ヘクトアイズ、卒業!

「思い出きたーぁ」
ヘクトアイズ 「いま、"やっとこいつ追い出せる"って喜んだでしょ?」
「そ、そんなことないよっ!名残惜しいYO」(「元の場所に返す」 ポチッ)

ということで、ヘクトアイズがいなくなりましたー、やったー。
これでランク4のモンスターが完全に終了です。
スライム系は本当に長かったなぁ。

いよいよランク6のモンスターを飼うことになりました。
クラスタータイプとベヒーモスタイプのどちらかになるんですが、
何かと育成が大変そうな気がするベヒーモス系を優先することにしました。
ただ、変異が一本道なので、その点では楽なのかな。

ということで第一世代のベビーモスに来てもらうと……

名前にMaatがついたよ

っと、これじゃなくて、こちら→二代目マートはベビーモス

ちっちゃい二代目Maatがやってきました。
初代Maatは納得のいくネーミングだったのですが、ベヒーモスがMaatというのに少々疑問がわくところです。

ものすごく無理やりな理屈をこねると、
キングベヒーモスから出る「守りの指輪」を取るために何度も挑戦する冒険者に対して、
Maatのように「いやならやめてもいいんじゃぞ」と実は言っているとか……。
あ、なんだかベヒーモスに対するヘイトが上がった気がする。

まぁ、うちのベビーモスがキングベヒーモスになるには
まだかなりの時間を要することになるとは思いますが、
既に「何か」の片鱗を見せてくれています。

とっても気難しいです

ベビーモス……というか、ベヒーモス系はとにかく触られるのがイヤ。
なでても嫌がるし、つつくなんてもってのほか。
それならばと大声で呼んでみてもやっぱり嫌がるという気難しい子なんです。
唯一の喜びは「エサ」。しかも「肉」。
らしいといえば「らしい」んですけどね。
ちなみに私はコカ肉をあげるようにしていますよ。
ご機嫌とるのも大変だなぁ。

  
コメント
コメントする











 管理者にだけ表示を許可する?

SPAM防止の為、画像認証を使用しております。お手数おかけします。

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucent14.blog.fc2.com/tb.php/808-9bbfc4ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)