雄大な景色を楽しみたい

「ひと記事、ひと場所」。
今回は南北グスタベルグです。

グスタベルグというと荒れ地で、
ロンフォールやサルタバルタに比べて殺風景……という印象を受けますが、
この荒涼な感じと素朴なBGMとが合っていて、好きな場所です。

それに、ロンフォールではあまり意識できない
「地平線」そして「水平線」をとても意識させてくれる場所で、
雄大な景色を楽しみたい人にとってはお手軽なエリアの筆頭ですね。
フィールドも岩山もちゃんとのぼれたり、地形がとても活かされた
緻密なマップ作りになっています。

石碑とモルヒェン灯台

サンド出身の私からみると、ハチ、トカゲが街の隣接エリアにいる
グスタベルグはすごくうらやましかった覚えがあります。
特にハチが狩りやすくてお気に入りでした。

あとはガルカンソーセージを焼いてくるクエストで、
待ち時間に暇つぶしがてら周囲の羊などを倒していると、
涸れ谷にいるNMのトリガーになる「羶血(せんけつ)」を
やたらとドロップしたのも印象的です。

フレンドと一緒に待ち時間の間とりとめのないことを喋っていた時間も楽しかったし、
なんといっても、同じ目的の人とおしゃべりが始まって、
すっかり仲良くなった……なんてこともありました。
この方とはフレンド登録をしていなくて、でも会ったときに会話してお別れしたあとに
毎回「フレ登録お願いするの忘れちゃった」と思うんですが、
そのうち、このままでいいやと思うようになりました。

街で知り合いの冒険者に会って、軽く挨拶をして近況を報告しあって……、
一緒に冒険はしたことなかったけれど、
それがなんとなく冒険した先で知り合った者同士っぽいな、と思えていたんです。

結局、その人とフレ登録したのは、その人が引退する日でした。
「ずっと言おうと思ってたんだけど、最後にフレ登録いい?」
これまではいつでも会えるし、会えば会話もするから、別にいいかなと
その人も思っていたとのこと。
最後にフレ登録をしようと言ってくれたのは、
その人のヴァナ・ディールに私という登場人物も存在した記録としてなんだと思います。
だから、すごく嬉しかったし、寂しかったですね。

レベル上げしたり、トカゲNM探したり

さてさて、続いてはこちら。
グスタベルグでみんな大好きカニさんがそこそこ豊富にいるこの場所では、
せっかくのカニゾーンなのにそれ以上にゴブリンが大量にいて、
毎回カニを釣るのに神経を尖らせていました。
ちょっと油断したらクゥダフにも目を付けられてしまうんですよね。

湯気のようなものがたちのぼっていて温泉ぽくて、
まだ初心者だった頃はゴブリンが温泉に入っているところが見られるかもと、
遠くから観察していたこともありました。今から実装してくれても遅くないですよw
で、ちょうど今のヴァナはあますず祭り中ですが、
この場所に金魚すくいのNPCが登場したときは、
「え!こんなとこで金魚すくい!?」と驚愕しました。

入り口付近

冒頭にも書きましたが、グスタベルグに存在する比較的大きな岩山は
だいたい登れるように出来ています。
なので、色んな岩山から広大なグスタベルグを見ることが出来るのは
とってもいいですよね。惜しむらくは頂上部分が完全に開けている場所が
意外と少ないことかな。
頂上に着いても周りが壁のようになったところだと、
私ならこの壁になってる部分取り払っちゃうのに……とかよく思っていました。

その岩山のひとつ
「ゼーガムの丘」の頂上にあるもののひとつ。

過去を垣間見る者

「ミスリルに賭けた男たち」で訪れることになる記念碑。
このあとに続く「11人目の真実」と並んでバストゥークのことを知る
とても大切なクエストです。
もらえる称号も「過去を垣間見る者」とちょっと意味深な感じがいいですね。

