唯一残った花が意味するのは

こちらの記事でも少し触れたのですが、
お休みの間に、FF11のフレであるエルさん、タルさんの二人と
前から遊んでみようと話していた「とあるゲーム」。

「ドラゴンクエスト10」

ずいぶん前に体験版を三人でやってみたときに、
それぞれ受けた印象が良かったんですよね。
でも、タルさんが海外にいたために、
海外からは結構工夫しないと繋げないDQXは少々やりづらかったことや、
キャラクターのグラフィックが好みとは少し異なっていたことなどもあって、
そのまま「やってみようよ!」とはならなかったんです。

DQXでは冒頭に人間の姿でのイベントがあって、
その後、各種族を選ぶと、いよいよオンラインの世界に飛び込みます。

体験版のときはみんなで種族をそろえて同じ街でスタートしたのですが、
さすがに普通に遊ぶならば好きな種族でやったほうがいいだろうということで、
私がエルフ、タルさんがプクリポ、エルさんがウェディを選びました。
種族ごとにスタートする街が違うため、
三人で合流できるまでがんばって一人で進めていきます。

早くみんなと合流したい

一番最初の村から、次の街「アズラン」へ。
アズランからは大陸をつなぐ鉄道があるので、フレンドとも合流が可能になります。

互いの進捗を確認すると、プクリポさんがやや出遅れ気味、
ウェディさんと私が合流できる状態ということで、
ひとまずウェディさんと私が合流し、
プクリポさんがやってくる予定のオルフェアまで向かいます。

ですが、なかなか来ない!

プクリポさんに確認を取ると、オルフェアには向かってるということなのですが……。
少し心配した私たちはポーポラ地方までお出迎えに。
雨が降っている中で満面の笑みで踊りながらプクリポさんを待つ二人。

Kさんと合流。踊りながらSさんを待つ。

しばらくすると、

Sさんきたー

やっとプクリポさんきたーっ。

やっぱり揃うとテンションあがる!
FF11ではどんな種族を選んでも自分の好きな街で始められるところが
好きに出来てよかったんですけれど、
DQXでは種族(FF14はジョブ)によってスタート地点が決まってるのが
こういうときにちょっと不便なんですよね。
ジョブならまだあとから変えればいいやってなるんですけど、
種族は自分の使いたいものがいいですからね。

でも、 その分合流できたときの喜びはひとしおでした。

オルフェアの前で合流記念の撮影

オルフェアに到着したところで三人で記念撮影。

SSはなれるまでは少し撮りにくいかなぁ。
ゲーム内機能を使ってSSを撮る分には、
カメラは自在に動かせるからそういう点ではすごくいいんだけれど、
サーバーにSSが保存されてしまうから、できればPCで撮りたいんですよね。

でもUIを消して、PCでSSを撮るというのは多分できない?ので、
そのままキャプチャするしかないんですよね。
(私が操作をまだちゃんと理解できていないだけならごめんなさい)

ただ、これはある種ドラクエだからこそのポリシーなんだろうなと思っています。
「冒険者の広場」というSNSにも密接に関わっているからかな。

これからどんな冒険が出来るかな

これからどんな冒険が待ち受けているか楽しみです。

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/766-1fcb297b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)