取りをミスしてしまい、
余計な場所に行ってしまうことが起こったものの、
それ以外はいたって平穏無事にワープが開放されていきました。

なぜだ、おかしい。

ハプニングの宝庫のタルさんが普通にこなしている。

「今日は何も問題おきないね」
タル 「いつもおきてないよw」
「そうだっけ」

でも、こういうときよく言いますよね。
よけいなフラグを立てるなって。

それは北グスタ[S]の本を調べにいこうとしたときでした。

「まずバス飛んでからいこか」
タル 「おっけー」

バビューン。

なぜ、現代に!?

タルさんが飛んでいったのは……現代。

タル 「あれ、れあさんどこいった?」
「なんで現代なの」
タル 「あれーー???」
タル 「なんでだろ、わからないw」

合流したあとも「今日はハプニングがなく行けそうだ」と思っていたのにと
少し悔しがるタルさん。
まぁ、私が「バス」って言っちゃったのもよくなかったね。(全然思ってないけど!w)

タル 「あーーもう、自分が情けないw」

さらに、この事態に焦ったのか

タル 「過去バスってどういけばいいんだっけ」

と、謎発言。

「えw 飛んできたワープで移動するなり、杖使うなり、……(以下略)」
タル 「そうだった、ワープで行けばよかったんだw」

ちょっとしっかりしてー。動揺しすぎですよ。面白かったけどね。

今回は過去のワープ開放祭り

これで残すはズヴァール城[S]とボスディン氷河[S]のみ!
ズヴァ城の方は闇王の間の手前のHPも触りに行かなくてはなりません。

まずは先にズヴァ城へ。
ズヴァ城へ向かう途中は上空のアンフィプテレだけは今だに警戒してしまいますね。
もう絡まれても大丈夫なはずなんだけど、かつて埋め込まれた恐怖は忘れられません。

あとは、タルさんがズヴァ城の内部構造をほとんど覚えていなかったことにもびっくり。
かつてはタルさんの方がしっかり道を把握していたくらいだったのに。
やっぱり来ないと結構抜けていっちゃうものですねぇ。
かくいう私も忘れてしまっていることが沢山あります。

そんな訳で、途中から私が前を走ってタルさんを誘導していたのですが、
何故かナチュラルにタルさんは違うルートに行ってしまい、
また「あれー?」となってしまったり。

内郭に入ったあともタルさんはほとんどルートを覚えていないらしく、
私が絡まれ上等で駆け抜けていったこともあり、
結構雑魚を引き連れていく場面もありました。
それらを一掃するのはもちろんタルさん。大活躍でした。

FF11復帰後、一気にワープを開放してきた私とは違って、
タルさんは必要最小限の場所だけ開放して、
それ以外は仲間のエルさんがインできないときなどに
少しずつ開放を進めてきました。
ラストはボスディン氷河[S]の本で終了です。

タル 「おわったーーーっ」

喜ぼうとしたら何故かジャンプをしてしまったタルさん。
最後までどこかお茶目さん。

お祝いの花火?

その後は周囲にいた敵に向かって、まるで自ら祝砲をあげるかのように
メテオとコメットを放っていました。
どこかに行くと必ずちょっとしたハプニングがあってよく笑わせてもらいました。
それに、以前にも書きましたが、思い出話に花が咲くのも楽しかったです。

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/694-251cc718
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)