そして、このクエストでグンパ(Gumbah)が語り部であることがほのめかされていて、
且つ、それを隠しているということが分かる言葉があります。
いろんなクエストやミッションなどをクリアしていくうちに、
彼の発したセリフの意味がより深まり、私はすっかり引き込まれました。

そして、最後は……。

臥竜の滝は絶好のスポット

グスタベルグといったら絶対に外せない「臥竜の滝」ですね!
正直、この滝だけで一記事が余裕で書けるくらいなんですが、
それくらいインパクトのある場所です。

サンドリアから来た私は、この大瀑布を見て橋の上で足を止め、
ただただ感激していました。
橋からは下も見えるので、滝を下から見てみたくて、必死に行ける場所も探しました。
のちに涸れ谷から行けると知り、
実際に下から眺めることが出来たときはとても感激しました。
滝の裏には石碑があるというのもすごくいい演出でしたねぇ。
なので、裏から滝を見ることも出来て、SSを撮りまくってました。

そして、ゲームならではといっても良い迫力のある演出として……

上から見ても迫力満点

一切の柵などが施されていないこの状態。
上から見た滝も大迫力なんですよね。
そして、またグスタベルグの雄大さを肌身に感じるんです。
滝のそばに寄っていくと、その激しい音が聞こえてくるのもお気に入り!

そして、上から見ると、自分の旅路が見えるのもとても好きです。

橋を望みながら

あぁ、あの橋を渡ってきたんだなぁ……って。
私自身がそうであったように、初バストゥークを目指してここにさしかかるとき、
一緒にいた人は100%足を止めて見入っていましたね。
こういうダイナミックな景観は他の初期隣接エリアではなかなか見られないんですよね。

赤い夕日が映える

とても夕景の似合うグスタベルグ。
この場所では沈みゆく太陽を見送りながら、
後ろを振り返ると月も出ているというポイント。

日が沈むにつれて、岩山の陰影が濃く反映されていってとても繊細で美しい光景です。
じっくり景色を眺めてのんびりするスポットのひとつでした。


「ひと記事、ひと場所」タイトル一覧

  
コメント

グスタの魅力を分かってくださる方がいて嬉しかったので思わずコメ残そうと思ってしまいました。←バス出身なもんで。
これからも更新がんばってください。
ルキア│URL│08/24 02:50│編集

■ ルキアさん
バス出身の方にとっては故郷ですし、きっともっと良いところを沢山ご存知でしょうね。
魅力が伝わる記事になっていましたか?だとしたら嬉しいです。
コメントありがとうございました。
れあ│URL│08/25 19:21│編集
ガルカでバス出身
お久しぶりです
とてもよくご存じでさすがです
日々おびえ?ながらレベアゲしていたのを
思い出します
ちなみに復帰後の近況は
やれてなかったジラートでウガレピに
やたら出入りしつつ
シャクラミやオルデールなどで狩
レベルも今日90になりました
88くらいでセイレーンに挑みましたが…
星唄がすすみませんよ(笑)
つまりつつも冒険心は増すばかりです
ドラクエ10はしばらく無課金で
お休みをしています。
ラリーやりたいんですけどね♪
まーやんブレイバー│URL│09/02 00:05│編集

■ まーやんブレイバーさん
レベル90おめでとうございます。
ウガレピというとカギ取りや古代魔法取りをしにいったことを思い出します。
シャクラミ、オルデールも昔とは敵の配置がずいぶん変わったので、
高レベル帯でもレベル上げに使えるようになりました。
セイレーン戦は星唄で一番最初のハードルだったかと思います。
頑張って突破してくださいねー!

ドラクエもプレイされていたのですね。
まだまだ初心者なので色々と満喫しているところです。
ラリー、私も参加してみたかったのですが、参加資格がないんですよー。
でも、FF11同様、こちらものんびり楽しんでいます。
れあ│URL│09/04 07:41│編集
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/769-fb65caf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)