タイのお土産です

久々にリアルのお話です。
FF11を一緒にプレイしている黒タルさんが、
赴任先のタイより帰国するということで、
エルさんと私にお土産を買ってきてくれることになりました。

ただし、
「お土産送るから、ほしいのあったら言って!
ていうか、どういうのがあるかよく分からないし、
必ず手にはいるとは限らないから、れあさんが色々多めに候補あげておいて!」
という指令付き。
そこで、タイのお土産っていったらこういうのはどうかなー?と
参考にお伝えしたのがひと月ほど前のこと。

既に帰国済みなのですが、まだ色々と片付けなければならない事が多く忙しい中、
手持ちで持って帰ってきたお土産(どうやらまだ航空便や船便でも送られてくるらしいw)を
ひとまず送ってきてくれました。

で、私から提案させていただいたものは一通り買ってきたらしく、
会社の方へのお土産の参考にもなったと仰っていて、
参考になったなら良かったなーと思ってます。

色々とありがとうございます!

有名です。POY-SIAN(ポイシアン)

すっごく有名な品物。「POY-SIAN」(ポイシアン)です。
眠気覚ましや鼻のとおりをよくする嗅ぎ薬みたいなもの。
それほどきつくはない程度のメントール系の香りがします。
タイの人はこれを鼻につっこんだままでお仕事をする人もいるそうなんですが、
さすがにそれは日本人には無理むり!
ぱっと開けてさっと嗅ぐという用途ですね。
中は二層構造で、嗅ぎ用と直接液体を塗ることが出来るようになっています。
人によっては虫刺されのところにつける人もいるとか。
色が分かれていますが、知る限りでは香りはどれも同じです。

PRICKLY HEAT

「PRICKLY HEAT」です。
これはメントール配合のベビーパウダーみたいなもの。

あらかじめ肌に塗っておくと、ベタベタしなくていいですし、
ちょっと汗ばんだ肌に塗るとひやーっとします。
まだ日本ではあまり知られていないと思うのですが、
最近タイの日本人向けの無料誌で紹介されたそうなのでこれから来るかもしれません。

今回は「SNAKE BRAND」というメーカーのものを購入してもらいましたが、
ここのものはパウダーの粒子がとても細かくて
日本のベビーパウダーみたいで伸びがいいんです。
香りは「クラシック」「ラベンダー」「オーシャンフレッシュ」「クールピンク」とあります。
男性用は黒いボトルで香りは多分一種類です。
個人的にはクラシックとオーシャンフレッシュの香りが同系統の香りで、
どちらもさわやかで使いやすくオススメです。
ラベンダーは日本人の考えるラベンダーとはちょっと違う感じがします。
クールピンクはサイダーのような香り。
甘みが入る感じなので、こちらも好きという人は多いかも。

写真を見てもらうと分かるとおり、紅茶の缶のようなものに入っていて、
上のフタをあけるとそこに細かい穴が開いていてパッパッと振って使います。

タイのハイブランド「HARNN」の詰め合わせ

そして、これが「HARNN」(ハーン)というブランドのギフトパックです。
これはタイの中でもハイブランドと言っていいかな。
専用のスパもある有名なボディケアブランドです。

まずは商品が入っているポーチがとってもしっかりしたつくりで、
裏地もきちんと張られています。サテンの手触りが気持ち良いです。

天然由来のものということもあって、香りには好みがありますが、
せっかくここで買うならジャスミンのものを試してほしいかなー。
ただ、ここのジャスミンの香りは少しクセがある(やや青臭さが残る感じ)とは思います。
その次にオススメなのがオリエンタルなど。
華やかな感じだとウォーターリリーも良さそうです。今回はジャスミンのものをいただきました!

