強弓と呼ばれた彼の真実は

吟遊詩人のクエストもいよいよクライマックスを控えて佳境にはいりました。
今回のクエストではジェアンテルの若かりし頃のエピソードが出てきます。
どんなエピソードだったかは、クエスト冒頭で彼が詠う詩の中にあります。

詩人になるために受けたクエストの時の歌には
「かつて見た戦いを我とこの者に語りたまえ」という部分があり、
このクエストで語られる事が恐らく肝となるところのようだと感じました。

お爺ちゃんが主役のクラス(ジョブ)クエストというと、
やはり格闘士のクラスクエのハモンお爺ちゃんを思い出します。
まだ格闘士の方は最後まで終えていないので分かりませんが、
あちらの明るさに比べて、ジェアンテルのこの話はちょっと暗い気がしますね。

どちらも「拳聖」だったり神勇隊の「強弓」だったりと、
かつては讃えられた人物であったことも共通ですね。


以下、クエスト攻略、及びストーリーに関するネタバレが含まれます。
少し改行をいれておきます。








.

北部森林のゲルモラ遺跡(最寄フォールゴウト)の指定地点で、
ニメーヤリリーの花束を捧げると、イベントが始まりそのまま戦闘になります。

登場するイクサル兵に弓を射ることが出来ないジェアンテルにかわり、
冒険者がイクサル兵を退けることになります。

メインとなる敵は「イクサル・サーベラー」が一体。そこに増援が現れます。
戦闘そのものはここまでの動きを踏襲すれば大変ではありません。

■ イクサル・サーベラー+スカウトウルフ×2
スカウトウルフから倒してしまえば問題ありません。
イクサルのHPの減少によって次の増援がPOPするので、とりあえず数を減らしてしまいます。

■ イクサル・サーベラー+スウィフトビーク(槍)+フォグコーラー(幻)
フォグコーラーは先に処理してスウィフトビークはほとんど放置。
サーベラーを集中攻撃したところバトルが終了しました。
従って、イクサル・サーベラーさえ倒してしまえばイベントバトルは終了となります。
火力に自信のある人はサーベラー集中という方法も取れるのかな?
個人的にフォグコーラーは倒しておいたほうが良いとは思います。


戦闘後はイベントムービーが流れます。

冒頭にジェアンテルが詠った詩はこういうものでした。
驕りし弓兵 見張りに飽きた 月を見上げて 愚考した
今こそ攻め時 敵地へ向かわん
千の敵を射ころし 千の仲間を助けん

愚かな弓兵 罪を犯した 軍命に背き 勇み矢放つ

驕りし弓兵 雄叫び聞いた 後ろ振り向き 慙愧した
敵兵攻め込み 自軍は壊乱
千の敵を射ころし 千の仲間も亡くした

愚かな弓兵 罪から逃げた 天罰求めて あがき矢を折る

この詩そのままの話をここで聞かされます。
「罪深き愚者」とはまさにジェアンテル自身のこと。
ジェアンテルをじっと見つめる仲間たちの目には光がなくてちょっと怖かったです。

このクエストを終えると「レイン・オブ・デス」修得です。

そして、レベル45といえばアーティファクトの胴以外もゲットできますね。
引き続きうけられる「浄罪の地を求めて」でそれぞれ得る事が出来ます。
調べて終わりというものなので、基本的に戦闘はありませんが、
シルフ領の奥にある「金葉台」だけは周囲の敵がそこそこ強い&密集しているので、
気をつけながら進んだ方がいいです。

早速AFを装備をしたのですが、なんだかすごく合わせにくい装備で(笑)特にタイツ。
早く胴が欲しい~!



→ 次のクエスト 「命の賛歌」
  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/73-54aad5f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)