徐々に心を通わせていく二人だが

黄金スコップ勲章を目指す為に、
ワークスコールのコンプリートを目指しつつオールレジェンドを狙い、
且つ、まだクリアしていないクエストを進めています。

未クリアのクエストの中にはブラックソーン団の一連のクエストがありました。
スタートのクエストは「森の帳に潜む罠」から。
この次の「密会」まではクリアしていたのですが、それ以降、手をつけていませんでした。

森で暮らす三人の魔女「ブラックソーン団」。
彼女たちはアドゥリンの街でも嫌われ者。
魔女たちの捜索にはエクソシストたちが関わっていました。
まだエクソシストとして未熟なナシュという青年が冒険者に助力を求めることが
この一連のクエストのスタートとなります。

「森の帳に潜む罠」「密会」とクエストは進み、
そして、今回クリアする「悪人か善人か」「解離」「蝶なる聖戦」という順番でクエストは進みます。

3つのクエストの目的地はだいたいこんなところ。
マリアミ渓谷、ヨルシア森林、ドーの門、シィの門、モーの門、シルダス洞窟。
受注済のワークスコールも大体このあたりのものを受けていたので、
まずはそのままクエストに直行です。

途中ではワークスコールも

話を進めている間にもどんどんワークスコールもこなしていきます。
ヨルシアではスナップウィードの特殊技を受け(生態研究-MUM)、
マリアミのF.ステーションでスタッフを元気付け(開拓応援-MUM)、
さらにトゥルフェイアからの特殊技を受けて(生態研究-MUM)達成!

話の区切りごとにアドゥリンに戻るので、そのたびにワークスコールも報告。
そしてワークスコールを受けてクエストを進めるため現地へ。

ナシュは彼女たちが目的さえ達成すればヴェルク族と
関わるつもりがないことや、ただの悪人ではないことも知ります。
ですが、アドゥリンでは魔女討伐隊が結成されていました。
中心的役割を担っているのはアロストワ。

他のクエストでもちょこちょこ出てくる人なんですが、
いつ出てきても「こいつ怪しい」と思ってしまうような人です。

鋭いまなざしでソラーを見つめるアロストワ

途中では敵対していたエクソシストとブラックソーン団の共闘も見られ、
ヴォルティミア卿からも一時休戦とすることを言われたときですら、
アロストワは何か思惑がありげにブラックソーン団のことを見つめています。

今度はシィの門でトゥイザリム、モーの門でラプトル、
ドーの門でエフト(いずれも巡回警備-PCK)を達成し、
最後にダメ押しでシルダスでマロリス(巡回警備-PCK)、レイア・レイヴ(治安維持-PCK)
と一気にPCK系の回数をこなします。
あとはオマケ的にコロナイズ(進路確保-PIO)もこなしてアドゥリンに帰還。

行き先優先でやっているため、あえてランクの低いものも受けてしまっている事もあり、
さすがにランクアップとは行きませんでしたが、
PCK.ワークスについては、次にチケットを全投入する勢いでやれれば
マイスターになれそうかなぁー。
このあとのボス戦の前には、マリアミで採掘もこなしましたよ。(資材調達-PIO)

ムリグニを倒せ

さて、ボスのムリグニ戦ですが、思っていたよりも強かったです。
フェイスはアムチュチュ、イロハII、コルモル、ヨアヒム、シャントットIIを使いました。
クエスト実装は2015年6月なのでそれなりに歯ごたえがありましたね。
ILは119あった方が良い感じでした。
範囲魔法がかなり強力で、状態異常も結構くるので、
盾役にしたアムチュチュがいつ落ちてもおかしくないと思いながら戦っていました。

シャントットはSSを見てもらうと分かるとおりかなり遠い位置に配置できたので、
範囲魔法の外にいる状態なのでほとんどダメージを受けていません。
おかげで、フェイスの絆がない状態(HP960程度)でも余裕でした。
念のため魔道士系のジョブで戦う人は、やまびこ薬か万能薬を
すぐ使える位置においておくと良いと思います。

クリア後、ブラックソーン団に対するアドゥリンの街の人たちの反応も、
少し和らいだかに思えて、よかったよかったとなるのかなと思ったら……。
アロストワ登場。
いい予感が全くしません。

結局彼女たちは……

そして、案の定、冷たく彼女たちに街から出て行くように言い放ちました。

ナシュとブラックソーン団というかソラーの間には、
信頼関係が築けていたようだっただけにちょっと残念な結末。
でもナシュと冒険者にはお礼の品物が残されていたようです。

報酬は「バーカロルピアス」

バーカロルピアス

良い装備ですね。
FF11ではグラフィックが反映されませんが、
黒バラがあしらわれたデザインもいいですね。


【関連記事】
2012年ハロウィンイベント「お菓子をくれたら、いたずらしないわ」 ←リンク先 公式サイトTOPICS

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/695-01fc96c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)