セット内容は写真左からハンドクリーム、ボディローション、
クレンジングジェル、石鹸となっています。

ハンドクリームのテクスチャはかなり柔らかく、とろとろのクリームのようで伸びもいいです。
使用後はサラサラでベタツキがありません。
このセットに含まれているものはチューブが閉じられていて、
フタの突起で穴をあけるタイプのものなので、最初ふきこぼれそうになります。

石鹸は米ぬかが使われていて、日本人の肌にも合いやすく、
泡立ちもすばらしく香りもやさしいですよ。

一推しのボディローション。
さわやかな香りが好きな人ならジャスミンよりもオリエンタルっていうタイプがいいかも。
シンボポコン(レモングラス)もおすすめです。
クレンジングジェルもとても気持ちの良い仕上がりになります。
少量でしっかり泡立ちます。

なお、THANN(タン)という姉妹ブランドがあるので(こちらも良い品が多いですよ!)
間違えないように注意です。THANNの方が少しリーズナブルかも。


さて、ここからは食べ物ですよ。

タオケーノイの海苔スナックも有名です

有名なタオケーノイ(タウケーノイ)の海苔スナック「BIG SHEET」です。
日本でいう「味付けのり」っぽいものなんですが、
こちらは揚げた海苔に味がついているという感じ。
なので、油っぽさを感じる人もいるかもしれません。

お土産運ぶよ今回送っていただいたのは「ジップロック」に入ったちょっとお値段が高めのもの。
そのまま袋で保存しやすいのがポイント。
普通のアルミの袋にもっと沢山はいった商品もあって、そちらは日本の味付け海苔のようにカットされたものが入っています。
コンビニやスーパーのどこでも手に入れやすいです。

写真左から
しょうゆ味、辛い味、オリジナル味、???(味不明)、トムヤム味、ラープ味
となっています。
どれも海苔なので日本人には食べやすい味だとは思いますが、
タイらしさということならばトムヤム味かラープ味になるのかな。
しょうゆ味がわりと味付け海苔に近い感じで、オリジナルは薄い塩味です。

プリッツ各種 オリジナルが多い
すぐ分かる「プリッツ」。
左の二箱はパーティボックスになっていて、食べきり分量の通常タイプのプリッツが
12袋入っています。バラ撒きにいい感じですね。
もちろん、一箱のタイプもあります。
右の六箱は日本でも発売された「超細プリッツ」のタイプとほぼ同じもの。
とにかく色んな種類があるみたいですよ。

特によく知られていて、日本向けのお土産として人気で、
現地の方にも人気らしいトムヤムクン味やラーブ(ラープ)味。
日本のものよりもスパイス(シーズニング)がたっぷりついている印象です。
あとは、サワークリームオニオン味というものを食べてみたかったのですが、
あいにくなかったそうです。

ドライバナナとかクラッカーなど

そして、タイといえばドライマンゴーを始めとする
ドライフルーツもおやつなどに多く取り扱われています。
両サイドはメーカーは違いますがどちらも「干しバナナ」を使ったオヤツ。
左はなにもついていないプレーンタイプのもので、
右がストロベリーチョコがコーティングされたもの。
チョココーティングのものもあります。

右のメーカーは今回いただいてはじめて知ったメーカーなのですが、
ストロベリーチョコがかなり分厚くコーティングされていて、
バナナの味は完全に飛んじゃってます。

左のメーカーはチョココーティングのものが結構人気で、
右のメーカーよりはチョコが薄めにコーティングされています。
今回いただいたのはプレーンでしたが、ドライバナナ特有のねっとり感がしっかり残っています。
それが苦手な人はアイスやヨーグルトと合わせて食べると良い感じかもしれません。
もう少し手間をかけられるならば、ホットケーキミックスなどと合わせて
バナナケーキにしちゃうのもお勧めです。

中央はURCというメーカーのもの。
JACK'n Jillというブランドで展開しているみたいですね。
チョコレートクリームをクラッカー三枚でサンドしたものになります。
普通に食べやすいお菓子です。
これは確かバニラクリームバージョンもあった気がします。
JACK'n Jillというとオレオにそっくりの「Cream-O」というお菓子がよく知られています。
あとウェハース系のお菓子も多いですね。


……というわけで、沢山いただいてしまいました。
本当にありがとうございます。
また、ゆっくりお菓子を頂きながらゲームをしたいと思ってますw

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/722-0319393b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)