航路が楽しかった

「ひと記事、ひと場所」。
今回はセルビナ-マウラです。

セルビナとマウラという土地はサポートジョブに関わるクエストを
受けられる集落として、ヴァナ・ディールにおいては重要なポジションを占めています。

どちらの集落もその規模のわりには配置されているNPCも多く、
生活観がとても感じられるセルビナと、
まるで隠れ港のような雰囲気すらあるマウラと、
非常に好対照でした。

セルビナを港より臨む

まずはセルビナ。
サポジョブはもちろん、初めての固定パーティとしての拠点。
アイテム取りの間はここにホームポイントを移す人が沢山いました。
セルビナ自体はサンドリア、バストゥークの人が集まりやすかったのですが、
クエストアイテムの入手のしやすさから、ウィンダスの人もこちらまで来て
アイテムを集めている人も結構いましたね。

セルビナはクエストも多様で、繰り返し訪れる機会が多いものがよくあって、
知らず知らずヴァナ・ディールの歴史や地理を知ることが出来る
「ある冒険者の足跡」は人気クエのひとつでした。
また、バストゥークとサンドリアの名声をまとめて上げやすい
「品質管理」というクエストでミリオンコーンを届けに来る人もかなりいました。

漁港って感じがすごくします

私はここのNPCたちがなんとなく好きで、
魚を干していたり、空模様を眺めていたり、
かくれんぼしている子どもたちがいたりといった感じがお気に入りでした。
また、ここのBGMも少し陽気な港町(というか漁港)とぴったり合っていて
いいなーと思っています。

情緒を感じる夜

ここから船に乗り込んで、マウラまで。
その航路もまた船旅にぴったりのBGMはまるで風を運んでくれるようで
とてもお気に入りでした。

初めて船に乗ったときは、
甲板に上がるのが楽しみで仕方ありませんでした。
タービンっていうのかな、あそこからシューッと水蒸気が噴出して、
ポタポタと水滴が垂れていたりすごく細かいんですよね。

甲板では刻々と変わる景色を飽きもせずずっと見ていました。これは今でもそうですね。
自分の遊んでいるマップがちゃんと船旅のときに見えるというのも
私にとっては新鮮でした。
だから、実際に星の大樹が見えてきたり、
グスタベルグの灯台が見えたときにはとても興奮しました。

奥に星の大樹が見えます

これらの見所のオブジェクトは、
セルビナ発から見て左側(マウラ発だと右側)に集まっているんですよね。
これをちょっと偏っていると見たのでしょうか、
のちに実装されたアトルガン行きの船は左右にバランスよく
見ごたえのあるものを配置しているなぁと感じましたね。
ちなみに偏りがあるとは書きましたが、逆側は太陽というとても大きな存在があります。
帆のカラーとそこに差し込む光。本当に美しいです。

船では釣りをよくしていました。
特に空蝉全盛期に「ネビムナイト」が飛ぶように売れていた頃は、
フレンドと一緒に「ネビムナイト釣り大会」をやったりしたなぁ。

海賊だーー

海賊は怖かったですねそれから海賊船も外せません。
「エリアチェンジ後すぐに扉がターゲットできるときは
海賊船が来る」
このことに最初に気が付いた人はすごいですよね。

黒い煙を吐き出しながら近付く海賊船が怖かったです。
のちにこの海賊NMが落とす装備がほしくてがんばったこともありました。
低レベルの頃、海賊が出ている間船内のNPCがどうなっているか
気になって話しかけにいったところ、船長さんは相変わらず到着時刻を案内し、
お店の人ものんきに釣具を売ってて、大丈夫なの!?って思ったことがあります。

さてさて、マウラに到着です。

マウラ港

マウラはちょっと土埃を感じるそんな港です。
戻らぬ人を待つ女がいたり、それを心配そうに見つめる人がいたり、
料理人としての腕を磨くべく励む人がいたり、
ここのNPCたちも結構好きなんですが、どちらかというと街の構造そのものが好きです。

岩と土で作られた建物を木橋で繋いでいたり、
船が出るところを巨大な岩のアーチが形成しているところも好きです。
これがあるだけで、隠された場所って感じがしてしまいます。

今はすっかりアンバスケードの聖地となっていますが、
アトルガン実装時のマウラの混雑っぷりを私は忘れることが出来ません。
早く行きたくて、興奮のあまりセルビナ行きの船に間違ってのってしまう人も沢山いました。

夜だとこんな感じ。分かりますか?私の中でマウラの個人的見所(?)は、一人は入り口付近にいる宅配NPC。「たまには自分も使ってー」と訴えてくるのですが、見事に草に馴染んでしまっているのと不便なのとで、使われているのを見たことがありません。夜になると余計に分かりにくい!
こんな感じ→

もうひとつはひっそりと咲く花。

一輪の花

この場所ってマウラ全体がよく見渡せるんですよね。
なんとなく好きな場所で、あえてここにいることがあるんですが、
たまーにここで落ちたと思われる人がPOPしたりするんです。

私もびっくりするんですが、きっと相手の方もびっくりしているんだろうなぁ。
まさかここで放置する人がいるとは思わないですからね。
でも、その人もここが好きなのかなーって思うとちょっと嬉しいです。

マウラではセルビナ以上によく釣りをしました。
イエローグローブ釣りですね。
低スキル時にはスキル上げと金策等でもお世話になりました。

看板を入れ替えてます

マウラ、セルビナ。
冒険者がいよいよジュノを目指す為に最初の繋ぎの地。
航路はサンドリアやバストゥークとウィンダスの間を繋ぐ交通網。

どちらも小さな集落なのに、
とても重要なサポートジョブの追加という役割が与えられ、
ヴァナの歴史をたどったり、
改めて「基本」の大切さを教わったりするクエストが配置されていて……。

いよいよ本格的に初心者からステップアップするタイミングだからこそ、
当時としてはあえて少々不便な場所に配置した街に行かせたりして、
この先、ヴァナでやっていくために色々得ることが出来る実践的な拠点でした。


「ひと記事、ひと場所」タイトル一覧

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/733-00c172d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)