メアの岩

「ひと記事、ひと場所」。
今回はタロンギ大峡谷です。

ウィンダス出身の方ならば、この地はレベル上げで
沢山お世話になった人がほとんどだと思います。
サンドリア出身の私は、初めてこの地にやってきたときは
メア石を取って、南の渓谷ルートを通って
サルタバルタに入るという通路のような場所でした。

もともと川が流れていたという大地は起伏の激しさはもちろん、
一度道のようになっている場所に落ちてしまうと、
上に戻るのが大変な場所があったりなかなかクセのある地形です。

私はここにくると、とにかくチョコボで駆け抜けたことを思い出します。

チョコボと何度も駆け抜けた

チョコボ輸送というのをご存知でしょうか。
正式な名称はたしか「迷子のチョコボ」だったと思います。

今ではやる人は少なくなったと思うのですが、
以前はコンクエごとに一回ミラテテ様言行録が手に入るクエストとして
挑戦する人も多いクエストでした。

これは制限時間内に特定の場所までチョコボを連れて行くというクエストなんですが、
複数のルートが用意されており、中でも人気はミラテテがもらえて、
且つ難易度的に楽なサンド→ウィンルートかバス→ウィンルートの
人気が高かったと思います。
私はおそらく一番挑戦者の多かったサンド→ウィンルートによくトライしていました。

当時はラップタイムも含めて自分のメモに残しておくほど
いかに早く輸送できるかを追及していた頃もありました。

そのせいでしょうか……

この木を見るとドキっとする

この木を見ると未だにキュッと心臓が締め付けられるような
緊張を感じるのです。

「あー、わかるわー」という方は、
きっと私と同じルートを取ったことがある方だと思います。
そのルートとは、

根を渡って……

この木の根を渡るルート。(SSでいう手前の根を左側から右側に渡ります)
「木の根渡り」とか「枝渡り」とかいってたかな。
ここを渡るときだけはものすごい緊張感を持って渡っていました。

チョコボ輸送は基本的に主観視点で進めるのがタイムを短縮するちょっとしたコツです。
ですが、この直前では私は一度客観視点にカメラを戻し、
チョコボの進入ルートと枝の位置を確認して、
主観に戻して一気に渡るということをしていました。
何せ落ちるとミラテテ条件はクリアしても、
スピードではタイムロスになりますからね。

そんなこともあって、チョコボに乗ってて、
この木を見るとキュッとなってしまうわけなんですね。

このルートはいわゆる「まっすぐが一番早いだろ」ということで
メリファトからきたときに極力曲がらないルートのひとつとして生まれたもので、
クエ実装当初はこのルートが最速ではないかといわれていました。

タロンギカクタス

ですが、もっと安全にロスなくクリアできるタロンギカクタスルートや、
南北に走る道の東の地上ルートを駆け上るように進むルートなどが見つかり、
リスキーな木の根渡りルートはそのうちとる人は少なくなったはずです。

ミラテテをもらうだけならこのあたりのルートはどこでもクリア可能で、
タイムを求めると木の根と地上ルートが拮抗してたはず。
私は確か木の根を渡ったときが最速だったかなー。
これは慣れもあると思います。

そこかしこにある骨が色々想像させる

あとタロンギというと、この骨が印象的。
色んなところに埋まっていますが、中でも南部の峠(Ahropahgo Pass/アーロファーゴ峠)
にあるものはかなり広い平坦な場所に埋もれているため、
その骨組みがとても見やすい場所です。

標本のよう

それと、SSとしては今回貼っていませんが、
頭骨部分からサボテンが生えているパターンがいくつか存在します。
その骨を見るとなんというかすごく哀愁を感じるというか、
時の流れを感じるというか。共感してくださる方いるでしょうか。

タロンギ大峡谷は乾燥した土地です。
そこで懸命に生きようとするサボテンの生と、
朽ちてしまった生物の死とが交錯するからなんだと思います。

実はかなりの乾燥地帯

私にとっては「通り道」であることの方が多かったタロンギ大峡谷。
ですが、色々思い返してみると、
初めて他のプレイヤーさんが出した救援にかけつけた場所でもあり、
アストラルリングの二個持ちなんて夢の夢だった当時の私が
ファステングリングを取ろうと水やりに勤しんだ場所だったりするんですよね。
ファステングリング
NM「Yara Ma Yha Who」のドロップ品
HP-20 MP+10 STR+1 Lv15~ All Jobs ExRare


こういうことを思い出しはじめると、連鎖的に色んなことを思い出しますね。
たとえば、同じ時期モルダバを取りに通っていたなーとかね。


「ひと記事、ひと場所」タイトル一覧

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/799-b2a05e44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)